家電の音響機器は稼げます。

理由は、音にこだわりを持った方が多いからです。

音を聞くだけなのに、スピーカーの種類、イヤホンの種類、
たくさんありますよね?

それが答えです。

こだわりとせどりは相性がとても良いです。
こだわりは執着、これが欲しい!!これがいい!!ってことなので、

指名買いが起きるので、プレミアでも売れます。

ということで今回は、スピーカーせどりについて解説します。

 

せどりで稼げるスピーカー

Harman Kardon(ハーマン・カードン)、
ONKYO、KENWOOD、PIONEER、SONYが稼げます。

リサイクルショップでオススメなのは、

Harman Kardon(ハーマン・カードン)、ONKYOです。

稼げる商品が多いのでリサーチを優先してください。

 

スピーカーの仕入先

中古であれば、リサイクルショップで、
ハードオフ、一部ブックオフ、セカンドストリート、
良品買館、トレジャーファクトリーです。

新品、新古品は、アウトレットがオススメで、

ヤマダのアウトレットやコジマのアウトレット、
ジョーシンのアウトレットがオススメです。

一般の家電量販店でもスピーカーは仕入れできますが、
事前にリサーチが必要です。

 

稼げるスピーカーの特徴

音質が良いと評判のものが売れます。

 

オーム(Ω)の大きさ

電気抵抗の大きさを示す数値で、大きいほど
アンプの出力が大きくなります。

4~8オーム(Ω)が一般的です。

 

能率の大きさ

スピーカーにアンプから入力される電力を、音に変換する効率が出力音圧レベル

 

85dB~90dBが一般的です。

 

ハイレゾ対応

「ハイレゾ」とは「ハイレゾリューションオーディオ」の略称で、

96kHz以上、量子化ビット数が24bit以上のWAV/FLAC音源が再生可能であるかどうかで
対応の可否を決められています。

 

中古スピーカーのメンテナンス

ツィーターが凹んでいないか確認しましょう。

 

凹んでいると音質に影響があります。

ツィーターの凹みの直し方は、凹み部分をガムテープの
粘着を利用して、貼り付けて剥がしてくの繰り返して、

元に戻します。

その他の直し方としては、掃除機でツィーター部分を
吸い込み、吸引力を利用して張ります。

 

〆まとめ

スピーカーは、古いものであっても評価が良いものは、
売れます。

なので、中古でも需要があります。

今回、紹介したΩや能率やハイレゾ対応かで音質の良いものか
見分ける方法がありますが、

Amazon上の評価も参考になるので、
リサーチ時に確認してください。