せどりは需要と供給のビジネスになるので、

競合の大小を考えることは稼ぐことにおいて
非常に重要です。

2020年、最新のせどりの状況を踏まえたうえで
どう考えてもやらない方がいいカテゴリーを教えますね。

 

せどりの変遷

Amazonせどりは、本せどりからスタートしました。

もともと、Amazonは、本しか取り扱いがなく、

本を買う人のためのサイトでした。

それが、マーケットプレイス=出品者を招き入れるようになり、
手数料を取り収益を上げるビジネスモデルを新しくつくりました。

在庫や仕入れのリスクがなく売れる商品を知ったり、
出品者の販売によって客を増やしてきました。

ジャンルの裾をどんどん広がり、今では、ほぼなんでも
取り扱いがある状況です。

せどりはAmazonの販売点数の広がりと同時に、

中古の本、CD、DVD、ゲーム、家電、キッチン用品といった
感じで広がり、

新品もせどりができるノウハウが公開され、

ジャンル毎のノウハウも確立されてきました。

ほぼ新しいことは出揃った状態の今、稼ぎやすいジャンル、
稼ぎにくいジャンルに差が出てきているので

発表します。

 

せどりで利益額を上げにくいカテゴリー

中古本

利益率としては、中古本せどりが一番高いですが、

利益額を稼ぐのに、中古本せどりは副業せどらーにとって、
非効率でしかないです。

大きく稼いでいるのは、数年経験を積み、

専業化したせどらーさんで、組織化している人たちのみです。

中古本せどりは、ビームが中心になり、

電脳となるとリスト効率が必要になるので、

すぐに稼ぎだすには、昔ながらのビームでの全頭検査が
必要です。

未だに、稼いでいる本せどらーさんでもビームをガンガン通して
やっているので、

ある意味、僕から言わせると非常に効率が悪いです。

 

新品の雑誌せどりをやると、利益額は増やせますが、

ここでも副業せどらーさんは不利で大量仕入れは難しいです。

 

食品

リピートせどりできるのでいいですが、
基本、薄利になるので、利益額を大きく稼ぐには

食品せどりだけでは難しいです。

他のカテゴリーと合わせてやるのが良いです。

 

中古のおもちゃ

安定した仕入れをするには、
買取や経験を積んだ目利きが必要です。

稼ぐまでに時間がかかるので、オススメしません。

 

中古のCD,DVDのメディア

検品、清掃で時間が取られるうえに、

利益額を取ろうすると、回転率が悪くなります。

回転率が良く、利益額の良いものは、取り合いで
フリマなどでもスピード勝負になっているのが現状です。

メディアのタイアップは非常に稼ぎやすいですが、

他のカテゴリーをする方が効率が良いです。

 

中古ゲームのソフト

中古ゲームは、ゲーム機は回転が早く利益額も大きいので
稼ぎやすいですが、

ソフトは稼げる商品が少なく薄利です。

ゲームというカテゴリー全体で見ると、中古ゲームは
オススメできません。

 

〆まとめ

副業せどらーさんは時間が限られています。

なので時間効率が良く利益額を上げれるカテゴリーから
せどりをスタートさせるべきです。

ですが、Amazonのアカウントの剥奪で、
新品を販売することが怖いという方も多いでしょう。

あるいは出品規制をされている商品が多く、
新品を取り扱っていくのは、大変だと思われている方も多いでしょう。

そのため、中古に手を出す人もいるかと思いますが、

新品せどりでも商品選びさえちゃんとすれば、

アカウントの剥奪はないし、出品規制に関しても
解除していくことはできます。

なので、中古の稼ぎにくいカテゴリーをすることはやめましょう。