楽天市場などで仕入れをしていると
楽天ポイントが貯まりますよね。

この楽天ポイントは
日本の国内においてTポイントと並んで
貯まりやすいポイントの一つです。

この楽天ポイントですが
最大限しっかりと獲得できていますか?

 

「買えば勝手にポイントが貯まる」
なんて思っていませんか?

 

楽天ポイントには上限がありますよ。

一定の仕入れを超えると
ポイントをもらえないこともあります。

楽天ポイントは買い方を工夫したり、
タイミングを測って購入することにより

もらえるポイントに大きな差が付きます。

 

しかしその条件がかなり複雑です。

ほとんどの方が最大限
還元してもらえていないでしょう。

楽天ポイントは1ポイント=1円なので、
ポイントをもらい損ねるということは

お金をもらい損ねることと同じです。

本記事では、そんな楽天ポイントを
最大限に獲得する方法と
タイミングについて解説します。

楽天ポイントとは

楽天ポイントは正式名称
「楽天スーパーポイント」
と呼びます。

その名の通り楽天株式会社が
運営するポイントサービスの総称です。

楽天グループのサービスを利用する事で
利用金額に応じたポイントが貯まります。

貯まったポイントは
1ポイント1円として各楽天サービスで
使用することができます。

またポイントの使用は
楽天グループだけではなく、
提携している企業でも使用が可能です。

楽天ポイントと提携している
企業の一例です。

・マクドナルド
・ミスタードーナツ
・出光
・上新電機(ジョーシン)
・サカイ引越センター
・ダイコクドラッグ
・松坂屋

中でもダイコクドラッグや
ジョーシン電機は仕入れで
利用することもあるでしょう。

その時にポイントが
使用できるのはありがたいですね。

 

楽天ポイントの還元は
基本的に買い物額の1%です。

100円の買い物で
1ポイント(1円相当)。

1000000円の買い物で
10000ポイントです。

ですが、この還元率は
あくまで基本です。

 

楽天ではポイントが多く獲得できる
様々なキャンペーンを
常時実施しています。

それらのキャンペーンを利用する事で、
最大55%(後述のスーパーDEALなど)
もの還元も可能です。

極論ですが、100万円分仕入れて
還元率が55%だと55万円分
ポイントが還元される計算になります。

さすがにここまでは無理にしても、
うまく買い物をすることによって
平均で10~15%は難しくありません。

つまり年間で何万円も
還元可能になるのです。

その還元されたポイントで
仕入れを行えばさらに
利益を増やせますね。

 

また、単純に還元されたものを利用する、
という考え方だけではもったいないです。

楽天ポイントの還元は
単純にお金が返ってくる、つまり
キャッシュバックと同じです。

つまり最初からキャッシュバック
される前提で考えることによって、
利益の出ない商品も仕入れ可能です。

 

例えば、還元率30%の商品を
1万円で買った場合。

商品自体を1万円で売ったとしても
楽天ポイントが3000円分入って
くるので利益にすることができます。

手数料を差し引いて8000円の利益で
本来赤字になる場合だとしても
トータルで考えるとプラスになるのです。

このように、普段仕入れられない商品も、
【楽天ポイント=お金】と考えれば
仕入れが可能です。

仕入れの幅が
非常に増えることになります。

様々なキャンペーンやイベントにより、
高還元で獲得しやすい楽天ポイント。

ですが、効率よくもらうためには
様々な条件や注意点があります。

その仕組みを理解することによって
最大数十%もの還元も可能になります。

楽天ポイントの注意点

楽天ポイントには
いくつかの注意点があります。

ここを押さえておかないと
せっかく獲得したポイントが
なくなってしまいます。

また、もらえるはずのポイントが
もらえなくなる場合もあります。

〇楽天ポイント使用期限

まず、楽天ポイントの使用期限です。

通常の楽天ポイントは
最終獲得日より

1年間で消失します。

 

ですが、1年の間に
ポイントの獲得があれば
期限は1年間延長されます。

1年以内に1ポイントでも
獲得すればいいので、
ほぼ無期限と考えていいでしょう。

 

ただし、楽天ポイントには
上記の通常ポイントのほかに

【期間限定ポイント】があります。

こちらはその名の通り
使用期限が決まっているポイントで、
延長はされません。

 

