Amazon刈り取りというせどり方法を
聞いたことはありますか?

 

通常せどりはショップAで仕入れて
ショップBで売る方法です。

違う店舗の相場の違いや
価格差で差益を稼ぐビジネスです。

 

ですが実はAmazonで仕入れて
Amazonで売る、という手法があります。

これが「Amazon刈り取り」です。

 

相場の変動が大きいAmazon
だからこそ実現できるせどりです。

 

一つの場所で仕入れと販売が完結すれば
こんな楽なことはないですよね。

楽なだけではなく利益も
しっかりと出すことができます。

本記事ではそんな
Amazon刈り取りの手法を解説します。

 

Amazon刈り取りとは

冒頭でも書きましたが、一言でいうと
「Amazonで仕入れてAmazonで売る」
手法です。

Amazonは在庫が増えたり減ったり、
需要が増えたり減ったりといった要因で
相場が大きく変動します。

 

時期によっては同じ商品が
8000円で売られていたり15000円で
売られていたりといったことが起きます。

ということは、8000円の時に
買っておいて15000円の時に販売すれば
7000円利益が出ますよね。

 

なぜこんなことが起きるのかというと、
需要のある商品に対して在庫が豊富に
あれば値段は8000円になります。

しかしアマゾン内の在庫の残りが
少なくなればなるほど
15000円に近づきます。

15000円でも需要のある
商品は売れるからです。

 

つまり需要と供給、在庫のバランスが
崩れた時に価格変動が起こるのです。

 

もし、8000円でこの在庫数が
残り10個だったらどうしますか?

先ほども書きましたが、
在庫が減ってくれば価格は
15000円になります。

 

まず、その在庫10個を全て
いったん自分が買い取ります。

するとAmazonの販売在庫はゼロになり、
ライバルはいなくなります。

 

あなたが自由に相場を
決めることができます。

つまり15000円で販売できるのです。

 

8000円で10個買って
15000円で10個売ればこれだけで
70000円の利益ですよね。

 

このように、在庫と需要、相場を
見極めてタイミングを図る。

見極めたらアマゾン内の在庫を刈り取り
アマゾン内で独占販売に近い状態で売る。

これを刈り取りと言います。

 

1.良く売れている商品のアマゾン在庫を刈り取る。
2.価格が上昇する
3.売る
4.アマゾン在庫が復活する
5.価格が下がる
6.アマゾン在庫を刈り取る

このような順番をイメージしてもらえば
わかりやすいでしょうか。

刈り取りで開くサイトはAmazon+ツール類です。

なのでリサーチや作業効率も高く、
複数のページを開く必要がありません。

 

ツール類も豊富なので使い方を
覚えてしまえば初心者でも
リサーチができます。

 

一見難しそうなAmazon刈り取りですが、
ノウハウを覚えてしまえばだれでも
簡単に実践することができます。

 

Amazon刈り取りの仕入れの注意点

まず、Amazon刈り取りの
注意点からです。

基本的にAmazon内で買ったものを
Amazon内で売ることは
問題ありません。

 

例えばメルカリなどではメルカリ内で
購入した物に利益を乗せて販売する
ことは禁止されています。

しかしAmazonではAmazonで
買ったものをAmazon内で転売
することを禁止していません。

 

ただ、1点だけ気を付けてほしいのが、
「Amazon限定品」です。

 

◯Amazon.co.jp限定の商品は新品での販売は不可

Amazon限定品と書いてある商品は
Amazonで新品では売ってはいけません。
(ガイドラインの言葉通りだと、中古だと問題ないと
いうことです。実際に中古での販売は問題ありません。)

Amazonのコンディションガイドラインに
しっかりと書かれています。

 

 

また、Amazon刈り取りで予約仕入れした商品で、

「予約で購入したものの、
利益がとれなさそうな場合
キャンセルする」というものもあります。

 

ただ、この方法で何度もキャンセルしていると
Amazonから目を付けられ

最悪アカウント凍結という可能性も
ありますので注意してください。
(購入アカウントと出品アカウントが紐付いて
いた場合、両方を失うことになります。)

次は多店舗在庫です。

◯市場在庫はどうなのか?

