Amazonが在庫切れしていても日数が経過したら、
いきなり在庫復活していることがありますよね?

Amazonの在庫切れ後のプレミア価格を

販売価格として設定している場合には、
赤字になってしまいます。

 

なので、Amazonの在庫復活はいつするのか?

読むことがせどり(転売)では、超重要になります。

 

本記事では、Amazonの在庫復活のパターンや特徴を
公開することで、

あなたの仕入れの精度を上げることをしますね。

 

Amazon在庫切れとは?

Amazon直販が在庫を切らしている商品のことを言います。

せどりは基本的に、Amazon.co.jpの直販が、
在庫切れをしている商品をリサーチして、

仕入れて転売するので、

Amazon在庫切れ商品を狙うことが肝になります。

 

Amazon在庫切れの商品は、

定価より価格が上がることが多く、転売して
利益を生み出すことができる商品です。

ただし、Amazonの在庫切れは、

一時期的なものもあり、在庫復活することもあります。

その場合、利益を取れなくなるので、
在庫復活をする商品であるか予想しないといけません。

それには、Amazonの在庫切れの種類があるので、

まずは、そのAmazon在庫切れのパターンを
知ってもらいます。

 

 

Amazon.co.jpの在庫切れの種類

Amazon直販が販売している在庫には、

在庫の状況をAmazonサイトの表示によって知ることができます。

 

それを知れば、Amazonの在庫は今どのような
状況にあるのか知ることができるので、

在庫復活の予想にも利用することができます。

 

在庫あり

配送センターに在庫が豊富にある場合は、

在庫ありとAmazonサイトに表示されます。

 

この場合は、在庫切れはないものとしてみます。

 

通常2-3日以内に発送

 配送センターに在庫がなく、仕入先から商品を取り寄せる場合に、
この表示がされます。

この通常2-3日以内に発送の商品は、

FBAで販売していると間に合いません。

 

もし、販売したいのなら、
マケプレプライムなどの自己発送を使って、

すぐ販売することです。

ランキングがむちゃくちゃ良いもので、

出したらすぐに売れる商品でないと仕入れるべきではありません。

 

トレンド商品や普段から高速で回転している商品に
限ります。

 

通常○-○週間以内に発送

配送センターに在庫がなく、仕入先から商品を取り寄せる場合に
この表示されます。

1週間の場合は、FBAだと危険です。

納品されてから、1日で売り切れる在庫量であるのと、
在庫切れこの表示がされたタイミングですぐであれば、

問題なく売り切れることもあります。

Amazon直販が在庫切れしたタイミングを正確に知るには、

モノレートでAmazon本体をチェックを入れて、
深緑の線が途切れているところを見て

把握してください。

 

Amazon在庫切れを見つけるのに、

すでに出遅れていた場合は、

通常1週間以内に発送の商品を仕入れることは、
避けておきましょう。

マケプレプライムなどを使っての自己発送なら良いですが。

 

2週間以上の猶予がある場合は、

FBAでの販売ができます。

ただし、Amazonの入金予定は、
予定より早く納品されることが多いので、

そのことを頭に入れたうえで仕入れてください。

 

1週間、2週間の入荷予定は、
2,3日早く納品されることはざらにあります。

目安としては、上記のように早まると考えておいてください。

 

通常○-○か月以内に発送

配送センターに在庫がなく、仕入先から商品を取り寄せる場合に
表示がされます。

1ヶ月予定のものは、2週間ほど早くなることもあるので、
それを踏まえて仕入れを行ってください。

 

一時的に在庫切れ

配送センターに在庫がないため、
仕入先から商品を取り寄せる場合に表示されます。

入荷時期は未定です。

なので、仕入れる場合には、注意が必要です。

 

在庫切れ

AmazonページにAmazonがいなくなり、
在庫切れしている状態です。

ただし、在庫復活しないわけではないので、
他のAmazonの入荷予定の商品と同様に、

いつAmazonの在庫が復活するのか、
予測をする必要があります。

 

Amazon在庫復活を予想する方法はあるのか?