期限は獲得した
キャンペーンによって違います。

期間限定ポイントがある場合は
こまめに確認して
失効しない様注意しましょう。

〇楽天ポイント取得上限

楽天ポイントの『保有』には
上限はありませんが、

『1カ月の取得』には上限があります。

 

1日から月末までの間に
獲得できるポイントに
上限があるのです。

この上限は
楽天会員ランクによって違います。

・ダイヤモンド→15000ポイント
・プラチナ→12000ポイント
・ゴールド→9000ポイント
・シルバー→7000ポイント
・その他→5000ポイント

シルバー会員なら
1カ月に7000ポイントまで。

これ以上はいくら買い物をしても
ポイントはもらえません。
(スーパーDEALなどを除く)

ダイヤモンド会員になって、
どんなに大量に買い物をしても、

1カ月に
15000ポイント以上獲得できません。

楽天市場で150万円以上の
買い物をした場合、150万円までの
ポイントしかもらえません。

 

会員ランクは楽天サービスの
利用に応じて決まります。

仕入れで定期的に楽天市場を利用
しているならダイヤモンド会員に
なるのは難しくありません。

日用品を買っているだけでも
意外とすぐにプラチナや
ダイヤモンド会員にはなれるでしょう。

 

キャンペーンによっても、
もらえるポイントに上限があります。

後程詳しく個別解説しますが、
このキャンペーン獲得上限にも
注意しましょう。

 

〇ポイント利用上限

楽天ポイントは現金のように
1ポイント1円計算で使用できます。

ですが、1回の買い物に使える
ポイントに上限があります。

楽天市場での利用が
1回に付き30000ポイントまで。

実店舗での利用は
1回に付き5000ポイントまでです。

 

ポイントを使って仕入れる際
などには注意しましょう。

 

楽天ポイントの基本的な貯め方

楽天ポイントの
基本的な貯め方を解説します。

 

〇楽天カードを作る

まず、効率よく楽天ポイントを
貯めるなら『楽天カード』の
作成は必須です。

作らない理由がありません。

楽天カードは入会費、
年会費が永年無料。

【流通系】と呼ばれるクレジットカード
なので審査も緩く主婦やフリーター含め、
ほとんどの方が作ることができます。

選べるクレジットブランドは
以下の3つ。

・VISA
・JCB
・master card

この楽天カードを作ると、後日
5000ポイント~8000ポイントが
付与されます。

 

キャンペーン時期によって
ポイントは違います。

〇楽天カードを使う

作成した楽天カードを
使用することによって
楽天ポイントが貯まります。

通常のクレジットカードとしての
利用で楽天ポイント1%還元です。

 

この還元率は
他のクレジットカードと比べても
比較的高い還元率です。

加盟店や楽天市場で
楽天カードを使って買い物をすると
いつでも3%還元。

 

そのほか、
特定の店舗でカードを利用すると
2~5%還元です。
(時期によって店舗が異なる)

また、楽天市場での買い物の際、
楽天市場アプリ経由で購入する事で
さらに1%プラス。

 

つまり楽天クレジットを持っていると、
普通に買い物するだけでも

・基本の還元率1%
・楽天市場や加盟店利用で3%
・特定の店舗で2~5%
・アプリの楽天市場で買い物をすると4%

このように他のクレジットカードを
何倍も上回る還元率を
獲得することが可能です。

 

楽天市場で仕入れをしている人は
アプリ経由で普通に買い物するだけで
常にポイント還元率4%です。

100万円分買うと
4万円も返ってきます。

4%は非常に大きいですね。

 

倍率を上げる方法

基本、上記で説明したように
楽天カード+楽天市場アプリ利用で
4%は還元されます。

ここからさらに下記で説明する
SPUと併用することで
還元率がアップします。

 

