せどりのリサーチや電脳仕入れ
その他、デスクワークでの仕事をしていたら
集中力が切れてしまうことはありませんか?

気づいたら、
ネットサーフィンをしてしまったり、

飽きて、音楽をかけ始めたり、
(聞き入って、作業が進んでいないことが
多いです。)

しまいには
食べ物や飲み物を必要以上に
摂っては、

ながらで作業をしたりと…。

 

ビジネスで稼ぐのに
関係のないことをして

イタヅラに時間を無駄にしてしまうことって
していないですか?

 

あるいは集中が続かず、
イライラしながら
せどりのリサーチ作業はしていないですか?

 

僕は集中力が落ちた時、切れた時は、
ジャンプすることをしています。

 

ジャンプ?ってなんだって
思われた方は

ぜひ、
僕のリフレッシュ法&集中法を
参考にしてみてください。

 

体も健康になります。

 

宇宙飛行士とビジネスの成功者のジャンプとは

ジャンプすると、
リフレッシュができ、
頭の回転数が上がります。

 

ちなみに今回僕が紹介する方法は、

アメリカ航空宇宙局のNASAが
取り入れているものであり、

ビジネスの世界では
アメリカの成功者のほとんどが
欠かさずにしている習慣になります。

 

なので、ジャンプをすると言うことは
はっきり言って

良いことしかないので

ぜひあなたも
毎日の生活に取り入れていただけたらと
思います。

 

で、ジャンプとは、
どうやってするのかですが、

そのまま床や地面で飛び跳ねるのではなく

トランポリンを使って
ジャンプをします。

NASAが行っているジャンプや
ビジネス成功者のジャンプは

つまり、
トランポリンで跳ねる運動になります。

(僕のMYトランポリンです。)

 

 

このトランポリンは
子供の遊び道具だと思われている方が
ほとんどだと思いますが

トランポリンは
実は大人にも運動効果が非常に高く
身体に良い影響を与えてくれます。

実際にトランポリン運動をすることによって
人にどんな効果や影響ががあるのか

それを知らないことには
やる理由が動機が沸かないと思うので
解説をしたいと思います。

トランポリンが身体にもたらす3つの効果

1. 白血球を増やし血流を良くする
2. 骨密度を上げ丈夫な身体をつくる
3. リズム運動が脳機能を上げる

 

1つずつ説明します。

 

1. 白血球を増やし血流を良くする

トランポリンで
5分ジャンプするだけで、
白血球の数が3倍になると言われています。

 

白血球が増えると、
どんな効果が得られるかと言うと、
免疫力が高まります。

つまり、病気にかかりにくくなります。

 

また、トランポリンで跳ねることは
リンパマッサージをしている効果と
同じ結果を得られると言われていて

病気の予防、
特にガンの予防にもなると言われています。

 

日本人はガンで亡くなられる方が多く
ガンの予防策はないので
このことだけでも十分に価値があります。

お金は命に換えられないですからね。

 

ちなみに、リンパとは
身体の中の体液を運ぶ管で
老廃物を運んでいます。

リンパ液の流れが良いと、
老廃物の排出もスムーズになります。

つまり、
女性の方に多い、冷え性も改善されます。

 

2. 骨密度を上げ丈夫な身体をつくる

NASAは宇宙飛行士が宇宙へ行った後の
地上での回復トレーニングで
トランポリンを主に活用しています。

 

もう少し、詳細に説明すると、

宇宙飛行士は宇宙で、
重力のないところで
生活をしますが、

人は
重力の負荷が全くない状態に
長くいると

筋肉や骨が急激に衰えるのです。

 

その状態でいきなり
通常のトレーニング法を
してしまうと

負荷が強すぎるため
怪我をしてしまう可能性が
大きくなります。

 

それが、トランポリンだと、
通常のトレーニング以上の結果を
得られるにも関わらず

身体の負荷が少ないのです。

 

なので、トランポリンは
宇宙飛行士にとって最善のトレーニング法であり

宇宙飛行士以外の方でも

老若男女、
最高のトレーニングの方法であると言えます。

 

