Amazonでリサーチしては稼げる商品を探したり、

小売店から安くなっている商品をモノレートにかけて見たりと、

せどりの仕方によっては、同じ商品をリピートできなかったり、
仕入れまでを効率化できなかったりします。

そんなせどりに疲れた方は、物販化を始めるといいです。

物販化とは、小売店から仕入れるのではなく、

メーカーや問屋の川上から仕入れるせどりです。

 

では、物販化の始め方を話していきましょう。

 

メーカー、問屋仕入れで稼げる理由

Amazonで儲かる商品は、

Amazon直販が在庫切れしたりプレミアになったりする商品だから、

メーカーや問屋からの仕入れでAmazonで
ほんとに利益を出せるのか?と思われている方がいますが、

十分に利益は出せます。

メーカーや問屋には、小売店と同じように、
廃盤の商品がありますし、

仕入原価も安いためにAmazon市場で稼ぐことができます。

 

メーカー、問屋仕入れのメリット

仕入れ原価が安いために、小売店では仕入れできない商品が
仕入れできるようになるので、

仕入れの幅が広がります。

また仕入原価が安いため、小売店で仕入れたセドラーさんに
価格競争で負けずに利益を出せるようになります。

リピート仕入れの補充発注も商品によっては、
ずっと可能です。

その他、廃盤情報や入荷情報を入手できることも、
仕入れに役立ちます。

 

メーカー、問屋仕入れのデメリット

発注数に最低ロット数があることや最初の取り引きは、

現金での一括振込になることが多いです。

資金が少ない方は取り組みづらいです。

ただし、回転の良い商品とライバルがいない商品を仕入れれば、
在庫も早く掃かせることができるので、

そのような商品を取り扱っているメーカーや商品を
探すとメーカー仕入れは十分にできます。
(問屋よりメーカーの方がこの場合は有利です。)

メーカー、問屋からの仕入れをするにあたって、

事前準備や業者を探すのに時間がかかります。

なので、稼げる期間までが長くなることを踏まえて
取り組んでいきましょう。

 

メーカー、問屋仕入れを始める前の準備

ドメインとサーバー

業者さんとやりとりするためのドメインとサーバーを用意しましょう。

小売店から来るメールやサービスを提供している会社などの
メールアドレスを見てもらうとわかりますが、

Gメールやヤフーアドレスなどは、一切使われていません。

屋号が人と違うことを区別できるように、

メールアドレスも商売している以上、
他の人とは違う、自分のものである必要があります。

 

ドメインとサーバーは、

エックスサーバーを利用すると設定も簡単なのでオススメです。

エックスサーバー

 

自社ホームページの作成

WordPressのテンプレートをインストールして、

自社紹介のページを作りましょう。

シンプルなもので大丈夫です。

 

会社情報と、法人でない方は屋号や住所、電話番号、
名前、資本金などを記入してください。

そして、プロフィール紹介も書いておくのが望ましいです。

プロフィールには、なぜ物販ビジネスをしているのか、
物販ビジネスを通して、社会にどう貢献していきたいのかを

話すと信用性を持ってもらいやすくなります。

 

名刺

名刺の作り方についてはこちらを参照してください。

メーカー問屋との取り引きのための名刺作り

 

 

メーカー、問屋を探すにあたってのカテゴリー選定

カテゴリーの選び方は、

これまで自分が取り組んできたカテゴリーを選定することが
望ましいです。

理由は、商品知識があるからです。

ただし、一部カテゴリーについては、
メーカー、問屋仕入れでAmazonで販売しても利益を出せないので、

それを踏まえたうえで、どう稼いでいくのかを
考える必要があります。

おもちゃ

Amazon直販がいる新商品は、卸価格では利益が取れません。

なので、プレミアになることが予想される商品でないといけません。

ですが、卸からの仕入れは発売日から数ヶ月の前もっての
予約になるので、

仕入れがかなり難しいです。

そのため、Amazonでの販売ではオススメできないカテゴリーです。

ただし、卸からの商品情報は普段のプレミア仕入れや
クリスマスなどにかなり役立つので、

情報だけもらえる関係を作ることは望ましいです。

 

ゲーム

おもちゃと同様です。

ゲームに関しては、廃盤になってからもプレミア価格で売れる商品は、

おもちゃより少ないし読みが難しいので、
こちらも予約転売などで確実にプレミアになることが
予想される商品でないと仕入れはできません。

 

CD・DVD

おもちゃ、ゲームに比べて、圧倒的にプレミアの予測がしやすいため、
卸からの仕入れはオススメできます。

ただ、メインは新譜になります。

 

化粧品

メーカーとの取り引きもできるところがあるので、
オススメです。

ただし、売れていない商品はやめておきましょう。

食品

非常にオススメです。コンスタントに販売できる商品も多く、
メーカーや問屋も多いです。

 

家電

家電本体では利益を取ることは難しいですが、

部品や備品などは利益の取れる商品も多く回転もいいので、
オススメです。

 

メーカー、問屋を探すには?

Amazon出品者のリサーチ

1商品、メーカー問屋からの仕入れで稼げる商品を見つけたら、

その商品を取り扱う出品者のセラーストアから
他の商品を見ましょう。

その商品の仕入先をメーカー、問屋であらえば、

稼げる商品を早く見つけることができます。

 

ネットやタウンページでリサーチ

カテゴリーを決めたら、そのカテゴリーを取り扱っている
業者をGoogle検索やネットのタウンページから

見つけましょう。

とにかく、数にあたることが大事なので、
ピックアップしていきましょう。

 

展示会

展示会で出店されるメーカーは売って欲しい会社になるので、

話がしやすいです。

ただし、同じようにせどらーさんも狙っているし
商品力がない=人気がないものもあるので、

商品選定が大事です。

Amazonを見た時にメーカー自体も売っている場合は、
潔く諦めましょう。

 

メーカー、問屋との交渉

交渉は、3種類です。

・Eメール
・電話
・訪問

です。

一番収穫が得れるのは、やっぱり訪問で、
業界のことや商品のこと、メーカーや他の卸の情報も
もらえることがあります。

Eメールでの連絡は、一番簡単で大量に送れますが、

ありきたりな文章だったり、本気度が感じられないものは、
無視されたり、断られたりするので、

電話をして話すのが望ましいです。

なぜ、その商品を取り扱いたいのか?
どんな商品を取り扱いたいのか?

は事前に具体的にしておく方が話がしやすいです。

相手もそのことを望まれていることが多いので、
その意味でも商品を知っておく必要があります。

商品リストをくださいなどは転売ヤー丸出しで
敬遠されるので、明らかにしておきましょう。

 

〆まとめ

メーカー問屋仕入れの開拓は、最初は中々見つけられず、

また利益を上げれる商品を探すことに時間がかかりますが、

数をこなしていくと、やっと当たれることがあります。

諦めずに継続し、人間関係を作っていくことが大事になるので、
泥臭く交渉していきましょう。