皆さんは、「食品せどり」と
聞いてどのようなイメージがありますか?

「出品が大変」
「利益が少ない」
「卸やメーカー取引しないと稼げない」


等、マイナスイメージが多く、

メリットよりもデメリットの方が大きいと
感じているのではないでしょうか?

今回は、そんな「食品せどり」に関する、
メリット・デメリットをお話したいと思います。

 

まずは、メリットを5つ、ご紹介します。

メリット①ライバルが少ない!=購入率アップ!

まず、食品せどりのメリットとして
上げられるのは、
ライバルが少ない!という点です。

これまで、食品カテゴリーは、
FBA利用のできない分野でした。

しかし、2014年、Amazonのルールが
改定されたことにより、

出品許可を得れば、販売可能となりました。

せどり分野としては、
まだ日が浅く、出品許可申請が必要な割に

利益が小さく、大変、という
イメージがあるため、
参入するせどらーが少ない、というのが現状です。

 

せどりは、副業の中でも結果が
表れやすいと言われていますが、

日々せどりを始める方も増えつつあります。

ゲームジャンルの人気商品の中だと
FBA・自己発送も含め、

出品数が200近いものも存在します。

対する食品の出品数は、
5~30前後と少なく、商品によっては、
独占状態も可能となります。

つまり、ライバルが少ない=購入してもらえる
確率が非常に高くなる分野が、
「食品カテゴリー」なのです。

 

メリット②まとめ買い・リピート購入で安定!

食品カテゴリーは、
1つの商材を見つけるだけでも、
かなり安定して稼ぐことができます。

その理由は、「消耗品だから。」

家電やホビー商品と違って、
超プレミア価格になることは
少ない分野ですが、

食品は、「食べればなくなる」という
特質があります。

単純なことですが、
そこに稼げる仕組みがあるのです。

消耗品は日常使うモノです。
たとえ高くても、気に入ったモノであれば買います。

また、最初はお試し感覚で購入した食品でも、
気に入れば、次はまとめ買いします。

1個が、2個、3個と増え、
それが10個に、時には30個に、
という場合もあります。

リピーターが存在する以上、
その商品は安定して稼ぐことができるのです。

 

メリット③わずか10分~でも出来る短時間リサーチ

商品のリサーチ作業というのは
見つけた時の喜びを考えると、楽しいものですが、
仕入れるまではとても大変な作業になります。

その点、食品せどりは、
商品をリスト化することで、

リピート仕入れが可能となり、

値崩れが起きない限り、
何度でも仕入れることが可能です。

ある程度商品リストの数があれば、
在庫状況に応じて、仕入れるだけ。

定期的にリストを見直し、
更新していくことで、
リサーチ時間も大幅に短縮となります。

 

メリット④納品ミスが少ない

食品せどりの場合、同じ商品を
まとめて仕入れることが多いため、
数が増えるほど納品作業が大変となります。

しかし、1点モノということが少ないため、
シールの貼り間違いが起こる可能性は低く、
納品ミスも少ないのです。

 

メリット⑤返品が少ない 

食品は、中古商品のように検品する必要もなく、
他ジャンルほど、返品率も限りなく
ないのが特徴です。

その理由は、
Amazonの規約上、
「お客様都合による返品・交換は不可」

だからです。

せどりをしていると、
必ず直面する問題が返品です。

初期不良などあれば、
新品と丸々交換してもらえることは
少なく修理対応になることが多いので

その商品を新品で売れなくなり
赤字になることはある話です。


その点、食品カテゴリーは、
返品が少ない=リスクも少ないので、
初心者でもせどりのしやすいジャンルと言えます。

 

ここからは、気になるデメリットのご紹介です。

デメリット①薄利多売

商品単価が低いことから、
初期投資が少なくても参入できるのが
食品ジャンルのメリットでもありますが、

同時にデメリットにもなります。

1個の販売では、
利益が200円~500円ほどと少なく、

利益率も低くなります。

ですが、メリットにもあるように、
まとめ買いされることによって
手数料も少なく済み、

高単価でなかなか売れない商品よりも、

低単価でも毎日たくさん売れる商品であれば、
回転率が良く、結果的に利益アップにつながります。

 

デメリット②賞味期限の管理

食品最大のデメリットとも言える、
賞味期限の管理です。

FBAの場合、
センターでの受領時の賞味期限が60日以上、
販売時は46日以上必要です。
(ただし、賞味期限がもともと短い商品に関しては、
事前申請することにより、特別ルールとして、
センター受領時:30日以上
販売時:16日以上あれば販売可能になります。)

そのため、45日になると、
Amazonにより強制的に廃棄され、
手数料も請求されてしまいます。

扱う商品が増えると管理作業は
大変になりますが、

過剰在庫は持たず常に販売していけば
リスクになることはないです。

 

〆まとめ


いかがでしたか?

食品せどりは、薄利多売方式で、
1回で多く稼げるジャンルではありませんが、
回転率が速く、安定して稼ぐことができます。

販売許可の申請や賞味期限の管理等、
大変な作業もあり、デメリットに囚われがちですが、
得られるメリットは確実にあります。

初期投資も少額で済み、
誰でもローリスクで始めることができるので
チャレンジしてみてはいかがでしょうか?