刈り取りはAmazonで品薄になっている
商品を仕入れて販売する手法です。

商品を仕入れる際はAmazonの
在庫数だけではなく
他のショップの在庫にも注意しましょう。

 

Amazonで品薄でも楽天市場や
Yahoo!ショッピングに在庫がある。

するとほかのセラーが仕入れて
Amazon内で出品するかもしれません。

 

Amazonで品薄になっているからと
いって安易に仕入れてはいけません。

仕入れるときは
「市場全体で品薄かどうか」を
確認するようにしてください。

再販にも注意が必要です。

 

限定品や廃版品を刈り取ったと思ったら
メーカーで再販が決定し、相場が
下がるということがあります。

プラモやフィギュアに多い傾向です。

とはいえ、
こればかりは読み切れません。

 

再販が決定した時点で赤字処分するのか
相場が戻るまで寝かせるのか
決めるようにしましょう。

◯並行輸入品のAmazon刈り取りは注意

最後は「並行輸入品」です。

並行輸入品はアマゾン在庫が
いきなり大量に復活する
場合があります。

そうすると刈り取った商品の
価格が暴落し、利益を出せなくなる
可能性があります。

 

並行輸入品を仕入れてはダメと
いうわけではありません。

仕入れる際はkeepaやモノレートで
過去に在庫復活がなかったかどうか
確認してから仕入れてください。

Amazon刈り取りの準備編

では実際に刈り取りに入る前に
準備をしましょう。

まずは刈り取りに絶対に欠かせない
Google拡張機能「keepa」です。

 

Keepaとは、Amazon内の相場変動を
確認できたり、

大きく変動のあった商品に対して
アラートを通知してくれる機能を持った
定点観測できるツールです。

主な機能は以下の通りです。

・出品者一覧で出品者の在庫を表示
・詳細な価格変動のグラフの表示
・値下げ商品のアラートの設定と通知
(在庫復活も知ることができます。)
・値下げされた商品の情報
・Amazonセラーの情報抽出

これらの機能を持ったツールです。

 

Google Chromeに
インストールするだけで使えます。

料金は無料です。

 

インストールするとAmazonの
商品ページで価格変動グラフを
表示してくれます。

また欲しい商品が値下がりしたときに
メールやTwitterやデスクトップで
知らせてくれます。

 

在庫復活や価格の敏感な変動を察知して
商品を仕入れたり売ったりする
Amazon刈り取りには必須の機能です。

Chromeにインストールして使うのが
一番便利ですが、サイト経由で
使うことも可能です。

スマホやタブレットから利用する場合は
サイト経由で使用しましょう。

インストール方法は簡単です。

クローム拡張ストアから
「Keepa Amazon Price Tracker」を
Chromeに追加します。

 

 

これで簡単にインストールできました。

インストールすると
chromeの右上にマークが出ます。

 

 

Amazonページのクロームのグラフ
あるいは、ここからいつでもKeepaを使用、
設定することができます。

 

クロームでKeepaを拡張すると、
以下の画像のように

Amazonで商品を閲覧するとグラフが
表示されるようになります。

 

 

 

 

グラフの簡単な見方は

・黄色がアマゾン在庫
・青がマーケットプレイス新品
・黒がマーケットプレイスの中古品
になっています。

線が途切れていた場合は
在庫がなくなったことを
意味します。

 

このほかにも右のステータス項目を
クリックすることで売れ筋ランキングを
表示させたりすることもできます。

刈取りには必須の機能ですが、
ほかの仕入れにも使える万能ツール
なので是非入れておきましょう。

Keepaをインストールしたら次は
Amazonのマイページの支払い方法
からワンクリック設定をしましょう。

ワンクリック設定はカート確認画面を
省略し、文字通りワンクリックで
商品が買える機能です。

素早く商品を購入する際に便利です。

 

ただしこの機能を導入すると
間違ってクリックしてしまっても
決済されてしまうので注意してください。

以上が終われば
刈り取りに必要な準備は終了です。

 

Amazon刈り取りできる商品とは

次に刈り取りができる商品についての
理解を深めましょう。

刈り取りができる商品の絶対条件は
「回転率が高い」「アマゾン在庫の少ない物」です。

回転率の低い物は
在庫が少なくても売れません。

 

