せどりにクレジットカードは必須です。

 

店舗も電脳せどりも
クレジットカードを使うことにより
決済がスピーディになりますし

クレジットカードがあれば
ポイント還元を受け取れ

現金で買うより圧倒的にお得に
せどりの仕入れを行えます。

 

これからせどりを始めるなら、
クレジットカードを持っている方も
クレジットカードを持っていない方も

ぜひ還元率が高く、使い勝手の良い
自分に合うクレジットを作ってください。

 

本記事ではそんなせどりに必須である
オススメのクレジットカードと
その使い方についてすべてお伝えします。

クレジットカードを持っている方も、
これから作る方も、あるいは作れない方も
是非参考にしてみてください。

 

クレジットカードは使用を分ける

クレジットカードですが、

『生活(プライベート)用』と
せどりの『事業用』を
一緒にしてしまうと、

収支の計算が複雑になったり
生活とせどりの収支が
分からなくなるので

クレジットカードは
使い分けることが大事です。

 

事業用のクレジットカードは
さらにその使用を明確に分けておくと

確定申告の際も
処理がやりやすくなります。

 

具体的には、
『仕入れ用のカード』と『経費用の
カード』を区別して使うことです。

分けておくと
税務上の処理がしやすくなります。

税理士さんにお願いするときにも
負担が減るので料金も安くなります。

 

確定申告は専業、副業なく
行わないといけないので

せどりをされるのなら
必ず使用を分けてください。

 

また独立を考えている方に関しては、

『プライベート用の口座』と
『事業用の口座』を

分けておくことをしましょう。

 

せどりにクレジットカードを使うメリット

まずクレジットカードを
せどりに使うメリットから説明します。

せどりにクレジットカードを
利用するメリットは以下の5つです。

・資金を手軽に増やすことができる
・資金繰りが楽になる
・ポイント還元
・決済がスピーディ
・現金を持ち歩かずに済む

どれも非常に大きいメリットです。
一つずつ確認していきましょう。

 

・資金を手軽に増やすことができる

クレジットカードを利用する
一番の理由はこれです。

月10万円利益を上げようと思ったら
資金は13~80万円ほど必要です。
(利益率40%~利益率10%計算)

 

この金額をポンと出せる方ならともかく、
普通のサラリーマンでこの金額を
即座に捻出できる方は少ないですよね。

ですが、クレジットカードがあれば
30~50万円というクレジット枠で
資金が捻出できてしまいます。

 

求める利益に対して
足りない資金分を現金で補うか、
カードを複数枚作るか。

もしくはある枠を利用すれば
せどりを始めることができます。

 

通常ビジネスを始めるには
資金を集めることから
始めなければいけません。

ですがせどりはクレジットカードが
一枚あれば商売を
始めることが可能です。

 

元手となる現金が少ない方にとって、
クレジットカードは資金捻出の
手段として非常に優秀です。

 

・ポイント還元

次に大きいメリットが
このポイント還元です。

クレジットカードで買い物をすると
その額や商品、使う場所に応じて
ポイントが還元されます。

 

このポイントはカードによりますが、
楽天ポイントやTポイントといった
街でもネットでも使えます。

せどりの仕入れで使う金額は
非常に大きいです。

 

その数%もの金額が
還元されるのです。

仮に毎月10万の利益を稼ぐ仕入れを
行ったとしたら

年間150万円(利益率40%)買い物したら
その2%還元されたとしたら
3万円です。

 

900万円(利益率10%)なら18万円です。

実際、せどりで仕入れに使う年間金額は
ある程度の規模の方なら
何千万になります。

 

ポイントもキャンペーンなどで
もっと還元されますので、
2%どころではありません。

現金で支払っている方は
ただただこの年間数万円から数十万円の
利益を機会損失しているのです。

 

これだけでもクレジットカードを
使わない理由がないくらいです。

 

・資金繰りが楽になる

クレジットカードは
使った翌月に支払いになります。

また、リボ払いや分割払いなどで
支払いを遅らせたりすることができます。

仕入れすぎてしまった月や、
思ったより売り上げがなかった月に
支払い金額を調整することができます。

 

