Amazonせどりをする場合、
販売はFBAがメインになるので

AmazonFCの倉庫に商品を送ることになります。

 

*FBAとは、Amazonの倉庫に商品を送り、
 配送をAmazonに委託するサービスです。

 

その場合、出品者の商品に管理ラベルシールを貼らないと
いけません。

商品一つに対して、一つラベルシールを貼るので、
取扱商品が多くなるほど、

ラベルシールをたくさん消費します。

 

つまり、FBAでの販売にラベルシールは固定費でかかってくるので、

できるだけ、その経費は安い方がいいですよね?

 

価格は安い方がいいですが、品質が悪いと、
受領時のエラーにもなるので、

バランスが大事です。

 

本記事ではFBAラベルシールの特徴と選び方、
さらにはオススメを紹介します。

 

FBAラベルシールの特徴

特徴は2つだけです。

剥離タイプかそうでないかの違いだけです。

 

剥離タイプは、シールをキレイに剥がせるものです。

FBAラベルシールは商品の外箱に直接貼るものなので、
お客さんによっては気になるものです。

また商品によっては、外箱にも価値があり
シールがキレイに剥がせないと、

剥がす際に外箱を傷つけてしまいます。

 

そうなると、、、外箱に商品価値があるのなら、
商品の価値も下がってしまいますよね?

 

返品やクレーム、悪い評価をされることに繋がるので
FBAラベルシールの選択は重要になります。

 

FBAラベルシールを選ぶ上での注意点

商品によっては、剥がれやすいことが重要と言いましたが、

商品と商品が擦れて、あるいは、時間の経過で
勝手に剥がれてしまうことは

よくありません。

 

AmazonのFC倉庫での受領時にラベルシールが剥がれておれば、

商品受領エラーになり、余分にお金を徴収されますし
エラーを連続して何回も繰り返すと、

ペナルティーとして、出品停止にもされます。

 

なので、価格を一番安いのを選びたいところですが、
ラベルシールの品質も考えて

選びたいところです。

 

FBAラベルシールの面数の違いは?

FBAラベルシールですが、3種類あり、
それぞれ面数に違いがあります。

昔は、24面しかありませんでしたが、
現在では、40面、65面と種類が増えています。

面数の違いによって、値段が変わらない商品が多いため、

つまり、面数が多いほど、1枚で印刷できる商品数が
増えるので単純にお得と言うことです。

面数が多いFBAラベルシールを選びましょう。

 

オススメラベルシール

剥がしにくいFBAラベルシール

剥離タイプに比べて価格が安いです。

created by Rinker
¥3,547 (2019/02/21 10:29:33時点 楽天市場調べ-詳細)

24面 500枚  3554円→1枚 7.1円(ポイント含めず)
送料無料分買えば→5.9円(ポイント含めず)

 

 

剥がしやすいFBAラベルシール

剥がれにくいタイプに比べて若干高いです。

送料無料
40面 500枚  4980円→1枚 9.9円(ポイント含めず)

 

 

送料無料
40面 100枚  1680円→1枚 16.8円(ポイント含めず)

 

 

 

 

FBAラベルシールの節約方法

FBAラベルシールの余りがたくさん出た時

次回、印刷するときに利用しましょう。
利用方法は、

用紙を反対にセットして印刷すれば良いだけです。

 

FBAラベルシールの余りが少ない時

商品に複数バーコードがついている時に
ラベルシールで目隠しするのに利用できます。

 

〆まとめ

FBAラベルシールはAmazonで商売している以上、
固定費でかかってきます。

なので、価格が安く、トラブルにならない程度の
品質のもので利用しましょう。