アマゾン在庫が大量にあるような商品は
いくら刈り取ってもAmazonが無数に
在庫を持っているので意味がありません。

いつまでたっても価格が変動しません。

 

需要は高いのに供給が若干少なめな
「需要と供給のバランスがいびつな商品」
を探しましょう。

こうした商品はしばしば
Amazon内で「入荷待ち」になります。

 

Amazonで入荷待ちの状態のものは
Amazonで扱っていても一般セラーが
カートが取れるようになります。

つまりAmazon入荷待ち商品は
入荷されるまでのあいだ、

カートを取って独占的に販売できるのです。

 

Amazon在庫が復活したら、
もしそれが少数なら
そのまま刈り取ってもいいでしょう。

こうした「在庫が復活する商品」も
刈り取り対象の商品です。

 

アマゾン在庫が復活した時点で
一瞬相場が暴落しますが、
品薄になるとまた相場が上がります。

こういう商品は何度でも刈り取って
稼げるリピート商品で見つけられると
莫大な利益を取ることができます。

 

他のポイントとしては
市場の在庫が限定される「廃版品」。

パッケージが変わるとか、
メーカー生産終了品は
刈り取りしやすい商品です。

 

こうしたものはたまに
Amazonやほかのセラーが
在庫を出品します。

これを刈り取って相場を上げたところで
販売するのも一つの方法です。

 

 

 

パッケージ変更の廃版品は
このように新しいモデルが
表示されます。

旧パッケージは再販されることがなく、
値段が高騰しやすいので
注意してみておきましょう。

 

こうした商品を日々リサーチし、
気になる商品があればどんどん
ほしい物リストにも入れておきます。

Amazon刈り取りのリサーチ方法

リサーチ方法ですが、
まずは相場の変動を探します。

極端に値段が上がったとか
下がったとかですね。

 

まずは情報収集です。
情報が無いと何もできません。

 

相場変動、つまり価格差が発生した商品は
需要か在庫に大きな変動が合った商品です。

例えば急激に価格の上がった商品は
何かのきっかけで需要が増え、
在庫が少なくなってくるからです。

 

逆に値段が急激に下がったものは
アマゾン在庫が復活したのか、

需要が
大幅に落ち込んだものかのどちらかです。

 

どちらにしても価格変動のあった
商品を見つけて理由を
確認しないといけません。

価格変動を見つける方法は
沢山あります。

〇Keepa

まずは先ほど導入したKeepaです。

 

Keepaを起動させるとあらかじめ
設定してある条件で変動の有った
Amazon商品を表示してくれます。

 

 

この図では60%以上値を
下げたものが表示されるように
なっています。

この中から需要の高そうな商品を
探ってみて値を下げた理由を
確認してもいいでしょう。

 

〇モノレート

モノレートも価格変動を
確認できる重要なツールです。

普段、価格調査やランキング確認にしか
使っていないという人も多いと思います。

 

しかしモノレートには
価格変動をカテゴリー別に確認できる
機能があります。

 

 

 

自分の得意なジャンルの商品の中で
Amazon内の価格変動があった
商品を見ていきましょう。

 

特に急に価格の下がった商品で
回転率の高い商品なら
仕入れ対象です。

もし値下げの理由がAmazonの
在庫復活なら数量を
予測して少量なら刈り取り。

大量に復活しているようなら
見送りましょう。

 

ごくまれに他の一般セラーが
値付けを間違えていることがあります。

そういう時ももちろん刈り取りましょう。

〇Amazonプレミア抽出コマンド検索

Amazonを開いて仕入れたい
カテゴリーを開きます

カテゴリーを開いたらそのページの
URLの末尾に「&pct-off=-0」を
付け足して再度開いてみてください。

 

このコマンドはAmazonで出品
されている商品の中で「定価超え」
している商品のみを抽出できます。

 

 

 

このように価格の横に定価超えを示す
「△」マークがついています。

 

プレミア超えしているということは
「アマゾン在庫が少ない」「需要が高い」
と判断できますね。

念のため、「prime」マークが
ついていないかどうかも
確認しておきましょう。

この中から刈り取れそうな
商品を検索していきましょう。

 

