iHerbはリピートせどりができる超優良サイトで、
稼げる商品がたくさんあります。

ただし、仕入れには注意が必要で、

仕入れてはいけない商品があるし、
仕入れ量にも気を配らないと、

利益を失ってしまうことがあります。

損失のリスクを回避するために、
稼ぎ方とともに気をつけるべき注意点を解説します。

 

iHerb(アイハーブ)とは?

アメリカの通販サイトで、

自然食品、プロテイン、コスメ、サプリ、お菓子、調味料などを

格安で販売しています。

日本の代理店や通販ショップで買うよりも安く購入できる商品が多いため、

日本でも利用している人がたくさんいます。

海外からの配送であるにもかかわらず、

購入金額が40ドル(約 4,400円)以上で送料が無料になります。

(「自動セレクト海外配送」を選択して配送会社を指定しなかった場合)

 

iHerb(アイハーブ)せどりで稼ぐコツ

サプリは仕入れない

iHerbで販売される海外のサプリは、

薬事法に抵触する恐れがあるので、

仕入れをすることはオススメしません。

今アマゾンでたくさん売れている商品であったとしても、

薬事法違反などによりアマゾンがある日突然

商品カタログごと削除することがあります。

そうなると、アマゾンでその商品を販売することができなくなり、

大量に仕入れていた場合、大きな損失をもたらす可能性があります。

また、アマゾン規約違反の出品を繰り返すとアカウントの信頼性を失います

 

割引率の高いセールを狙う

iHerbでは常に何かのセールが行われていますが、

各セールによって割引率が異なります。

狙い目は全商品が10〜15%オフになるセールです。

また、9月に開催されるiHerbの「設立記念セール」での割引率は一番高く、

全商品20%以上の割引で購入できます。

割引の適用を受けるときにプロモーションコードの入力が必要な場合もあるので、

iHerbからセール情報を受け取とれるようにメール設定をしておきましょう。

 

複数購入割引を狙う

同じ商品をまとめ買いすることで割引が適用されます。

商品によっては複数購入しても割引が適用されません。

 

ポイントサイトを経由して買う

楽天グループが運営しているポイントサイトである

楽天Rebates(リーベイツ)を経由して仕入れましょう。

 

購入価格の10%が楽天スーパーポイントとして還元されます。

(※還元率は変更される場合があります)

 

プロテインは人気

海外のプロテインは栄養成分が豊富に含まれているのに安価で種類も多く、
日本人にとても人気があります。

 

iHerb(アイハーブ)で稼げる商品をリサーチするコツ

iHerbはリピート仕入れができるサイトなので、

iHerbを利用してせどりをしているせどらーさんは、

継続的に商品を仕入れて販売しています。

なので、せどらーさんに手助けをしてもらいましょう。

iHerb内で稼げる商品を一つ見つけたら、つぎに、

Amazonでその商品を取り扱っているセラー(出品者)一覧を確認します。

そして、Amazonページでそのセラーが取り扱っている商品を見ます。

英語表記のパッケージであればiHerbで仕入れている可能性があるので、

仕入れがしやすい商品(メーカーやジャンル)の傾向をつかみながら

リサーチしてみましょう。

以上のような流れを繰り返すと、iHerbで仕入れができる商品がどんどん見つかります。

 

iHerb(アイハーブ)せどりの注意点

関税

iHerbは海外の通販サイトなので個人輸入をすることになります。

通常、商品の輸入には関税と消費税がかかりますが、

課税価格の合計金額が1万円以下の場合は免税となります。

さらに、個人輸入の場合は「商品価格×60%」が課税対象となるため、

商品と送料の合計金額が16,666円以下であれば税金はかかりません。

本来であれば為替価格の変動リスクを考えながら購入する必要がありますが、

iHerbでは商品と送料の合計金額が135ドル以上であれば決済できないように

システムを使って制限しているため、自分で計算する必要はありません。

 

購入回数と輸入禁止・輸入制限製品

iHerbでは商用や再販目的の購入は禁止されています。

関税を避けようとして1日に複数回の注文をしないように気をつけてください。

iHerbは公式に次のようにアナウンスしています。

「注文は1日あたり1回としてください。複数のご注文は保留となります」

次の購入までの間隔は、1週間以上空けることをおすすめします。

それでも、頻繁に同じような商品を輸入していると、

どういう目的で購入しているのか税関から確認の連絡が入ることがあります。

どれだけ購入すれば税関から連絡があるのか、明確な基準はありません。

ただ、例えば化粧品であれば「標準サイズで1品目24個以内」というように、

明確な基準がある商品もあります。

これらの情報は税関などのホームページで参照できるので、

初めて輸入する商品であれば、よく調べてから仕入れましょう。

iHerbのカスタマーサービス内の「配送について」を見ると、

具体的な輸入禁止・輸入制限製品を確認できます。

 

輸入が禁止されている商品及び成分

以下の物質は日本への輸入が禁止されています。

・ケルプ
・フーディア
・アロエベラ以外のアロエ
・バニラ
・米
・穀物
・ナッツ
・種子
・生豆
・ヘンプ(麻)を含む製品
・ペット製品
・肉製品(ジャーキー、エキスを含む)
・乳製品
・DHEA

次のものを含む食品または飲料

・アテノロール
・アトモキセチン
・アドラフィニル、
・アニラセタム
・エチラセタム
・オキシラセタム
・ジヒドロエルゴトキシンメシル酸塩
・ソマトロピン(遺伝子組換え)
・タンニン酸バソプレシン
・チアネプチン
・デスモプレシン酢酸塩水和物
・ナドロール
・ニセルゴリン
・ニモジピン
・ネフィラセタム
・ビンポセチン
・ピラセタム
・フロセミド
・ブロモクリプチンメシル酸塩、
・プラミラセタム
・プレグネノロン
・プロカイン塩酸塩(外用剤を除く。)
・プロプラノロール塩酸塩
・レベチラセタム

輸入が制限されている商品及び成分

・ケルプで特別に許可が下りたもの: Sea Tangle Noodle Company, Kelp Noodles, 12 oz. (340 g) (1ヶ月に14個まで購入可能)

・食品(サプリメント、プロテインドリンクなども含む) は、
 合計で10 kg (22 ポンド) までが、個人輸入で購入が許可されている重量。

1か月分の購入のみ認められている商品: エストロゲン( サプリメント)、7-Keto/7-Keto DHEA

2か月分の購入のみが認められている商品: メラトニン、ヨヒンべ、5-HTP、カフェイン、タウリン 、ヨウ素カリウム (Potassium Iodine/Iodide) 。

化粧品のカテゴリに属するもの(シャンプー・コンディショナー・石鹸・歯磨き粉など含む) は、類目ごとに24個まで。例えば、石鹸は、リキッド、固形、洗顔用などを含めて24個まです。

砂糖甘味料の重量が 1kg (2 ポンド)を超えた場合には、関税やその他の税が課せられる上に、さらに日本税関により追加書類の提出が求められます。

・Raw Honey(生蜂蜜)は、注文金額が免税の範囲を超えた場合 (15,500円 以上)、50%の関税がかかります。

 

〆まとめ

iHerbはリピート仕入れができるサイトです。

iHerbでせどりをするうえで注意点はいくつかありますが、

それを守ってせどりをすれば、リスクは少ないので、

ぜひ仕入れてみましょう。