Amazonせどり(転売)をやっていると、
販売した商品をお客さんから返品されることがありますが、

返品理由って返送される前に確認していますか?

Amazonはお客さんが言うことを疑うことなく、
商品をろくに確認もせず、返品受付をします。

 

なので、返品された商品の中には、

お客さん都合による身勝手な返品が多々あります。

そのような商品を一度返送されてから状態を確認しては、
Amazonに連絡すると、時間もかかるし、

問題がなかった場合には、無駄に返送料を取られます。

なので、返送される前に返品された理由を確認して
対処するのがベストです。

今回は、返送される前に返品理由を調べる方法について
解説します。

 

返品された理由とその商品名を確認する方法

Amazonセラーセントラルにログインします。

レポートを押しフルフィルメントを押します。

 

 

 

返品レポートを押します。

 

 

レポート期間を押して、返品された日のデーターに
遡って調べます。

 

 

レポート期間でおおおその過去の経過日を遡ったら、
レポートの生成を押します。

返品レポートの詳細データーが現れるので、

商品名と合わせて、右端にある、購入者の返品理由で
確認することができます。

リンク付きになっているものについては、
返品理由をより詳細に知ることができます。

 

 

返品理由を確認し、明らかにお客さん都合で
おかしいものがあれば、

返送手続きを行う前に、Amazonに連絡を入れましょう。

 

返品された商品をAmazonに補填してもらうには?

返品された商品で、お客さんに明らかに落ち度がある場合や、
返品された理由が嘘である場合は、

Amazonに連絡をすれば、補填してもらえる場合があります。

なので、返品理由とともに、商品をしっかりチェックしましょう。

 

商品に問題がなく、お客さんに過失がある場合、

Amazonと何度も交渉すれば、補填をさせることができます。

何度も?に疑問を持たれた方もいるかと思いますが、

Amazonではお客さんを一番に大事にしているので、
出品者の言葉より、お客さんの言葉を優先させます。

なので、お客さんが問題あると言えば、
お客さんの言葉を信用して対処されます。

ですから、1度、Amazonに連絡したり話したりしただけでは、

テンプレートで対応され、こちらの要望を聞き入れて
もらえません。

なので、何度もAmazonに連絡して対処してもらわないと
いけません。

手間が非常にかかるし無駄に時間が取られるので、

この話し合いをする場合は、返品されたことによって
マイナスになる金額が大きい場合のみに行いましょう。

 

その他、補填してもらえるのは、すり替え詐欺にあった場合です。

こちらは証拠があり証明さえできれば、
すぐに補填対応をしてもらえます。

商品画像として、証拠があれば、
すり替え詐欺にあっても補填してもらえることができます。

なので、高額な商品をFBA納品で販売する場合は、
写真を撮っておいたり、シリアルナンバーを控えたりして、

すり替え詐欺にあった場合にわかるようにすることを
オススメします。

 

返品されないようにするには?

まず、返品される大まかな理由を頭に入れましょう。

1.商品の不良

2.お客さんによる間違い購入

3.詐欺&嫌がらせ

 

これらの返品の対して適切に処理すれば、

返品されるリスクを軽減できます。解説します。

 

1.商品の不良

商品に不良があれば、返品されて当然と思っているようではいけません。

お客さんは何も悪くありませんが、
別に出品者に返品しないといけない訳でもありません。

なので、商品の不良は、メーカーに対処してもらうように言うと、
返品率が下がります。

出品者情報に商品不良の対応については、

メーカーへ連絡してもらうことを書いておくことや、

プライスターなどのツールを使われている方は、
サンクスメールを利用して、

同じようにメーカー対応してもらう旨を伝えておけば、

こちらに電話がかかってくることや、勝手に返品されることは
少なくなります。

 

2.お客さんによる間違い購入

1.で対応したように、

気軽に返品されないように、出品者情報やサンクスメールで、
間違いによる購入は、送料をいただくことを書いておくと、

諦めてもらえる人もいて返品率が下がります。

 

3.詐欺&嫌がらせ

詐欺や嫌がらせに関しても、同様に、

それを簡単にできないように、脅し文句や警告文句を
出品者情報やサンクスメール、あるいは出品者コンディションに
書いておくと、

抑止効果になります。

例としては、

・すり替え詐欺を行われた場合、警察に連絡し厳粛に対応させていただきます。
・シリアルナンバーを独自に作成し商品管理しています。

のようなメッセージを入れておくと、敬遠されるので、
詐欺や嫌がらせに合わなくなります。

 