〇Amazonプライムデー後などの刈り取り

Amazonプライムデーや
クリスマス商戦後などの大きな
イベントの後も価格変動は起きます。

プライムデーで一斉に同じような
商品を仕入れてしまうと当然
値下げ合戦や相場の暴落が起きます。

 

また、クリスマス商戦を見込んで
仕入れたものの、当てが外れ売れ残った
商品を処分するせどらーも目立ちます。

例えばプライムデーや
クリスマス前までは5000円で売れていた商品。

 

その商品がイベント後は3000円を
切っている、ということが
起きやすいのです。

そんな底値になっている商品を
綺麗に刈り取って相場が戻って
来たら売り始めるのです。

 

ただしこの方法は底値や
在庫量の把握、予測が難しいので
やや上級者向けです。

相場が戻るまでに時間が
かかることも多く、資金力のない
せどらーは注意が必要です。

〇AmazonアウトレットとKeepaの価格差を利用する

AmazonにはAmazonアウトレット
というものがあります。

Amazonアウトレットを探してください。

 

 

分かりづらいですが、Amazonの
一番下に小さく入口があります。

Amazonアウトレットはその名の通り
訳アリ品を販売しています。

返品や倉庫内で傷がついてしまった物、
賞味期限や使用期限が近づいた商品を
格安で販売するストアです。

 

Keepaを入れてあれば商品を
見るだけでグラフや
価格変動が表示されます。

ここから刈り取るのも一つの方法です。

 

 

 

この商品はアウトレットで見つけました。

 

現在出品者が1人、アマゾン在庫なし。

回転率も高く、
平均7000円前後で売れています。

 

1つだけなら刈り取って
しまってもよさそうですね。

 

ついでに欲しい物リストや
お気に入り登録しておきましょう。

 

もし順調に売れて利益が出た場合、
在庫が復活するたびに通知が来ますので
何回でも刈り取って販売できます。

このようにアウトレット品と
Keepaのデータと照らし合わせて
刈り取れそうな商品を探します。

 

〇ツイッターの転売アカウントを登録しておく

Twitter上では「転売情報アカウント」と
呼ばれるものがあります。

フォローすると、プレミア商品や
刈り取れそうな情報を配信してくれます。

 

これらのアカウントから配信される
情報だけで
月20万円以上は稼げます。

 

転売アカウントですが、
ツイッターにログインして「転売」「せどり」で
サーチすると入力すると無数に出てきます。

その中から稼げるアカウントを探しましょう。

→自分で探すのが面倒くさい方は
 こちらより、「せどりで稼げるTwitterアカウント」と
 メッセージをください。

 

○在庫あ~る

在庫あ~るはAmazon内の価格変動を
簡単な操作でリサーチできる
無料サイトです。

 

同時にAmazonだけではなく楽天や
Yahoo!、ビックカメラなどに
在庫がないかどうかもチェックできます。

 

簡単操作で価格の上がったもの、
下がったものがサーチできます。

 

また、定価よりも上がってもの
下がったものも検索できるので
情報ツールとして非常に優秀です。

 

 

この在庫あ~るで商品チェックし、

急に価格の下がった商品を
見つけてください。

価格が30%以上下落した商品は
アマゾン在庫が
復活したのかもしれません。

在庫量と回転率を見て相場が
復活しそうなら仕入れてみましょう。

なお、今回の刈り取りとは
あまり関係ありませんが、
急に価格の上がった商品も要チェックです。

Amazonで急に価格が上がっても
ほかのショップでは値段が
追従されていない可能性が高いです。

Amazonで10000円になったものでも、
ほかのショップではまだ5000円で
売っている可能性があるということです。

時間が経てば経つほどほかのせどらー
に先を越されたり、ショップが価格を
Amazonに合わせてしまいます。

〇問屋の電話勧誘商品やメールでの情報源

せどりをやっていると
問屋からの営業電話に遭遇することがあります。

こういった問屋が紹介する商品は
大概、値下がりする商品で
ろくな商品でないことが多いです。

 

ですが、問屋からの情報は
仕入れに結びつかなくても、

情報としては価値があり
せどりに活かすことはできるのです。

 