3. リズム運動が脳機能を上げる

トランポリンで跳ねる運動は
同じ動作を繰り返すリズム運動です。

 

リズムで運動をすると、
セロトニン神経が活性化して
脳内のセロトニンが増加します。

 

セロトニンとは別名
幸せホルモンと呼ばれ
気分を大きく左右する神経伝達物質です。

 

つまり、セロトニンが増えると
やる気や興味といった人が本来備えている
ポジティブな気分が引き出されます。

 

成功者はこのセロトニンが多いです。

やる気ないのは、興味が沸かないのは
集中力が続かないのは、

性格のせいだから!と
簡単に片付けてしまうことは
非常にもったないことなのです。

それは、性格からではなく、
セロトニンの不足から
来ているものなのかも

しれないですから。

 

 

いかがでしたか?

トランポリン運動いいな!
と思われた方は

ぜひ、試してみてください。

トランポリンでの跳ね方であったり、
準備運動は多少なりとも
知っておいた方が

安全かつさらに効果をあげるので
その説明もしておきます。

 

トランポリンでジャンプする前の準備

始める前に柔軟体操を軽くしてください。

 

行って欲しい箇所は、
足首と膝、上体です。

下半身については、
足首回しと屈伸運動をしてください。

 

上半身については、
上体回しと腕回しをしてもらえば
十分なストレッチになります。

それだけでOKです。

トランポリンで跳ねる位置

トランポリンでジャンプするときは、
トランポリンの中央をジャンプしてください。

端によると踏み外して怪我をするおそれがあるので
真ん中を意識するようにしてください。
(トランポリンで跳ねる際は周りには
ものを置かないようにしましょう。)

トランポリンでの跳ね方

こちらを参照してください。

トランポリンでの運動効果を高める跳ね方

 

トランポリンの振動音が気になる方は

下の階の方に振動音で
迷惑をかけてしまうことを

危惧されている方は

これを利用してください。
トランポリン用のマット

使用する床のフローリングや畳などを
傷めたくない方も
利用されると良いです。

 

トランポリンを行うのに避けたい時間帯

食後は2時間以上あけてから
行ってください。

これはどんな運動でも同じです。

食後すぐは消化不良を起こすだけでなく、
腹痛や気分を悪くすることがあります。

〆まとめ

トランポリン運動は
NASAも宇宙飛行士のトレーニングに
採用しているように

非常に効果の高い運動です。

 

身体の負担が少ないにも関わらず
筋肉や骨を鍛えあげることができるので

老若男女に適している運動になり
ずっと続けることができます。

 

またトランポリンはリズム運動でも
あるので

セロトニンを増やす効果も期待でき、

身体だけでなく
脳のリフレッシュと機能改善にも
効果を期待できます。

 

トランポリン運動は頭と身体に
パーフェクトな運動&リフレッシュ方
になりますので

ぜひ試してみてください。

 

身体がだるい、眠い、集中が切れた
運動不足など、リフレッシュ
あらゆる場面で

気軽にできるのでおすすめします。

 

補足:

トランポリンは
運動とリフレッシュに良いと
紹介しましたが、

さらに、トランポリン運動と合わせて
アファーメーションを組み合わせると

アファーメーションの効果が
より上がると言われています。

 

動きをともなっての
アファーメーションは
インカンテーションと言います。
(心拍数を上げてのインカンテーションは
潜在意識に入りやすいと言われています。)

アファーメーションのことを
知らない方もいると思うので
簡単に説明しておきます。

 

アファーメーションとは
簡単に言うと、自己暗示です。

自己暗示によって
脳、性格の書き換えを行います。

 

言葉の力で潜在意識に働きかけ
願望を引き寄せることをします。

 

アファーメーションについての
言葉の選定や、やり方については

メルマガ読者さんのプレゼントで
お配りしているので

それを参照してください。

お持ちでない方は
アファーメーションと
メッセージもらえたらPDF送りますね。

http://line.me/ti/p/%40shg6408y

トランポリン運動と
アファーメーションをして

成功脳に切り替え、

成功への道をぜひ一直線に歩んでくださいね。