Amazonが規定する返品のポリシー

Amazon FBA商品の返品交換の条件

書籍

本の帯の損傷や帯がないことによる理由での交換は承りません。
雑誌はお客様都合による返品・交換を承りません。

DVD・CD

CDまたはDVDのケースのみに損傷がある商品は、交換用のケースをお送りします

(マキシシングル、2枚組のケース、その他特殊なケースの場合、
または商品自体に損傷がある場合は商品の返品・交換を承ります)。

パソコン・周辺機器、TVゲーム

標準ソフトウェア以外のソフトウェアをインストールした商品、
およびそれに起因して不具合が生じた商品は返品・交換を承りません。

ホーム&キッチン

金庫は返品・交換を承りません。

植物

お客様都合による返品・交換は承りません。

ペット用品

生き物、ペット用の飲食物およびサプリメントはお客様都合による返品・交換を承りません。

ドラッグストア・ビューティー

医薬品、医薬部外品、化粧品、サプリメント、医療機器はお客様都合による返品・交換を承りません。

食品・飲料・お酒

お客様都合による返品・交換は承りません。

服&ファッション小物、シューズ&バッグ

試着した商品を返品した場合、配送料・手数料および
ギフトラッピング料を除いた商品代金(税込)および国内返送料を返金します
(配送料・手数料およびギフトラッピング料は返金しません。
また、別途記載がある一部商品の返送料はお客様負担となります)。

試着は室内で、商品タグをつけたまま行ってください。

返品の際は、元の梱包に入れ、商品タグをつけた状態でご返送ください。
また、かぶって着るタイプの商品はスカーフなどで顔と頭を覆ってご試着ください。
水着や下着はお客様ご自身の下着を着用のうえご試着ください。
シューズは靴下やストッキングなどを着用のうえご試着ください。
使用済み商品の返品・交換は承りません。下記については使用済みとみなされます。

試着では発生し得ない消耗やダメージ(しわ、ソールの汚れ、ソールの傷など)があるもの。
香水やたばこなどの匂い、ファンデーションなどの化粧汚れが付着したもの。

The Dropの受注生産品を返送する場合、返送料はお客様負担となります。また、商品の交換は承っておりません。

腕時計、ジュエリー

試着した商品を返品した場合、価格が30万円(税込)未満の場合に限り、
配送料・手数料およびギフトラッピング料を除いた商品代金(税込)および国内返送料を返金します
(配送料・手数料およびギフトラッピング料は返金しません)。同一商品との交換は承りませんが、
一部商品については、色違いまたはサイズ違い、別商品との交換が可能な場合があります。

価格が30万円(税込)以上の腕時計およびジュエリーは、
初期不良の場合を除き返品・交換を承りません。

価格が30万円(税込)以上の腕時計およびジュエリーついては、
本ページの「高額商品」、並行輸入品の腕時計およびジュエリーについては本ページの「並行輸入品」もご覧ください。
商品に触れる際は、汚れやさびを防ぐため手袋を着用してください

また、試着する際は手袋に加え、着用部分(手首や首など)をスカーフやハンカチ等で巻いていただき、
商品が直接肌に当たらないようにしてください。
腕時計を試着する際は、商品を起動せずに附属物(商品タグ、保護シール、電池シートなど)は
付けたままの状態で行ってください。バンドは留めず、バンドの加工やコマ詰めなどを行わないでください。
使用済み商品の返品・交換は承りません。下記については使用済みとみなされます。
電池シートを外したもの、充電したもの(電池式腕時計やスマートウォッチなど)。
腕時計を着用後に不具合があった場合、まずは保証書記載のメーカー等まで直接お問い合わせて保証サービスの内容をご確認ください。
商品に内蔵された電池についてはモニター電池であり、商品代金には含まれません。電池切れの場合は、まずは各メーカーへ直接お問い合わせください。

DIY・工具

材木、大型の木製建築資材、発動機付き商品(芝刈り機、刈り払い機など)は
お客様都合による返品・交換は承りません。
トイレ、洗面化粧台、システムキッチン、ドアはお客様都合による返品・交換を承りません。

スポーツ&アウトドア

スポーツウエア(水着を含む)、スポーツシューズ、スポーツバッグに該当する商品には
「服&ファッション小物、シューズ&バッグストア」と同一の条件が適用されます。
自転車は、防犯登録を解除してから返送してください。

カー・バイク用品

原動機付き自転車、自動二輪車はお客様都合による返品・交換を承りません。
カーバッテリー、バイクバッテリーはお客様都合による返品・交換を承りません。

Amazonギフト券

返品・交換は承りません。
イベントチケット、サービスチケット、プリペイドカードその他プリペイド式商品
返品・交換は承りません。

高額商品

高額商品とはAmazon.co.jp が発送する30万円(税込)以上の商品です。
お客様都合による返品は未使用・未開封の場合のみ承ります。理由・状態にかかわらず交換は承りません。
腕時計およびジュエリーの高額商品は、初期不良の場合に限り返品・交換を承ります。それ以外の理由による返品・交換は承りません。
高額商品のため、返品手続き後の返送時には、必ず保険付きで追跡可能な配送方法をご利用ください。オ
お客様都合により未使用・未開封商品を返品する場合、返送料に加え、運送保険料をご負担いただきます。