もちろん利息は多少かかりますが、
それ以上に柔軟な資金切りによって
利益を伸ばすことができるでしょう。

 

 

・決済がスピーディでお得

店頭での仕入れではクレジットも現金も
そこまで差はありません。

しかし電脳せどりのネット決済の場合、
クレジットは強力な効果を持ちます。

 

まず、いつも買い物をしているサイトに
クレジットを登録しておきます。

すると買い物はクリック一つで
決済が終了します。

 

後は商品が届くの待つだけ。

 

現金でネットの買い物をすると
振り込みをする必要があります。

もしくは代金引換です。
どちらも手間がかかる上に
時間がかかります。

 

そして何より手数料がかかります。

 

せどりの膨大な買い物全てに
手数料を払っていたら
それだけでとんでもない損失です。

せどりのメインは電脳せどりです。

その電脳せどりでの決済がスピーディに、
そしてお得に行えるのが
クレジットのメリットです。

 

 

・現金を持ち歩かずに済む

街中でたまたま転売できそうな商品を
見つけたとしてその支払いが
10万円かかるとします。

そんな時現金決済だった場合、
銀行で下ろしてこないといけません。

 

もしくはそんなときのために
常に現金を
持ち歩かなければなりません。

これって非常に危険ですよね。

 

クレジットカードならセキュリティも
しっかりしていますし、
10万円位なら問題なく決済できます。

安全面からもクレジットカードは優秀です。

このようにクレジットカードを
セどりの仕入れに
利用するメリットは非常に大きいです。

使わない理由はないでしょう。

 

せどりにクレジットカードを使うデメリット

そんな便利なクレジットカードですが、
もちろんデメリットもあります。

 

・使いすぎてしまう

まず使いすぎてしまうリスクです。

夢中になって仕入れすぎてしまい、

売り上げが伸びなかった場合や

Amazonで商品が売れる速度が
仕入れより遅かった場合に
支払いができなくなる可能性があります。

 

現金決済ではないので
「売って返せばいいや」と
気が大きくなってしまいがちです。

 

・返済が滞るリスク

使いすぎて現金が足りなくなったり、
支払日を忘れたりすると支払いを
滞らせてしまう可能性があります。

支払いが滞ると個人信用情報
(クレジットヒストリー)に
傷がつきます。

 

最悪の場合、
ブラックリスト入りしてしまう
可能性もあります。

以降クレジットを作れなくなったり、
そのほかのローンを
組めなくなったりする可能性があります。

 

・資金管理が複雑になる

クレジットの利点の一つが
資金繰りを楽にさせられることです。

しかしこの仕組みのせい(分割支払い)で
資金管理が少し複雑になります。

 

例えば支払い分を分割にした場合、
来月以降の支払いになります。

当月の仕入れが翌月や翌々日になるので
数字の把握がしにくいことがあります。

 

ウェブ明細からの情報をもとに
管理に慣れればそこまで複雑はありませんが、

分割の場合は余計な計算をする
手間が増える可能性が
あるということは覚えておきましょう。

 

ただし、分割ですが、メリットは大きいです。
2分割に関しては手数料が発生しないですし、
支払回数も遅らせることができるので

せどりのキャッシュ&フローに
ゆとりをもたせることができます。

 

分割の3回以上、またはリボは
金利が高いので
理由のない限りは避けましょう。

 

 

・カード会社のWEB操作や確認の手間が増える

利用残高をこまめに確認する必要が
あることは上で述べた通りです。

 

このようにクレジットカードは
いくつかデメリットはあります。

しかし、デメリットについては
自己管理しておけば
解決できるものなので

クレジットを使うメリットを考えたら
デメリットとは
まったく呼べないものと言えます。

 

せどりにオススメな支払い方法

クレジットカードの
支払い方法は以下の3つです。

・一括払い
・分割払い
・リボ払い

 

一括払い

その名の通り、
今月利用した分を翌月の支払日に
すべて支払う方法です。

 

