せどりで成功するために
必要なことは何でしょうか?

先日、せどりで成功したい!という
やる気に満ちた熱いメッセージを
頂きましたので

お答えさせてもらいます。

 

あなたは何がせどりで成果を上げるために
必要だと思いますか?

僕は今までいろんな方をみてきました。

その中でわかったことは、
大部分の人が変わることを拒否しています。

 

自分のやり方や考え方を変えずに
そのままやろうとするのです。

それってどういう結果になるか
想像できますか?

 

例えば、
あなたが夜型の人であったとしましょう。
そこから朝型に変えないといけないとしましょう。

従来の生活の過ごし方で
朝に確実に起きて
意気揚々と動くことができますか?

 

おそらく朝に起きれないでしょう
起きれたとしても調子が出ないはずです。

 

朝型に生活パターンを変えるには
従来の夜型の生活パターンを
変える必要があります。

朝早く起きるには
夜早く寝ないといけません。

夜早く寝るには晩御飯を早めに済まして
消化が睡眠の邪魔を
しないようにしないといけません。

晩御飯を早めに済ますには
昼御飯を抑えるのか

それともちょっとした運動で
おなかを減らすのか…といった具合に

 

得たい結果が変わるなら

それに対して今までとやり方を
変えなくてはいけません。

 

あなたは天才ですか?

あなたはビジネスで
すでに成功していますか?

あなたが天才でないなら
また現状、ビジネスで成功していないなら

従来のあなたのやり方では
せどりでは結果を出すことはできません。

 

せどりで結果を出していきたいなら
これまでのパターン、

習慣や行動、考え方を一切
変えていかなくてはいけません。

 

従業員(雇用される側)の考え方から
起業家(雇用する側)、

ビジネスを自分で行う者の
考え方に変えていく必要があります。

 

○○できなかったことが
できるようになるには

そのなかで過程があります。

その過程がこれまでと同じやり方であれば
これまでの結果と同じ結果しかでません。

 

しかし、これまでと違う過程で
行動をすれば

違う結果が得られる可能性があります。

 

結果を変えれない、
出せない人は

自分のやり方を通す人です。

 

あなたはどうですか?

 

素直に人のいうことを聞き
素直に行動にうつせますか?

それができたら成功できます。

 

結果を出せない人は

人のせいにします
環境のせいにします

 

○○を作って××のせいにします。

そして自分は悪くないという反省をします。

そんな人間ははっきりといって
何をやってもダメです。

 

成功はできません。

 

不況だとか社会がとか、
競合とか、時代とか

外的要因なんて関係ないんです。

 

もしそれが実際にあったとしても
外的要因をカバーできる
人間になりたくないですか?

 

政治家が悪いから日本の経済がよくならない
だから、おれの(私の)給料があがらない

会社(社長)の経営が悪いから業績があがらない
だから、おれの(私の)給料があがらない

上司が無能だから能率よく仕事ができない
だから、ストレスで仕事がうまくできない

 

そんなこといってたって
何も変わりはしません。

たとえ○○だから××ないが
事実だったとしてもです。

 

建設的で意味のある思考を選択しましょう。

 

○○だから××ないを 

あなたが自由自在に
コントロールできるとしたら
あなたの人生はどう変わりますか?

 

○○だから××できないのを
あなたの手で変えてみないですか?

 

せどりビジネスは
あなたの不満や悩みを

解決することができます。

 

まずは、うまいいかないのは

“自分の思考の選択に問題がある”って

ことを認識しましょう。

 

そこからせどりは
成功の階段を登り始めることができます。

 

◎まとめ

せどりで成功するためには

・自己流を捨て去ること

・原因を人、環境、社会、時代、
お金、情報、学歴、スキル…の
せいにしないこと

・先に結果を出している人(成功者)の
 言うことをアレンジを加えず
 そのまま行動に移すこと

・自分の思考の選択に気付くこと、
 そしてそれを変えていくことを

決断することをすれば良い!

——————————————————————-

せどりで
あなたの人生、丸ごと変えたくないですか?

僕のメルマガ(ナポレオン通信)や講座では
インターネットページに載せれない情報を
お伝えしています。

 

もしあなたが私のことに興味をもってくれたり、
信頼できると思って頂けたのであれば、
是非ご登録ください。

 

あなたにとって、
ためになる情報をお届けできる自信があります。
(過去の記事なども是非見てください。
勉強になるはずです。)

⇒神田謙一の物販通信はこちら