一時的に在庫切れの商品や在庫切れの商品については、

目安がないので、自分で予想するしかありません。

 

その予想をするのに方法が4つあるので紹介します。

 

keepa

Googleの拡張ツールのkeepaというツールで、
Amazonの在庫の推移と金額の推移を細かく見ることができます。

モノレートでAmazon直販を見るより、

正確に知ることができます。

 

下記の画像では、オレンジの色がAmazon直販の在庫を
表していて、3ヶ月のデーターだと、

2回在庫切れしています。

最初に在庫切れしてからは、
7日後には、在庫復活していることがわかります。

 

 

在庫復活の時間を知るには、

グラフの期間を伸ばして過去の事例を見ます。

在庫切れは定期にあるのか、
復活の日にちは変わりはないのかを

見ていきます。

 

そして、今回の在庫切れの要因もチェックします。

回転数がいきなり増えた場合は、

メディアなどのトレンド需要が予想されます。

その場合は、突発的に売れて在庫切れたため、
いつもより在庫復活が長いなと予想できます。

このように仮設を立てて仕入れを行っていきます。

仕入れのミスを防ぐには、

断続的に在庫切れをして、在庫復活している商品は、
前の在庫復活予定より早くなることを想定して、

早く売ることをすれば、リスクは減らすことができます。

それ以外のリスクの減らし方は、以下よりまた解説します。

 

市場在庫

ネットショップの在庫があるのかリサーチしてください。

大手ショップの在庫が切れていて、
Amazonが直近で在庫切れしているのであれば、

在庫復活まで日にちがまだあると考えられます。

大手ショップに在庫がないのは、廃盤だからか、
一時期にトレンドで売れたのかで、

在庫がない理由を探ることができます。

 

店員さん

Amazon在庫が切れたのは、

メーカーさんの在庫が切れかかったために起きたのかを
知りたいので、

同じ小売店に卸されている店でその確認を取ります。

 

在庫の入荷予定日はあるのか?
もうわかっているのかを聞きます。

ただし、人気商品の場合は、
転売対策や入金数がわからないので、

入荷予定がわかっていても、答えない店員さんも多いです。

入荷予定は今のところないですと言います。

 

そう答えられた商品については、

鵜呑みにせずにまた違う確認をする必要があります。

 

入荷予定を逆に教えてくれた商品については、

その期間が早ければ、Amazonの在庫も早いと
思ってください。

基本的に実店舗の小売店より、Amazonの方が
在庫復活する日は早いです。

 

メーカーサイト

メーカーサイトによっては、

在庫の入荷予定時期を公開しているところがあります。

 

ただし、その予定時期より早くAmazonの在庫は
反映されることが多いので、

予定時期より早くAmazonは納品されることを
思っておいてください。

入荷予定時期がある商品は、

早めに売る必要があります。

 

記載がない場合は、いつ入荷予定されるかは
わかりません。

メーカーに問い合わせを入れて確認しましょう。

 

商品の発売年数

発売年数もAmazon在庫切れが一時的なものか、
完全な在庫切れなのかを予想するのに使えるので、

確認するようにしましょう。

 

モノレートやAmazonページで発売日は、
確認することができます。

 

発売日が古い商品、カテゴリーやアイテムによっても
変わりますが、

2年ぐらいで廃盤になるAmazon在庫切れしていくので、

年数も確認しましょう。

 

またメーカーサイトにその商品の紹介ページがなければ、

廃盤でありAmazonの在庫切れの可能性は高いです。

その場合は、在庫復活がないものとして、
強気の仕入れができます。

 

Amazon在庫復活の予想が100%当てることは、

誰もできませんが、その精度が高くできるので、
仕入れでミスをしたくない方は、

今回紹介した方法でAmazon在庫切れの予想をしてから、
仕入れをしてくださいね。

 

〆まとめ

Amazon在庫切れはパターンがあります。

そのパターンを頭に入れたうえで、
できる限りの予想を今回紹介した方法を用いてしましょう。

そうすれば、Amazon在庫復活による失敗や赤字は、

限りなく少なくすることができますから。