何度も言いますが、
営業で電話をかけてくれる問屋の商品は
利益が取りにくいものが多いです。

というのも、在庫が豊富にあり、
低単価で問屋にとっていい商品だからです。

 

こういった商品は他の問屋さんも
取り扱っていることが多く同じように

他の小売店や
せどらーさん=セラーにも流れ、

市場に多くの在庫が出回ります。

 

市場に多く行き渡るということは…

結局、価格競争が起こります。

売れる商品であり、
供給が過剰でなければ

そして、値上がりを予想できるのであれば、

値下がりした商品を問屋からではなく
Amazon市場から問屋の価格以下で刈り取り

値上がり後に販売することもできます。
(問屋が3000円で勧めてきても、
暴落してAmazon内で1500円で
買えるかもしれません。)

 

このように問屋からの情報は
利用できるのです。

こういった商品はKeepaで
登録しておいて、仕入れられそうな
価格になったら通知してもらいましょう。

 

今回の例でいえば1500円まで
アマゾン相場が下がったところで
通知してもらえばいいのです。

通知が来たら状況を見て刈り取ります。

つまり「底値になったら刈り取る」
ことで在庫の多い商品も利益を
取れる商品に早変わりします。

このように色々な

価格リサーチ方法があります。

これらの方法で商品をリサーチして
気になったものは
どんどん刈り取っていきましょう。

 

Amazon刈り取りの仕入れの手順

では、商品の情報をキャッチしたら
仕入れられるかどうか確認しながら
仕入れていきましょう。

仕入れるときはまず業者が
大量に在庫を持っていないか
どうか確認します。

 

業者は独自の仕入れルートで
その商品をたくさん
抱えている可能性があります。

たとえばレビュー数がものすごく
多いセラーは業者と判断できます。

 

そういった業者が関わっている
商品は刈り取り対象外です。

Amazonで在庫を持っていない。
業者もいない。

こういった商品なら刈り取ります。

 

できればほかのセラーの商品も
すべて刈り取って下さい。

Amazon内で在庫を持っている人が
あなた一人になれば好きな価格で
販売することができます。

ほぼ独占販売です。

 

もし刈り取った商品で利益が出たら
その商品はお気に入りリストに
入れておくようにしてください。

リストに入れておいた商品が復活したら
再度刈り取ってください。

 

このようなちょくちょく在庫が復活する
ような回転率の高い商品がAmazon
刈り取りで一番おいしい商品です。

1.買い占める
2.相場が上がる
3.商品を売って利益を出す
4.在庫が少なくなる
5.在庫が復活する
6.相場が下がる
7.買い占める

を繰り返すだけで
長期的に利益を出すことができます。

刈取りが終了したら最後に
ほかのショップの確認も忘れずに
行っておきましょう。

 

楽天やYahoo!、
その他家電量販店などです。

そっちに在庫があれば
刈り取っておきましょう。

 

Amazon以外の市場在庫も減らして
価格の下落を防ぎます。

また他のせらーによって在庫が
Amazonに流れ込んでくるのを
防ぐことができます。

 

そのほかの刈り取り手法

通常の仕入れ方法以外にも
刈り取りの方法は有ります。

 

〇価格改定を間違えた初心者セラーから刈り取る

商品をリサーチしているとごくまれに
相場から異常にかけ離れた
安値で出品している人がいます。

10000円の商品を1000円とか。

 

こういったセラーは
「詐欺出品者」か「価格改定間違い」
の2パターンが考えられます。

もちろん詐欺出品者の場合は
刈り取ってはいけません。

 

価格改定間違いの場合は遠慮なく
刈り取らせていただきましょう。

詐欺業者の見分け方ですが、
以下の3点である程度
見分けることができます。

・異常に安い金額で出品
・発送元が海外
・評価が無い、少ない、古い

異常に安い金額に関しては改定間違いも
同様なので一見判断しにくいですが、
いくつも出品しているのは怪しいですね。

 

