せどり(転売)でよく質問されることをまとめました。

ぜひ参考にされてください。

*せどり(転売)を始めて、6年が経ち、
現在では、年商3億を突破したせどりの先生こと
神田謙一が質問に答えていきます。

 

この記事の概要

せどりの質問集

Q.せどりで稼ぐのに、情報商材は必要ですか?

A.不要です。せどりブログで書かれている情報で稼ぐことができます。

しかし、その情報で取り組んで稼げないのであれば、
情報商材かせどりのコンサルに投資すべきです。

自分で情報収集して実践して稼げない人は、

自分のインプットや行動に疑いを持った方がいいです。

 

Q.せどりだけで生活はできますか?不安ではないですか?

A.せどりだけの生活はできます。

むしろ、せどりで稼げるようになれば、サラリーマンで働くより
良い生活ができるし、仕事も楽です。

不安については、自分のせどりの知識やスキル次第だと思います。

1つのジャンルや1つの手法などで稼いでいる場合は、

危険です。逆、不安に思っていないとかえってヤバいです。

せどりは需要と供給なので、何かのせどりが流行ったりしたら、
一気に価格競争になりますし商品の取り合いですからね。

不安を抱えたくないのであれば、せどりの知識ややれるカテゴリーや
手法を増やすことです。

 

Q.せどりは、ほんとに儲かるのか?

A.儲からなければ転売のことが話題にならないし、
高額で売ることができません。

 

Q.せどりはネットビジネスですか?
 ネットビジネスは怪しく騙されると聞きますが。

A.せどりはインターネットを使って物販業を行います。

なのでネットビジネスに当てはまります。

ネットビジネスが怪しいと言われるのは、

情報商材を販売する人や煽ってノウハウを売る塾のせいで、
ネットビジネスが悪い訳ではありません。

 

Q.せどりの税金に関してですが、Amazonで販売した場合、
 購入者から預かった税金はAmazonから差し引かれますか?

A.引かれないです。自分で税金を収める必要があります。

年商1000万を超えて年から2年後課税業者扱いになり、
消費税の支払い義務が発生します。

 

Q.せどりは今からやって儲かりますか?

A.せどりは先行者だけが稼げるビジネスではありません。

むしろ平等にチャンスがあるので稼ぎやすいです。

一般的なビジネスは、そのビジネスのシェアなどを奪い、
認知されると圧倒的に有利になるため、

先行者が勝ちますが、せどりはブランディングをして
稼ぐわけではないので、遅い、早いは関係ないです。

ただ、Amazonで出品に関する規制などは、
早く参入するほど、引っかかる商品が少ないので、

その点は、有利になります。

 

Q.転売は違法ではないのですか?

A.違法なのは、チケット転売になります。
その他の転売は法律上、規制に値するものはありません。

なので、違法ではありません。

 

Q.転売すると人から嫌われませんか?

A.あなたの価値観で生きると良いです。

せどり(転売)はお金を稼ぐことの道具で手段です。

他人からの意見や視線を大事に思うのなら、
転売以外のビジネスをして稼ぎましょう。

ただし、転売がもっとも稼ぎやすく手堅いです。

どっちを取るかです。

 

Q.転売ビジネスが嫌われている理由を教えてください。

A.利益を目的に小売店から買い占め、高い価格で販売をするので、
そのお店で安く買いたいお客さんが買えません。

店舗側はお客さんへ還元するために安く販売しているのに、
せどらーが買い占めてしまうので、お客さんへの還元ができません。

これらが嫌われている理由です。

 

Q.メルカリとAmazonではどちらが高く売れますか?

A.商品によりますが、Amazonの方が高く売れることが多いです。

 

Q.せどりで稼いでいる人と稼いでいない人はどっちが多いですか?

A.統計データーのようなものがないし取れないので断言はできませんが、
おそらく、稼げていない人の方が多いと思います。

せどりは稼げるビジネスですが、

やってみてすぐには、稼げる商品を見つけられないですね。

僕自身、せどりを知ってやり始めた当初は、

1日で挫折しこれは全然儲からないと判断しました笑

稼げることが全然見えなかったんですよね。

でも、稼いでいる人を知って、

気を取り直して勉強して本気で実践したら、

すぐに稼げるようになりました。

ここにたどり着くには教えてもらえる人か、
周りに稼いでいる人を事実として知っているかが、

大いに影響があると思いますね。

 

Q.せどりで稼ぐのに、ジャンルは複数した方がいいですか?