できればこの支払方法で
資金が回るようにしたいところですが

資金がない方は一括払いをせずに
分割払いにしてください。

 

分割払い

その名の通り、
1回の買い物代金を
複数回にわたって支払う方法です。

 

6万円の買い物を
3回の分割払いにした場合、
毎月2万円×3ヵ月支払う計算です。

分割手数料、つまり、
金利がかかるので

支払い回数が多ければ多いほど
余分なお金がかかることになります。

 

しかしながら、2回までの分割なら
金利はかかりません。

金利がかからずに支払いを先延ばしに
できるので、

せどりの仕入れは
分割2回にすることを勧めます。

 

分割は仕入れ資金の大小に関わらず
した方がいいと個人的には思っています。

なぜなら、思わぬことで
Amazonのアカウントの閉鎖など
リスクが100%ないわけではないからです。

 

何でもそうですが、絶対はないので
保険は用意しておいた方がいいです。

 

最後に

リボ払い

リボ払いは利用金額や残高に関係なく、
毎月の支払いが
一定になる支払い方法です。

今月10万使って、
来月25万使っても
支払いは毎月5万円など

固定で金額を引き落としができます。

せどりの仕入れに関しては
リボ払いは金利が高いので
使わないようにしてください。

 

クレジットカードが作れない理由とその対処法

 

せどりで必要な
クレジットカード。

とはいえ、いざ作ろうと思ったら
作れなかった!と言う方もいます。

 

クレジットが作れない理由は
主に以下の5つです。

・ブラックリストに入っている
(個人信用情報が悪い)
・審査が厳しいカード会社に申し込んだ
・一度に複数のクレジット会社に発行手続きをした
・個人信用情報がない
・年収の割に借り入れをしている

ブラックリスト入りについては
説明するまでもないと思います。

 

クレジットカードを作るのは
諦めるしかありません。
(ある程度、年数が立てばリストから解除される
とは聞きます。)

 

作れない方はせどりはデビットカードで
仕入れを行いましょう。
(デビットカードならAmazonでもクレジットカード
登録できるのでアカウント作成もできます。)

 

次に審査が厳しいカード会社に
申し込んだ場合です。

カード会社によっては
契約の条件を厳しく
設定している場合があります。

 

年収が不足しているとか、
個人信用情報に傷がついているとか。

ゴールドやプラチナではないはずなのに
審査に落ちたら

審査の緩いカード会社に申し込んでみましょう。

 

ただし、審査のゆるい所を探して
あちこちに申し込むのは絶対にNGです。

申込回数も実は
個人信用情報機関に記録されています。

「短期間に複数申込をする不審な人物」
といった記録が残る可能性があります。

 

2社申し込んでダメなら一旦諦めて
別の方法を探したほうがいいでしょう。
(確定申告を見直す。クレジットカードの
利用などを見直す。)

 

次は個人信用情報がない人で
20未満の方は
クレジットカードを作ることが難しいです。

つまり、学生の方などです。

 

最後は年収の割に
借り入れをしている方は

支払い能力があるかを判断をされて
クレジットカードを作れないことがあります。

 

クレジットカードの支払いで
分割をされている場合は
その金額は借り入れとみなされますので

クレジットカードを作る際は
分割も含め、借り入れをしていない
状態である方が作りやすいです。

 

なので、クレジットカードは
せどりをする前に作成することが望ましいです。

専業になるとクレジットカードは
サラリーマンに比べ

最初は作りづらくなるので
会社に勤めている間に
複数枚作成しておきましょう。

 

 

クレジットカードを作れなかった人はどうするの?

