ドンキ(ドン・キホーテ)やスーパーや
リサイクルショップなどで商品を仕入れると、

よくこのようなシールを商品に貼られていないでしょうか?

 

 

このシール、防犯タグのシールなだけあって、
普通のプライスシールと違い、

剥がしにくいように、加工されているため、

剥がすのが非常に大変です。

 

そんな粘着が強く剥がしにくいシールを
どうやってキレイに剥がすことができるのか

その方法をお伝えします。

剥がさなくてよい防犯シール

防犯タグシールですが、

そもそも、すべての防犯タグシールを剥がす
必要はありません。

 

剥がす必要があるのは、

・防犯タグシールに仕入先の店舗の名前が印字されているもの

・外箱に商品価値があるフィギュア

だけです。

 

防犯タグシールの上にサンキューシールが
さらに貼り付けられているのに関しても、

特別剥がさなくてもクレームなどにはなりません。

 

ただ、サンキューシールに
店舗名が入っていないことだけ注意してください。

 

もしサンキューシールが気になる方は、
他の方法で処理することができるので

最後まで本記事をお読みください。

 

では、次項から剥がさないといけない防犯シールの
剥がし方を解説していきます。

 

ドライヤーでシールに熱風を当てる

粘着がそんなに強くない商品に関しては、

ドライヤーにシールを当てるだけで
剥がすことができます。

 

粘着が強い商品に関しては、

まずは次に紹介するジッポーオイルから剥がしていく
方法を取ります。

 

ジッポーオイルで浸す

オイルなんか、シールに付けたら商品の匂いや
色がつくのでは?と恐れる方もいるかもしれないですが、

 

アルコールなので、匂いは時間が経てば
なくなりますし、濡れも乾いて跡は特別に残りません。

 

ジッポーオイルでのシールの剥がし方も簡単で、

シール全面にオイルを垂らしてください。

垂らしにくい場合は、綿棒を通して、
流していくと良いです。

 

オイルをシールに浸したら、後は、2,3分、
時間を置きます。

 

時間が経った後に、シール剥がし用の
ヘラを使い、シールを剥がしていきます。

 

オイルと専用剥がしを使えば、
ほぼキレイに取ることができますが、

 

それでも剥がしにくいシールは
ここでドライヤーも合わせて使用し

熱を加え、さらに剥がしやすくして
ヘラを使いシールをめくりあげていってください。

 

オイルは、100円均一に売られているもので良いです。

純正のジッポーオイルと比べて特に変わりはありません。

 

シール剥がしの液を使う

ジッポーオイル以外にシール専用の剥がし液もあります。

僕がオススメなのは、刷毛付きのシール剥がし液です。

フィギュアなどの商品で
シール以外は絶対に外箱を傷つけたくない商品に
使用しています。

貴重な商品に貼られたシールに剥がす時に
利用してください。

→刷毛付きシール剥がし液

 

シール剥がしの道具であるヘラを使う

ドライヤーやジッポーオイルに合わせて、
ヘラを利用すれば

さらにシールを剥がしやすくなります。

→刃があるヘラ

頑固なシールは断面に刃をスライドさせて
もぎ取ります。

→刃がないヘラ

商品を絶対に傷つけなくない商品に使います。

 

剥がすことが面倒で嫌な方は、、名称防犯タグに名称なしの防犯タグを貼り付ける

防犯シールに仕入先店舗の名称が入っているものは、

本来、剥がさないといけませんが、

剥がすのが面倒な方は、

名称が入っていない防犯シールを上から貼り付けることで
剥がす手間を省くことができます。

 

 

防犯シールはAmazonが安いです。

→防犯シールの上に貼る防犯シール

 

商品を購入した時に貼られたシールはすぐに剥がせ

大きい商品を購入した際、袋に入らないため
購入証用に赤いシールや橙色のシールを
貼られることがあるかと思います。

 

プレゼント用なのでシールを貼らないでもらえますか?という
のも良いですが、

状況によっては、言うべきでないことがあります。

 

そういう場合は、シールを貼られることになりますが、

貼られたシールは、
納品の時に剥がすのではなく、

仕入れた後、店舗を出てからすぐに剥がすようにしましょう。

そうすれば、わりとすぐに剥がせます。

 

これを家に帰ってからやると、
時間が経過していると、剥がれにくくなります。

ドライヤーを当てれば取れますが
その労力に時間が無駄なので、

すぐに剥がすようにしましょう。

 

〆まとめ

頑固なシールを剥がす方法&シールを上から
貼ってしまう裏ワザをお伝えしました。

出品梱包発送は時間の無駄なので、

便利な道具は揃えてスピーディーに納品できるようにしましょう。