Amazonせどりを始める時に、
店舗名の登録が必要になりますが

 

早くアカウントを作って
せどりを始めたいから

なんとなくで店舗名をつけて…

それから、ずっと、
同じ店名のままではないですか?

 

 

これ、凄く損なことをしています。

 

店舗名が売り上げに影響を
与えていることを知っていますか?

 

今回はなぜ店舗名が売上に影響があるのか
また売れる店舗名とはどんな名前なのかを
解説していきます。

 

Amazonで登録した店舗名はどこに表示される?

店舗名はAmazonのトップページと
出品者一覧で表示がされます。

Amazonトップページ

Amazonトップページで
カート制ではなくなっていた場合は
以下のようになります。

 

 

この場合、金額の横の「新品の出品」か
「中古品の出品」あるいは
右上の「新品/中古品の出品」を見るを

押さないと購入画面に進んでいけません。

右上の「新品/中古品の出品」を押すとこうなります。

ここで店舗名が表記されます。

今、解説したこの2パターンで店名は表記されます。

 

Amazonの店舗名は売り上げに直結する

店舗名は
お客さんが商品を購入しようとする時に
目にします。

店舗名のところを意識的に見るのは
自分が買いたい商品が

誰が販売者で配送してくれるのかが
気になるからです。

 

私自身、Amazonのことをあまり知らずに
一お客として商品を購入していた頃は
特別気にはしていませんでしたが

この商売を始めてから
Amazon以外にも多くの出品者がいることを知り、

それが大手業者ではなく、
転売屋さんがたくさんいることを
知ってからは

必ず商品を購入する前に
確認するようになりました。

 

それはなぜかと言うと

自分が購入する商品が
ちゃんとしたものなのかどうか
安心したかったからです。

商品を購入した後に初期不良なり
何か問題があったときに

返品対応なり適切な処理をしてくれるかが
心配だったからです。

 

今や転売屋さんが多いことは
一般のお客さんも知っているでしょう。

だからこそ、Amazon本店以外で購入する際は
店舗を見て商品を購入したいと考えている方が
多いはずです。

 

そういう訳で商品を購入する時に
店舗名や評価数や評価率を
確認するわけですが、

名前がパッとしない店舗は
大概、評価数や評価率が悪いことが多いです。

 

それはなぜかと言うと、
お客さんの目線が販売者にないからです。

お客さんが商品を購入する過程で
どのように感じ選択をしているかということを
知らないからです。

 

購入者は商品を最終カートに入れ決済するまでに
どのくらい店舗名を見ているのか?と言うと

価格の次に、
店舗名を見ると言われています。
(新品の場合、中古の場合はコンディションの状態と
同じ位の優先順位になります。)

 

購入者はどのように購入先を決めているのか
実際に商品を購入することを想定して
その流れを見ていきましょう。

 

購入しようとしている商品が
同程度の価格帯でいくつかあり

評価などに大差がなければ
販売店によって購入を決めませんか?

 

例えば、ネットで書籍を買う場合、

店名が
◯◯書店と○○化粧品店
の出品があったとします。

あなたならどちらから買いますか?

 

多くの人は
○○書店から買おうとするでしょう。

本を購入するのにあたって
畑違いの店から商品を購入するのは
違和感があります。

これが実店舗であったら商品や店員さんを見て
購入ができるので不安は解消することができますが
ネットではそれができません。

 

だから、ネット物販では
購入者に安心感を与えること
が重要なのです。

 

何屋さんだかわからない…
明らかに個人出品だけれど大丈夫?
では購入を敬遠されてしまいます。

 

Amazonで売れる店舗名とは?

 

店舗名で売り上げが変わるとなれば、
真剣に店舗名を考える必要があります。

しかし、
どんなイメージがいいのか?
何か入れた方がいいのか?

ここでは
いくつかポイントを挙げていきます。

 

 

重要なのは購入者に安心感を与えることです。

ネットショッピングに
不安感を抱いている人もいます。

購入者から選ばれる店舗に
必要なのは安心感です。

「安心感を与える店舗名」を
意識しながら店舗名を決めましょう。

 

Amazonの店舗名の制限事項を知っておこう

Amazonでは
店舗名に制限事項があります。

まずは、
この制限事項をしっかり理解してから
店舗名決めを始めましょう。

 

1.重複していない出品者固有のニックネーム
 または店舗名を登録すること

2.「Amazon」やその他のドメイン名を
 含んだ名前は登録しないこと

3.「_」または「_」以外の特殊記号を登録しないこと

4.猥褻かつ不敬な言葉を含む
 攻撃的な名前を登録しないこと

5.第三者の商標(「AMAZON」、「AMAZON.CO.JP」、
 「アマゾン」等の商標を含みますが、これらに限りません。)を
 含んだ名前は登録しないこと

6.「アマゾン店」、「@Amazon」、「@アマゾン」等を
 含んだ名前は登録しないこと

 

Amazonの店舗名を変更する

 

既に店舗名が登録済みの場合も
「セラーセントラル」から変更すること
ができます。

「セラーセントラル」画面の
「設定」をクリックします。

「出品用アカウント情報」の画面の
「出品者のプロフィール」を
クリックします。

 

 

「出品者の情報」画面が表示されます。

 

「表示名(店舗名)」に現在の店舗名が
表示されています。

「表示名(店舗名)」の右側にある□に
チェックを入れて
店舗名を変えましょう。

 

あとは保存を押せば店舗名の変更が完了です。

Amazonに変更内容が
反映されるまでには少し時間がかかります。

時間をおいてから
再度確認してみてください。

 

〆まとめ

せどりの店名は
IDや個人名を店舗名にすると
購入者に不安感を与えてしまいます。

安心感を与える、お店らしい名前をつけましょう。

 

また取り扱う商品によって店舗名を考えましょう。

本のせどりがメインであれば
本屋さんをイメージさせる店名が良いですし

オールジャンルでせどりをされるのなら
専門店をイメージさせる名前は使用せずに
オールジャンルに融通が効く名前にしましょう。

お客さんに違和感を感じさせないことが大事です。

 

さらに、売れる店舗名のコツを言うと、

アピールしたいポイントを店舗名に入れることです。

・発送に関する情報
(発送の日にちが早いことをアピール)

・保証に関する情報
(返品保証、在庫切れがないことをアピール)

・送料、割引や値引等があること
(送料が無料であること、
複数購入すると割引があることをアピール)

 

このようなお客さんが気にされていることや
お得な情報、安心となる情報を付け加えると

他の店舗とより差別化でき
自店から商品を購入することを
選ばれるようになります。

 

ぜひこれらの内容を踏まえて
売れる店名を考えてみてくださいね。