楽天のメリット、
強みはこれにあるといっても
過言ではありません。

SPUプログラムとは、
「スーパーポイントアッププログラム」
の略です。

これは楽天の各種サービスを利用する
などの条件を満たすとその月の
還元率がアップするシステムです。

先ほどの「楽天カード利用で+2%」
「楽天市場利用で+1%」も
このSPUに含まれています。

全ての条件を満たすことにより、
最大13倍。

つまりその月の楽天市場での
買い物代金が
13%ポイント還元されるのです。

そんなお得な
SPUの条件は以下通りです。

・通常購入1%(通常利用)
・楽天カード利用で2%
・楽天市場アプリ利用で1%
・楽天プレミアム楽天ゴールドカード利用で2%
・楽天モバイル契約利用で2%
・楽天トラベル利用で1%
・楽天ブックス又は楽天KOBO利用で1%
・楽天ブランドアベニュー利用で1%
・楽天TVのNBA,もしくはパリーグスペシャル契約で1%
・楽天ビューティー利用で1%

引用:楽天公式

上記のプログラムを
全て満たすと13%です。

 

各プログラムには条件
(○○円以上利用など)が
ありますので注意してください。

このSPUでもらえるポイント上限は
先ほどの会員ランク別
獲得上限に準じます。

・ダイヤモンド→15000ポイント
・プラチナ→12000ポイント
・ゴールド→9000ポイント
・シルバー→7000ポイント
・その他→5000ポイント

こちらにも注意が必要です。

倍率を上げる仕入れタイミング

条件を満たして還元率を上げるSPUの
他にも、ポイント還元率をアップさせる
【タイミング】があります。

ここではそんなポイントを
アップさせるキャンペーンや
セールを解説します。

〇通常還元

楽天の各ショップでは
楽天のセールなどとは関係なく、
個別にポイント還元を行っています。

期間や還元率などは様々ですが、
最大で19%還元を行っている
ショップもあります。

 

タイミングは
ショップによって違います。

もし仕入れたい商品があれば
買い物かごに入れてキープしておいて、
還元が始まったら買うのもいいでしょう。

各ショップが行う還元は
ポイントに上限がないので
気にせずガンガン仕入れてください。

 

〇スーパーDEAL

楽天スーパーDEALとは、
毎日10時に更新される
楽天市場の高還元セールです。

毎日様々な商品が販売され、
そのどれもが10%以上のポイントバック
というお得なセールです。

中には50%、55%という半額以上
ポイント還元される商品もあり、
せどらーの仕入れとしても有用です。

 

しかも還元されるポイントは
期間限定ポイントではなく
通常ポイントで還元。

さらに獲得ポイントの
上限はありません。

先の説明した会員ランクによる
ポイント上限の対象外です。

でないと高額商品買っても
ポイント還元されなくなって
しまいますからね。

 

毎日商品は入れ替わるので、
毎日覗いてみてもいいでしょう。

ただし、ポイント還元分を加味しても
安くない商品もあるので
リサーチはしっかりと。

〇5と0の付く日

毎月【0】と【5】の付く日に
楽天市場で商品を購入すると通常の
ポイント還元からさらに+2%です。

5.10.15.20.25.30の
6日間ですね。

 

この日、楽天市場で買い物をすると
通常もらえるポイントに
上乗せで2%還元されます

先ほどのSPUと併用可能なので、
単純に2%増えると考えてください。

ただ1点だけ注意してほしいのが、
【エントリー】が必要な点です。

 

5と0の付く日になったら
楽天カードのアプリやホームページに
ログインしましょう。

そこでキャンペーンにエントリー
してから楽天市場で
買い物をしてください。

エントリーし忘れると
ポイントはつきません。

〇お買い物マラソン

お買い物マラソンは
定期的に開催される
イベントです。

大体1カ月に1回、
約1週間という期間で行われます。

 

このイベントは各ショップを
【買い回り】することでポイントの
還元率がアップします。

一つの店舗で1000円以上
買い物をすると
1%加算される仕組みです。

最大10%まで
加算することができます。

 

例えば楽天市場内のショップAと
ショップBでそれぞれ
買い物をしたとします。

通常であれば還元されるポイントは
Aで1%、Bで1%ですよね。

ですが、お買い物マラソン期間中は
2店舗買い回りするとAとB両方の
買い物に2%ポイント還元されます。

 