A.初心者さんでせどりにこれから取り組まれる方は、まずは、
1つに絞ってやられると良いです。いきなり、複数のジャンルに取り組むと、
相場観を養うのに時間がかかるからです。

1つのジャンルでせどりができるようになったら、
そのジャンルだけでせどりを行うのではなく、

関連するジャンルで広げていきましょう。
売上拡大だけでなく、リスクヘッジにもなります。

 

Q.せどりを始めるのに、古物商は必要でしょうか?

A.新品せどりなら不要です。
中古に関しては、古物商の取得をしていきましょう。

ただし、中古は、副業せどりでは推奨していません。

理由は、検品、清掃で時間を多く取られるからです。

 

Q.せどりで稼ぐのに仕入先はどこがいいですか?

A.せどりは、どこでも稼げますが、最初はチェーンなり、
大手からリサーチされると良いです。

 

Q.せどりで稼ぎやすいジャンルは何ですか?

A.時々で変わります。せどりは需要と供給なので、
せどらーさんが少ないジャンルを選ぶと価格競争になりにくいです。

 

Q.せどりは楽しいですか?

A.稼げるようになると楽しいです。
利益額が大きい商品をせどりできた時、
自分がリサーチした商品を店で見つけれた時は、普通に嬉しいですよ。

稼げなかった時は、しんどかったです。

 

Q.せどりで早くに成功するにはどうしたらいいですか?

A.せどりを人から習って、実践することです。

遠回りや無駄な失敗をしなくて済みます。
知識も余計に学ばずに済むので、早いです。

 

Q.借金があります。せどりはできますか?

A.金額にもよりますが、せどりは仕入れ資金が要るので、
キツイかもしれません。

 

Q.仕入れ資金が少ないです。せどりで稼いでいくことはできますか?

A.クレジットカードがあれば、現金が少なくてもせどりをして
稼いでいくことができます。

クレジットカードの枚数、上限金額多いとやりやすいです。

 

Q.せどりで独立する時の目安ってありますか?

A.せどりの収入が毎月生活にかかるお金を超えたらもう独立されたらいいです。
よく月収100万を超えたらとか言われる方がいますが、

せどりで毎月の生活費を独立の間で突破したら、独立したら、
毎月100万は稼げます。

 

Q.せどりの情報発信者はなぜ無料で情報をばら撒いているのですか?

A.僕自身の場合で言うと、教育したいからです。
何を教育したいかと言うと、会社には頼らずに自分でお金を稼いで、

会社員より豊かに、自由に生きていけるよってことを知らしめたいからです。

そんな人が周りにいたら、もっと早くにビジネスをしていたし、
フラストレーションを抱える社畜生活から早く逃れることができていました。

 

Q.せどりのコンサルの選び方を教えてください。

A.実績(個人とクライアント)、信条、フィーリングで判断されると良いです。

実績がないのはまず論外です。実績は当たり前ですが、高ければ高いほどいいです。

ただし、教えることに意義を持っているのか、真剣に教えてくれるのか、
その熱意や方向性も大事なので判断基準にしてください。

最後は、フィーリングです。誰に教わるかは重要で、
なんとなく価値観や気が合うなーという人を

直感的に選ばれるといいです。

 

Q.Amazonの真贋調査が怖いので、小売店から
新品を取り扱うのは嫌なのですが、実際はどうなのでしょうか?

A.中古も新品も別に関係はないです。

新品は真贋が多い商品を仕入れなければ、新規アカウントでも
特別に恐れる必要はありません。

中古であっても、ものによっては真贋調査が来るので、
中古だから安心という訳ではありません。

 

Q.Amazonのアカウントのバン(垢バン)が怖いです。
もし、されたらどうなりますか?

A.売上金が数週間停止後、在庫が一度に返送されます。
同一住所やIP、名義ではAmazonのアカウントを作れなくなります。

アカウントが削除されてからの対策としては、

仮想サーバーですぐにAmazonアカウントを作り直すことです。

 

Q.せどりで稼げるツールはありますか?

A.残念ながら、市場に出回っているもので稼げるツールはありません。

ただし、価格改定のツールは、市場で出回っているもので
十分に活用できます。

 

Q.オススメのせどりの本はありますか?

A.ないです。ブログの方が情報が濃いです。
ただし、一冊の本の中でせどりの内容が整理されているので、

せどりのことを知りたいという目的であれば、

最速で情報を知れると思います。

 

Q.せどりは何ヶ月で習得できますか?

A.個人差によると思いますし、投資できるかも大いに
影響があります。

1ヶ月、自分でやってみて稼げなければ、
人から習うことをオススメします。

習えば1ヶ月で成果は出せますが、習わなければ、
成果は、1年以上掛かる人もいてます。

あまりに期間が長いとモチベーションも下がり続けることが
大変なので、すぐに決断しましょう。