何らかの事情でクレジットカードを
作れない人はどうしたらいいでしょうか。

Amazonに登録できないし、
お得に仕入れることはできないのでしょうか。

 

実はクレジットカードを
作れない方のために
一つ方法があります。

それが
「デビットカード」です。

 

デビットカードとは、
口座に入っているお金の分だけ
使うことができるカードです。

つまり「前借り」に近い
クレジットカードに対して
「現金払い」に近い機能のカードです。

 

口座に入っている分しか使えませんので、
現金払いと変わりません。

それでもAmazonには登録できますし、
使った分だけポイントもつきます。

 

ネット決済もらくらくです。

 

クレジットカードのメリットの
「資金」「資金繰り」という点を覗けば
クレジットとほぼ変わりません。

ブラックでクレジットが使えない、
と言う方はこのデビットカードを
申し込んでみてはいかがでしょうか。

 

クレジットカードを作る時に確認してほしいこと

クレジットはその発行元の会社が
利用限度額(可能枠)を設けているので

提携店舗(作成した店舗)が
利用枠を決めているのではないので
注意しましょう。

 

例えば、
クレジットカードを3枚持っていて
それぞれ利用限度額が違ったとしましょう。

・ジョーシンクレジットカード(限度額100万)
・アルペンクレジットカード(限度額60万)
・ソフマップクレジットカード(限度額40万)

 

この3社の発行元が
ジャックス会社だった場合、

カードの1枚の限度枠以外に
ジャックス会社全体での
利用限度額というものが設定されています。

 

その会社での利用限度額が
150万と設定されていた場合、

カードそれぞれの限度枠の合計は
200万(100万+60万+40万)になりますが

150万でしかクレジットの利用はできないのです。

 

なので、クレジットカードを発行する際には
発行会社を分散して
作成するようにしましょう。

 

カードを複数枚持ち
それぞれの限度額を上げても

発行元会社単位で
利用限度額(可能枠)を設けてあるので

会社を分けないと
クレジットの枠を最大限に
有効に使うことができません。

 

クレジットカード作成の裏技

クレジットは同じものを2枚以上
作成することはほんとうはできないものですが、

それを可能にする裏技があります。

 

それは、発行会社を変えることです。

 

例えば、よく仕入れを行う店舗で
その提携元のクレジットカードの上限を
超えてしまい

その提携元クレジットを利用できず
他社のカードを切ることになり

ポイント還元がもったないなどと
いったことはよくあると思います。

その場合は発行会社を変えて
カードを作成すると良いです。

この場合だと複数所有にならず
作成することができます。

 

例えば、ジョーシンクレジットカードなら
ジャックスとオリコが発行しているので

作成した発行会社と別の会社を選択すれば
新規で作成できるのです。

 

よく仕入れる店舗で
クレジットカードの利用が

上限枠を超えて切れない
かつ他社カードでカードを切った際は
ポイント還元が落ちるなどいった場合は

提携元のカードを2枚持ちすれば良いです。

 

 

クレジットカードのブランド

VISA,JCB, Mastercard, American Express,
Diners Clubといった
単語は聞いたことがありますよね。

クレジットを作る際、
このブランドの中から
どこのブランドのカードを作るか選択します。

 

勘違いしやすいのですが、
よくカードを発行している

オリコ、セディナ、ジャックスなどは
「カード会社」です。

 

クレジットカードを作る際は
「ブランド+発行会社+提携先」で
カードを作ることになります。

 

例えばドンキのクレジットカードを作る際、
「VISA(OR JCB)のジャックス(ORセディナ)の
ドンキカードを作る」となるわけです。

ブランドで発行会社が変わることが多いので
一つの発行会社に集中しないように
ブランドを決めましょう。

 

またブランドはそれぞれ特徴があるので
せどりに関わることをお話します。

 

・VISA

世界ブランドであるため、
海外でも使用できるところが多いです。
日本はもちろん、使用できるところが多いです。

 

・JCB

日本ブランドになります。
そのため利用できる店舗が多いです。

 

・master card

一部利用できない店舗があります。
また分割2回ができないことがあります。

コストコが2018年2月より
決済できるようになりました。

 

・American express(アメックス)

一部利用できない店舗があります。
また分割2回ができないことがあります。

コストコが2018年2月より決済できなくなりました。
オリコのコストコカードを持っている方は
問題なく使用できます。

 

・ダイナースクラブ

一部利用できない店舗があります。
また分割2回ができないことがあります。

 

