Amazonで転売を始めるなら
購入用アカウントと出品用アカウント
2つの使い分けをおすすめします。
(*出品者用のアカウントでもAmazonサイトで
購入できますがAmazon刈り取りなどする場合は
好ましくないため分けておいた方が良いです。)

 

ここではアカウント登録から出品登録、
商品が売れた際の発送納品までの
一連の流れを説明します。

 

1.Amazon転売には出品用アカウントが必要

Amazonのトップページで
作成したアカウントは購入専用アカウントで

 

商品販売を行なうには出品用アカウントが
必要不可欠です。

 

◯事前に準備しておきたいもの

事前に準備しておくことで
登録がスムーズに済みます。

・氏名
・住所
・電話番号
・Eメールアドレス
・クレジットカード
・携帯電話
・銀行口座情報が分かるもの(銀行通帳等)

 

アカウント登録には
クレジットの認証が必要です。

その際に、
クレジットカードと携帯電話が
必要となります。

 

また、Amazonからの売上金を受け取る際に
銀行口座の情報が必要です。

 

2.Amazon転売に必要なアカウント登録の流れ

 

Amazon購入用アカウントを作成する

https://www.amazon.co.jp/ref=nav_logo

 

①Amazonのトップページの
「Amazonアカウント作成」をクリック。

 

 

 

②「アカウントを作成」画面に
「名前、フリガナ、Eメールアドレス、
パスワード」を入力。

 

③「Amazonアカウント作成」をクリック。
これでAmazon購入用のアカウントが
作成できます。

 

続いて、Amazon出品用のアカウントを作成します
出品アカウント(セラーセントラル)の作成ヘ
https://services.amazon.co.jp/services/sell-on-amazon/services-overview.html

先程と同様に作成してください。

 

3.Amazon転売での出品登録の流れ

出品登録には
小口出品登録と大口出品登録
があります。

 

月間で49個以上販売する場合は
はじめから大口出品登録の方が良いです。

両方ともあとで変更することは可能です。

小口出品への変更手続きを行った場合も、
商品の出品は継続されます。

また、大口出品の契約期間は
一か月単位ですので、

小口出品への変更手続きを行った場合も
大口出品の登録期間が終了するまでは

大口出品の機能をご利用いただけます。

大口出品の登録期間が終了すると、
小口出品として100円の基本成約料 が
請求されるようになります。

 

<小口出品と大口出品の違い>

月額出品料が違う
大口登録
月額出品料 4,900円(税抜き)

 

小口登録
月額無料 1品出品料100円(税抜き)

 

小口登録の場合、月間で49個以上売れたら
大口登録の月額出品料の方が
安くなるため

仕入れが増えてきたらすぐに大口に変更されることを
おすすめします。

 

資金がある方は最初から大口にした方が良いです。
大口の方が売りやすいです。

 

大口出品だけにできることがあります。

-Amazonに商品登録されていない
オリジナル商品の出品ができる

-大量に出品する際に
効率のいい一括出品ツールが利用できる

-注文管理のレポートを
ダウンロードできる

-販売できるカテゴリーが豊富

-カートボックスを獲得できる
ので売れやすい

 

以上のようにメリットが大きいので
基本せどりで大きく稼いでいきたいのなら
大口にしておくことをおすすめします。

 

登録後に変更したい場合は
Amazon出品形態(小口出品・大口出品)の変更方法

大口出品の機能が不要で、
出品形態を小口出品に変更したい場合は、
https://sellercentral-japan.amazon.com/gp/help/64491

出品形態を切り替えるの下の
・小口出品に切り替える
・大口出品に切り替える
をクリックしてください。

 

4.Amazon転売での発送納品の流れ

発送納品には自分で梱包・発送する方法
と自動で発送する方法があります。

 

商品が売れてくると梱包や発送にも
時間がかかります。

 

自動で発送する方法を選ぶべきです。

 

Amazonが提供しているFBAとは?

FBAを利用することは
Amazonに商品を委託することになります。

 

つまり、
販売、受注、出荷の一連の作業を
Amazonが行ってくれるサービスです。

 

FBA利用者はAmazon倉庫に商品を送るだけ
FBA利用者は、Amazonで販売する商品を
Amazonの倉庫に送るだけで、

商品の販売・保管・注文処理・出荷・
配送・返品対応・カスタマー対応

といった全てのサービスを
Amazonが代行してくれます。

 

FBA手数料が発生しますが、
梱包や発送の手間を省くためにも
利用しないと損なサービスです。

 

〆まとめ

・Amazonの出品用アカウントを作成する
・大口出品登録で出品登録を行なう
・FBAを利用して自動発送納品を行なう