並行輸入品

価格が30万円(税込)未満の腕時計およびジュエリーのみ、在庫がある場合は交換を承ります。
保証期間内であれば国際保証書にある規定に従って、Amazon.co.jp が指定するサービス会社での保証適用修理が受けられます。

修理のお申込方法は商品に同梱されている手引きをご覧ください。

なお、商品の使用による外装の傷や破損の補修などは有償サービスとなりますのでご注意ください。
腕時計およびジュエリーの並行輸入品の返品については、腕時計、ジュエリーもご覧ください。

 

Amazon.co.jpが発送する商品の返品・交換の条件

Amazon.co.jpが発送する商品の基本となる返品・交換の条件は下記のとおりです。

商品が到着後30日以内に返品・交換を完了してください。

30日を過ぎると返金額が20%減額されます。

なお、出品者が販売し、Amazon.co.jpが発送する商品については、交換を承っておりません。

商品によっては独自の条件を設けている場合があります。

お客様都合の返品・交換
未使用かつ未開封の場合: 商品代金(税込)を全額返金します。
開封済みの場合: 商品代金(税込)の50%を返金します。
開封状態にかかわらず、配送料・手数料およびギフトラッピング料を返金いたしません。

また、返送料は個別に例外を示す場合を除きお客様のご負担となります。

服&ファッション小物、シューズ&バッグ、30万円(税込)未満の腕時計およびジュエリーは試着後の返品が可能です。

 

以下に該当する場合は、開封済みとみなされます。

メーカー既成の梱包を開封してある、または破損している
商品を意図的に破損させるような再梱包がしてある
商品タグが外されている
部品のビニール包装が開封されている
ケーブルを固定するワイヤーなどが外されている
その他、商品自体に使用された形跡がある
トラブルや不具合による返品・交換
商品代金(税込)、配送料・手数料およびギフトラッピング料を全額返金または同一商品と交換します。
返送方法について
返品・交換のための返送料がお客様負担の場合、商品は元払いでご返送ください。 返品・交換のための返送料がAmazon.co.jp負担の場合、商品は着払いでご返送ください。

着払いでの返送には、日本郵便株式会社、ヤマト運輸株式会社、又は佐川急便株式会社のいずれかが提供する配送サービスのみをご利用いただけます。

それ以外の配送業者により着払いで返送された場合、Amazon.co.jpは当該商品を受領せず、再度お客様に着払いでご返送いたします。

元払いでの返送が必要な商品を着払いで返送した場合は、返金額から返送料が差し引かれます。

 

返品・交換を承らないケース

返品・交換を承らないケースを下記に記載します。

下記のケースでは、理由にかかわらず返品・交換を承りません。

受注生産品、特注制作品、刻字入り商品、およびサイズお直し品
メーカー既成の外装で配送した商品を返送するときに外装がない場合や、外装のみに損傷がある場合
メーカー既成の外装に直接出荷伝票が貼られているという理由の返品
商品詳細ページに返品や交換ができない旨の記載がある商品
下記のケースでは、理由にかかわらず交換を承りません。

代金引換で注文された商品
下記のケースでは、お客様都合による返品・交換を承りません。

使用済みまたは開封済みの消耗品
メーカーが初期不良と認定していない場合(液晶パネルのズレ、ドット抜け、使用後の外観の傷など)
拡張機器の増設や、パーツの取り替え、商品自体を改造、調整した商品
お客様のご要請でメーカーから鑑定書・鑑別書の発行を受けている商品
車用タイヤ・ホイールセット
リチウム電池、およびそれを内蔵する商品 (中国からの返品の場合、返品のための輸出が法令等により制限されているため、お客様都合による返品・交換は承りません。)
返品のお手続きは注文履歴で承っています。Amazon.co.jpが発送した商品とは異なる商品を返品された場合はAmazon.co.jpの裁量で当該商品を廃棄することがございます。

注: 商品の仕様や修理の依頼については、保証書または取扱説明書に記載のメーカーへご連絡ください。

 

〆まとめ

Amazonでの返品は、極力されないように、
できる限り事前に予防できる対策を取りましょう。

返品されたものについては、返送前に返品理由を確認し、

おかしいものがあれば、Amazonに一報を入れて
対象してもらえるように願いましょう。