クレジットカードの利用方法のマジック

クレジットカードと言うのは、
会社によって締め日と
引き落とし日が異なります。

15日締めの翌月10日引き落としや
月末締めの翌月27日引き落としなど
発行会社によって違います。

 

その複数の会社の締め日の
違いの差を利用して仕入れ
支払いを遅らせるテクニックがあります。

例えば15日締めの翌月10日払いの
クレジットがあるとします。

15日に仕入れると
翌月の10日の
支払いになってしまいます。

 

しかし翌日の16日に仕入れると
【翌々月】の10日引き落としになります。

たった一日仕入れ日を変えるだけで、
支払い猶予が1ヵ月変わってくるのです。

 

しかしこれだと仕入れのタイミングを
遅らせる必要があります。

15日のその日に仕入れたいのに
仕入れできないでは
意味がありませんよね。

 

そこで締め日の違う
他のクレジットカードの出番です

締め日の違うクレジットカードを
複数持つことによって
支払い猶予を調整できます。

 

例えば、月末締めの翌月27日払いの
クレジットカードがあれば

15日に仕入れた場合は
支払いは翌月の27日になります。

 

前のクレジットカードは
15日締めの翌月10日払いであるので

17日間支払いを遅らせることが
できたということです。

 

17日あれば、
Amazonの入金は14日毎(+数日)になるので
その間にちょうど売上金が入るので

支払いが楽になります。

 

せどりに使える現金を持っていない場合は
クレジットカードで仕入れて

クレジットの締め日と引き落とし日の
違うをうまく利用すれば

Amazonの入金が毎回先にくるので
せどりをして十分に稼げるというわけです。

私自身もせどりを始めたことは
現金をほとんど持っていなかったため

クレジットカードを使い
このようにして稼ぎ、
複利で資本を増やしていきました。

 

ですのであなたも資本がない、
少ない場合はこのようにクレジットを
利用しせどりで稼いでください。

ただし、クレジットカードを
現金がまったくない状態で利用する場合は、

売上や利益、またクレジットの
利用状態など管理だけは
必ず徹底してするようにしてください。

 

クレジット会社の〆日と引き落とし日の一覧

カード会社名

締日

支払日

NICOSカード

5日

当月27日

シェルスターレックスカード

5日

当月27日

ライフカード

5日

当月27日

JCBカード

15日

翌月10日

MUFGカード

15日

翌月10日

ダイナースクラブカード

20日

翌月10日

シティカード

15日

翌月10日

セブンカード・プラス

15日

翌月10日

東急カード

15日

翌月10日

三井住友トラストカード

15日

翌月10日

リクルートカード

15日

翌月10日

DCカード

15日

翌月10日

UCSカード

15日

翌月10日

三井住友カード

15日

翌月10日

NTTファイナンスカード

月末

翌月25日

楽天カード

月末

翌月27日

ジャックスカード

月末

翌月27日

セディナカード

月末

翌月27日

オリコカード

月末

翌月27日

ENEOSカード

月末

翌月27日

セディナカード

月末

翌月27日

OMCカード

月末

翌月27日

アプラスカード

5日

翌月27日

イオンカード

10日

翌月2日

TS CUBIC CARD

5日

翌月2日

エポスカード

4日

翌月4 日

セゾンカード

10日

翌月4日

UCカード

10日

翌月5日

セントラルファイナンスカード

10日

翌月6日

ファミマTカード

月末

翌々月1日

ポケットカード

月末

翌々月1日

りそなカード

月末

翌々月4日

ビューカード

月末

翌々月4日

出光カード

月末

翌々月7日

 

おすすめクレジットカード

最後に、せどりでお勧めしたい
クレジットカードを紹介します。

 

クレジットカード会社は
それぞれに特徴があり

利用者本人の仕入れ店舗や
利用の仕方によって
そのメリット度合いが変わったりするので

 

一概に「これが絶対!」と
いうものはありませんが

様々な利点をトータル的に見て
オススメできるクレジットカードを
紹介していきます。

 

◯リクルートカード

年会費永年無料でポイント還元率は
1.2%です。

還元されたリクルートポイントは
PONTAポイントに変えたり、
じゃらんなどのサイトで利用できます。

 

