せどりと言えばAmazonです。
私もAmazonをメインにせどりをしています。

 

最大効率で稼ぐなら
断然Amazonです。

 

しかしせどりと言うのは
人によってやり方が全く異なります。

仕入れ先も違いますし
販売先も違います。

 

なかには他の販売先のほうが稼げるよ
と言う方もいます。

 

それで迷っている方も
多いのではないでしょうか?

本記事ではなぜ私が
Amazonせどりをしているのか

他の販売先とどう違うのか
解説します。

 

なぜAmazonなのか

私がAmazonを利用する
理由はたくさんあります。

 

そのすべてが利益率や
回転率に直結する要素です。

 

一つ一つ解説していきます。

・FBA
まず、Amazonを語る上で
欠かせないのがこのFBA。

 

フィルフィラメントバイアマゾンの略で
Amazonが【全ての業務】を
代行してくれます。

 

全ての業務と言うのは
誇張でもなんでもなく、

商品の保管から販売、梱包、発送、集金
と言った販売に必要なすべての作業です。

 

せどりにをやる上で非常に面倒な
実働作業をすべて行ってくれます。

 

その代わりAmazonに一定の
手数料を支払う必要はありますが、

それを差し引いてもこのFBAを
利用できるメリットは非常に大きいです。

 

他のサイトを利用した場合、
商品を売るために商品説明を書いたり

写真を撮ったり、お客様からの質問に
答えないといけません。

 

売れてからも大変です。

 

お客様が不快に思わない
丁寧な梱包をしないといけませんし、

それを運送業者に
持ち込まないといけません。

 

この作業と言うのは
思った以上に時間を取られます。

 

この煩わしい作業全てを
Amazonがやってくれるのです。

 

在庫を家に置く必要がなく
出品作業をする必要がなく
販売する必要がなく
お客さん対応をすることなく

 

仕入れに集中するだけです。

 

仕入れて、Amazonに送って
売ってもらうだけです。

 

せどりは商品の回転率が
利益に直結します。

できるだけ多く仕入れて
売らないといけません。

 

このFBAを利用すると
他のサイトの何倍、何十倍も
作業効率が良くなります。

 

・Amazonブランド
Amazonは全世界で利用されている
巨大モールです。
利用者数は圧倒的世界一位。

 

もちろん日本での利用者数も
一位です。

 

Amazonで販売することで
その知名度と集客数を
借りることができます。

 

Amazonで販売すれば
お客様は【Amazonから買える】
という安心感があります。

 

集客率は言うまでもないですね。

全世界のユーザーが
販売された商品を見てくれます。

たくさんの方が
安心して商品を買える。

商品を売るのにこれ以上の
好条件はないと思います。

 

他の販売先との比較

では実際に他の販売先と
比較してみます。

他のサイトと比較することで
Amazonのメリットが
さらに理解できると思います。

 

もちろん他のサイトのメリットも
併せて比較します。

 

・ヤフオク
知らない人はいない
有名オークションサイトです。

メリットはユーザー数が多いことと
なんでも売れることです。

 

中にはジャンクやガラクタでも
良い値が付いたりします。

 

他にも商品のオリジナリティが出せる、
意外な高値が付くことがある
などさすがは老舗サイトです。

 

Amazonと比較した場合、
ヤフオクはやはり非常に面倒です。

写真撮って、商品説明書いて
値段設定して出品。

 

お客様からの質問に答えて
売れたら梱包。

 

運送会社にもっていって
配送したあと

届いたかどうかを気にして
届いたら評価して。

商品管理に
非常に手間がかかります。

 

Amazonなら
【Amazonに商品を送る】
これだけで済みます。

 

Amazonより優れている点は
オークションなので

自分が思った以上の金額で
売れる場合があることです

 

・メルカリ
今現在最も勢いのある
販売先の一つであるメルカリ。

メリットはとにかく流動性が高いこと。
それなりの価格で出せば
出した瞬間すぐに売れていきます。

 

また、いい意味で素人の方が多いので
相場をきちんと調べない方が多く

高値で出しても買ってもらえる
場合があります。

 

Amazonと比較すると
ヤフオク同様面倒です。

 

ヤフオクよりは
簡素化されたシステムですが、

それでも写真撮ったり発送したり
一連の手間はかかります。

 

そして何より
トラブル率が非常に高いです。

 

客層が若いせいかそのトラブル率は
Amazonの比ではありません。
何倍も多いです。

 

値下げ交渉も頻繁に来るので
出品しているだけで
ストレスになります。

 

Amazonと真逆で
たくさん出品すればするほど
手間がかかる販売先です。

 

Amazonより優れている点は
アクセサリーやファッションなどの

若い人向けの商品は
Amazonよりも売れやすいです。

 

また、処分価格で
安く売っている人も多いので
仕入れ先としても優秀です

 

・リサイクルショップなどの実店舗
論外です。

Amazonで売れる金額の10%程度に
しかならないことも普通です。

一つメリットがあるとしたらその場で
現金になることくらいでしょうか。

 

Amazonとは
比べるまでもありませんが、

優れている点は持っていくだけで
簡単に売れるという点です。

 

・楽天
日本ではAmazonに並ぶ
巨大ショッピングサイトです。
メリットはその集客率です。

 

Amazonと比較しても遜色ない
集客率で非常に売れやすいと思います。

 

ただし、Amazonと違って
楽天は個人が出店するには
非常にハードルが高いです。

 

一番安いプランでも
月40000円弱かかります。

 

さらにここから
手数料も引かれますので、

よほどたくさんの品物を扱っていない
限り楽天を使う理由はありません。

 

〆まとめ

いかがでしたか?
Amazonは他のサイトに比べて
圧倒的に労力がかかりません。

 

このおかげで商品の回転率が
非常に高くなります。

仕入れだけに集中して
Amazonに随時送るだけです。

 

圧倒的ユーザー数とブランド力で
売れやすさも抜群です。

他の販売先にもAmazonより
優れている点がありますが、

それでもAmazonを超える利便性と
販売力はありません。

 

今後も販売先の努力によって
状況は変わってくるかもしれませんが
現時点ではAmazon一択です。