5店舗で買い物をした場合は
すべての商品に対して5%還元。

これが10店舗なら
10店舗すべての買い物に対して
10%のポイントが還元されます。

また、楽天市場の各ショップだけでなく
以下の楽天サービスでも
1店舗としてカウントされます

・楽天ブックス
・楽天KOBO
・楽天デリバリー
・楽天ペイ
・楽天ミュージック

ただし、これらのサービスは
【1店舗扱い】です。

何回買っても1店舗と
カウントされる点に
注意してください。

このイベントのすごい所は
SPUやショップ還元セールなどと
併用ができる点です。

最近では理論上最大40%以上もの
ポイント還元が可能です。

例えば、ポイント18%還元セール中の
店舗を含めた全10店舗で商品を購入。

すると【お買い物マラソン10%還元】
【ショップ還元18%】で28%還元

さらに【SPUの13%】の条件を
満たしていると合計で41%です。

ちなみに2018年5月は
最大41%還元でした。

このような高還元も
理論上可能です。

ただし、以下の点には
注意してください。

・1000円以上買い物すること
・獲得上限は10000ポイント
・期間限定ポイント

上限に関してはあくまで
お買い物マラソンで還元される
ポイント(10%)の上限です。

 

ショップ個別ポイントや
SPUによるポイント上限とは別です。

またもらえるポイントは
期間限定ポイントなので付与されたら
期間に注意しましょう。

 

追記:

お買い物マラソンでの獲得の上限は
10000ポイントになりますが、

最大10%のうちの1%は
通常ポイントになるので、

ダイヤモンド会員の場合、
15000ポイントに割り振られます。

 

ですので、10店舗で購入した場合の
ポイントの上限に対しての
仕入れ額は11万1111円が上限になります。

10万だと9%になるので
9000ポイントになるので
まだ仕入れができるのです。

〇そのほか各種キャンぺーン

楽天市場ではなく、楽天カードでも
ポイントがもらえる
キャンペーンをやっています。

そのうちの一つが
先ほど紹介した
0と5の付く日の利用です。

他にも様々なキャンペーンが
実施されています。

・楽天カードで買い物をする
・楽天カードで公共料金を支払う
・楽天カードで携帯電話料金を引き落とす
・支払いをリボ払いにする

楽天カードを使用したり、
そのほか楽天のサービスに
登録するといった条件を満たす。

それによってポイントが
もらえる仕組みになっています。

 

やり方は楽天カードのアプリや
WEBサイトから各キャンペーン
ページに行きます。

そこで【エントリー】を
押して準備完了。

その後、各キャンペーンの
条件を満たすだけです。

エントリーしないとポイントが入らない
点と、キャンペーンによっては条件が
かなり複雑な点に注意しましょう。

 

楽天ポイント有効活用法

貯まった楽天ポイントは
有効活用しましょう。

意外と使い道は沢山あります。

 

自分の生活の足しにしてもいいですし、
仕入れに使って
利益にしてもいいでしょう。

ここでは楽天ポイントの
使い道について解説します。

楽天ポイントの
使い道は以下の通りです。

・楽天市場で買い物をする
・加盟店で使用する
・Edyなどに換える
・ギフト券に換える

 

楽天市場や楽天グループのサービスに
使用するのが一番簡単です。

仕入れの元手にしたり、
期間限定ポイントのみを使って
送料の支払いに使ったり。

 

楽天市場で定期的に仕入れている方なら
特に問題なく使えるでしょう。

少量の期間限定ポイントのみなら、
楽天ペイアプリやEdyに換えて
コンビニなどで使用してもいいでしょう。

 

大量に貯まって来たら
楽天市場で各種ギフトカードに
換えてしまうのもおすすめです。

JCBギフトカードやジェフグルメカード
に換えてしまえば使い道は幅広いですし、
有効期限もありません。

特に
JCBギフトカードはお勧めです。

 

1回に付き30000ポイント、
もしくは5000ポイントまでしか
使えないという制限もなくなります。

大きな買い物する際には
ギフトカードが役に立ちます。

放っておいて失効させるくらいなら
早めにギフトカードに
換えてしまいましょう。

 

〆まとめ

楽天ポイントはただもらうだけなら
難しくありません。

しかし効率よくもらおうとしたり、
最大限もらおうとすると
かなり複雑です。

 

仕組みを理解し、適切なタイミングで
買い物をすることによって
大きく得をすることが可能です。

 

楽天メインで仕入れをしている人などは
年間数万円以上差が付く場合もあります。

同じお金を出すなら
1円でも多く戻ってきた方が
いいに決まっていますよね。

そんなときにこの記事を参考にして
是非1円でも多く
還元してもらいましょう。