また、ポンパレモールで買い物をすると
還元率が一気に上がって3.0%になります。

ポンパレモールの仕入れをよくされる方は
マストカードです。

 

他にもキャンペーンなどがあった際は
4.2%というありえない還元率になるので

オススメなカードの1枚になります。

リクルートカードの締め日は
毎月15日締めの10日引き落としです。

 

◯オリコカード

オリコカードの還元率は1.0%。

ここだけ見ると普通のカードと
変わらないように見えます。

ですが、このカードの真価は
契約後の半年間にあります。

 

オリコカードは
契約をしてから半年間、
なんと還元率が2.0%になります。

せどりの仕入れに使用すると、
とんでもないスピードで
ポイントが還元されます。

 

貯まったポイントはAmazonギフト券に
変えることもできるので、Amazonで
仕入れをする方にもおすすめです。

 

他にもWAONポイントや
nanacoポイント、
Tポイントにも換えられます。

年会費は当然無料。
ETCカードも無料です。

 

契約後半年間2%還元という
メリットを最大に活かせるのは
既に稼いでいるパワーせどらーさんです。

すでに大量の仕入れと販売を
繰り返しているせどらーさんは
このカードを作りましょう。

 

作ってから半年間は
ボーナスタイムのような
状態になります。

逆にせどりを始めたばかりの人は
仕入れが少ないと思いますので、
別のカードを作りましょう。

 

オリコカードthe pointの
締め日は毎月月末締めの
27日引き落としです。

 

◯楽天カード

楽天カードのような小売店が発行するカードを
「流通系クレジットカード」と言います。

発行している会社のお店で
使ってもらうことを前提としたカードです。

 

楽天カードなら楽天グループですね。
この流通系クレジットは審査が非常に緩いです。
特に楽天は簡単に発行できます。

 

年収の少ないフリーターや
主婦でもほぼ問題なく作れます。

楽天で作れなかったら諦めろ、
と言われるくらいです。

 

この審査の緩さが魅力の1つです。

 

そして還元率は安定の1%。
年会費も無料です。

1万円買い物をすると
100円分の楽天ポイントが還元されます。

このポイント、楽天グループ以外での
買い物利用でも1%付きます。

 

1.25%のカードもあるので
最高の還元率とは言いませんが

楽天カードの真価は還元率ではありません。

楽天市場利用によって本当の価値が発揮されます。

利用によって爆発的にポイントが還元されます
楽天カードは当然ながら

楽天が自社の楽天市場を利用して
もらうために発行するカードです。

 

そのため、楽天グループの料金支払いに
楽天カードを使用すると通常還元に
加えて様々なポイント特典が付きます。

 

小規模のせどらーでも
年間何十万円分ものポイントが増えます。

楽天市場はせどらーにとっても
欠かせない仕入れ先ですし、
利用する機会は多いです。

 

ただただ仕入れるだけで
ポイントがどんどん増えていきます。

もちろん楽天の買い物以外でも1%は
絶対つきます。

 

キャンペーン中なら街での買い物にも
特典ポイントが付きます。

また楽天ではデビットカードが作れます。

このデビットカードで
Amazonの出品アカウントを
作ることもできます。

楽天デビットカードは
もちろん楽天市場や
街の利用でポイントが還元されます。

 

このように、楽天カードは非常に
高い水準のメリットを備えた
クレジットカードと言えます。

楽天カードの締め日は
毎月月末締め 27日引き落とし

 

〆まとめ

いかがだったでしょうか。

せどりでクレジットカードを
作るのはメリットしかないことを
理解していただけたかと思います。

 

クレジットを上手く活用すれば
資金がなくてもせどりをすることができます。

仕入れではさらにポイント還元も
受け取ることができます。

 

支払いも現金を持っておく必要がないので
決済も安心でスピーディに行うことができます。

またクレジットカードを使うことで
確定申告や経費、資産管理も楽になります。

 

これだけのメリットを備えた
クレジットを使わない理由はないですね。

あなたに合ったクレジットカードを
作成してくださいね。