Amazonのランキングって仕入れに活用していますか?

ランキングを仕入れの判断にするには
『あること』が頭に入っていないと、

役に立ちません。

単純に数字が若いから売れている!と
判断しては、

仕入れの失敗をすることになります。

 

本記事では、正しいランキングの見方と
その活用方法について解説をします。

 

Amazonランキングって?

Amazonではすべての商品にランキングが割り振られ
順位化されています。

順位は、Amazonページの下の方にある
詳細情報に記載されています。

 

順位が2つ掲載されていますが、

これは、カテゴリー(大分類)と小分類で計測しているためです。

 

9753位が家電&カメラのカテゴリー(大分類)で
300位はその中の健康家電(小分類)の順位になります。

 

この2つのランキングは、

Amazonの仕入れに役立つかと言うと、、

役立ちません。

 

このランキングを頼りに仕入れの判別をしていると、
売れない商品を仕入れしまうことになります。

 

その理由については、

Amazonランキングの順位データの取り方に
理由があります。

 

Amazonランキングの順位はどうやって計測されているか?

Amazonのランキング(順位)の計測方法ですが、

1時間毎に計測され、
売れたら順位が上がる方式になっています。

つまり、全商品1時間毎に売れた個数で
順位化されます。

 

なので、普段あまり売れていない商品でも、
そのタイミングで売れた場合、

順位が一気に上がることになります。

 

ここにせどりの仕入れでAmazonページにある
ランキングを頼りにすると、危険である理由があります。

ランキングである順位が平均で出された
物でないので、

まったく当てになりません。

 

平均化された順位は見ることができないのか?

 

あるサイトでなら、見ることができます。

その平均化された順位であれば、
参考にはできます。

 

Amazonの平均化されたランキングを見る方法

 

Amazonの平均化されたランキングを見れるサイトは

モノレートです。

 

いつも利用しているサイトですよね?

モノレートのランキングのグラフの中央で確認することができます。

 

 

期間を3ヶ月から12ヶ月に広げてみます。

そしてランキングの平均を見てみましょう。

 

25062位。悪くなりましたよね?

モノレートのグラフを見てください。

過去の波形が悪いため、平均が悪くなっています。

 

直近の平均ランキングや年間の平均ランキングを
モノレートの期間を触ることで

知ることができます。

ちなみに、スマホでモノレートを開いた時については、
モノレートの対象期間を1ヶ月にすることができるので、

より直近の平均ランキングを知ることができます。

 

検索リサーチツールは、Amazonページにある
ランキングを拾うので、

モノレートでの平均ランキングを見ないと
ランキングだけの仕入れ判断は難しいということです。

 

平均ランキングから売れる個数は予測できるのか?

おおまかな目安としては予測ができます。

それを知るには、カテゴリーの総数を知る必要があります。

 

以前のAmazonページでは、

カテゴリー毎に取扱の商品点数が知れたので、
そこから逆算できたのですが、

 

カテゴリーを選んでから、空検索をすると、
取扱点数を知ることができました。

 

今は、Amazonの仕様が変わって表示がされないようになりました。

 

そしたら、Amazonの取扱総数は知ることができないのか?

実は、他の方法で正確な数ではありませんが、知る方法があります。

 

それが、、

 

モノレートです。

 

 

モノレートでカテゴリーを選んで、
空検索をすれば、

そのカテゴリーの総数を知れます。

 

このモノレートから取得できるカテゴリー総数から
カテゴリー毎に、売上ランキングを
相対的に数字を割り出すことができます。

・本  4,298,847
・家電&カメラ  980,934
・DVD 498,287
・ミュージック  1,581,318
・クラシック  687 
・楽器 157,337
・TVゲーム 101,912
・パソコン・周辺機器 529,269
・PCソフト 59769
・文房具・オフィス用品 537,783
・ホームアンドキッチン 1,285,665
・ペット用品 213,163
・食料飲料 500092
・ヘルス&ビューティー 500,580
・コスメ 555067
・ベビー・マタニティ 224,661 
・おもちゃ  1,302,065
・ホビー 1,484,085
・スポーツアウトドア 1,071,250
・DIY・工具 550,956
・カーバイク用品  139

 

Amazonのランキングは、
商品の売れた個数の多い、少ないでランキング化するので

母数を知ることで大まかな予測をすることができます。

 

総数に対して、

0.01% Aランク 初月 (1日に数個~数十個)
0.05% Bランク 2ヶ月以内 (1週間に数十個)
0.1%   Cランク 3ヶ月以内 (1ヶ月に数個)

 

・本  4,298,847
ABCランク
42,988 214,942 429,885 

・家電&カメラ 980,934
ABCランク
9,809 49,047 98,093 

・DVD 498,287
ABCランク
4,983 24,914 49,829

・ミュージック  1,581,318
ABCランク
15,813 79,066 158,132

・クラシック  687 
ABCランク
7 34 69

・楽器 157,337
ABCランク
1,573 7,867 15,734

・TVゲーム 101,912
ABCランク
1,019 5,096 10,191

・パソコン・周辺機器 529,269
ABCランク
5,293 26,463 52,927

・PCソフト 59769
ABCランク
598 2,988 5,977

・文房具・オフィス用品 537,783
ABCランク
5,378 26,889 53,778

・ホームアンドキッチン 1,285,665
ABCランク
12,857 64,283 128,567

・ペット用品 213,163
ABCランク
2,132 10,658 21,316

・食料飲料 500092
ABCランク
5,001 25,005 50,009

・ヘルス&ビューティー 500,580
ABCランク
5,006 25,029 50,058

・コスメ 555067
ABCランク
5,551 27,753 55,507

・ベビー・マタニティ 224,661 
ABCランク
2,247 11,233 22,466

・おもちゃ  1,302,065
ABCランク
13,021 65,103 130,207

・ホビー 1,484,085
ABCランク
14,841 74,204 148,409

・スポーツアウトドア 1,071,250
ABCランク
10,713 53,563 107,125

・DIY・工具 550,956
ABCランク
5,510 27,548 55,096

・カーバイク用品  139
ABCランク
1 7 14

出品者の数や保有の在庫数によって
あるいは価格によって

売れる個数は変わってきます。

 

なので、ランキングはあくまでも、
仕入れ対象になるだろう商品なのか、そうでないのかを

すぐに識別するための判断で用いるのが好ましいです。

実際に細かい判断はモノレートを見て判断するようにしてください。

 

 

〆まとめ

Amazonのランキングは1時間毎のランキングなので
仕入れの目安にはできない。

売れていない商品でもそのタイミングで売れたら、
ランキングは上がり、本来の順位以上に、

良いランキングになってしまう。

 

なので、仕入れの対象になるだろう商品か、
そうでないかを
瞬時に判断できるのは、

モノレートから知れる平均ランキングになる。

 

ただし、ランキングは絶対ではない。

自店が出品しても売れるかどうかは

出品者の数や在庫保有数によって、
売れる順番は違ってくるから

わからない。

また価格によっても、売れ行きは変動するので
最終の仕入れの判断は

モノレートのグラフや数字の推移を読んだうえで
仕入れることをしないといけない。