後は日本製なのに海外からの発送とか。

評価が無い、少ない、最後の評価から
数年経っているのも怪しいです。

価格改定間違いセラーから刈り取る
場合は似たような
詐欺アカウントに注意しましょう。

価格改定間違いが起こる理由ですが、
慣れていないセラーが
単純に入力を間違えたのが一つ。

10000円で出すつもりが
1000円で入力してしまった、
というパターンです。

 

もう一つは価格改定ツールの
設定間違いです。

価格改定ツールはAmazon内の
最安値に自動的に価格を書き直して
くれる便利なツールです。

使っている人が大勢います。

 

この便利な価格改定ツールですが、
設定を間違えると異常な価格にも
合わせに行ってしまうのです。

 

例えば先ほどのような詐欺アカウントが
異常な安い価格で出品した場合。

この場合も自動価格改定ツールを
使っている人の商品もその価格に
合わせに行ってしまいます。

 

通常はこうならないように
価格改定ツールの下落幅を
設定しておきます。

しかし慣れていない方や
初心者がこの設定を
忘れてしまうことがあります。

 

こういった価格改定ミスは
時々起こりますので、もし
見つけたら狩り取っておきましょう。

なお、単純な価格入力ミスは
傾向的に週末に起こることが多いです。

皆さんも時間が確保しやすくて
売れ行きがいい週末に多くの
商品の価格を改定しますよね。

他の人も同様です。

そんな時に入力ミスが起こるのです。

 

〇フラストレーションフリーパッケージをばらす

最初に「Amazon限定品は仕入れない」と
書きましたが、中にはAmazon限定品
であっても販売できる商品もあります。

フラストレーションフリーパッケージ
(FFP)というアマゾン独自の
簡易梱包商品があります。

 

Amazon限定のFFPの中には
売れるものがあります。

それが
「Amazon独自のセット売り」です。

 

つまり商品Aと商品BをFFPにして
「Amazon限定品」として出品している
ものは刈り取ってばらして販売できます。

単なる商品Aと
商品Bとして売るわけです。

 

Amazon限定品は良く売れている
商品もあるのでこういった方法も
覚えておくと意外な所で利益を拾えます。

〇予約商品の価格保証を利用する

AmazonではAmazon直販の
商品に限り価格保証という
救済措置があります。

予約から発送手続きまでに価格の
変動があった場合、一番安い価格で
販売するというルールです。

 

つまり5000円の商品を予約したあと、
その商品が4000円まで値下がりした
場合は4000円で決済が確定します。

まず商品を予約するだけしておきます。

 

利益が取れそうならそのまま、
取れなさそうならキャンセル
という方法ができるのです。

リスクゼロでAmazonから
仕入れられる裏技です。

 

価格が上がった場合は予約時点の価格で
買えますし、値下がりしたら
下がった価格で買えます。

ただし、頻繁にキャンセルを
繰り返しているとアカウント
閉鎖リスクがあるので注意しましょう。

◯せどりをやめるアカウントや売り減らしアカウントで刈り取りする

せどりで稼げなかった人が
せどりは稼げないものとしてみなし

在庫さばきをしていると思われる
アカウントが出てくれることがあります。

 

そんなアカウントを見つけたら、
出品者のアカウント一覧を見て
利益の取れる商品を刈り取っていきましょう。

 

売り減らしアカウントは、
クリスマス後の不良在庫やプライデーで
出品者が群れて

相場が崩れた商品を
キャッシュ&フローが厳しいためか

相場が上がるのを待てない方が
売り減らししていくときに刈り取りを
行って仕入れておくことができます。

 

〆まとめ

Amazon刈り取りは奥の深い手法です。

・Amazonの在庫量
・セラーやショップの在庫量
・市場の動向
・季節的要因

といった様々な要因を考慮して
仕入れなくてはいけません。

 

需要のないものを
仕入れたら売れません。

在庫の多いものを
仕入れると売れません。

 

しかし正しい手順で刈り取れば
需要があるのに在庫数が少ない商品を
Amazonから仕入れることができます。

するとAmazon市場全体を
コントロールし、言い値で
商品を販売できます。

Amazonで仕入れてAmazonで売る。

 

刈取りを覚えればもう他のショップを
何個も開いて
リサーチする必要は有りません。

Amazon刈り取り、
是非マスターしましょう。