FBA納品先固定の撤廃、配送料金の値上げで
せどりはどうなるのか?

薄利せどりをされてきた方、
あるいは、仕入量が少ない方は

配送料金に伴うコストの増加で
利益を圧迫され不安に感じていると思います。

 

どう、この問題を乗り越えていけばいいのか、
どう、仕入を変えていけばいいのか
その戦略をお伝えしたいと思います。

 

配送会社に見積もり

配送料金は固定費でかかります。
ここをまず物理的に抑えることができるだけで
利益が純粋にアップします。

ですので、配送契約されていた方で
料金が値上げしてしまった方は

もう一度他社も含めて、
配送料金の見積もりを出しましょう。

 

大手配送会社から中堅で全国対応している
会社まで連絡をしましょう。

 

見積もりの金額に対して
高かった場合はパートナーキャリアの金額を
比べてどちらにするか決めましょう。

 

薄利で大きいもの、重いものの仕入れを避ける

相場を見ながらになりますが、
送料含めた相場に今後上がってこなければ

食品、家電、おもちゃなど
ダンボールに個数が多く梱包できないもので
薄利せどりをされている方は

仕入れスタイルを変えることも
大事になってくるでしょう。

 

今やっているせどりに
小さい小物のジャンルを仕入れての
複数ジャンルのせどりを行えば

原価に上乗せになる送料経費を
一品辺りに割り振った際に
その金額を落とすことができます。

 

例 
送料1000円 個数10 
一品あたり仕入れ原価に対してコスト100

送料1000円 個数20
一品あたり仕入れ原価に対してコスト 50

小物での薄利でも
仕入れ量を上げれるのなら

薄利であっても送料分のコストは
解消することができます。
(一箱で送れる数が増えるために送料費が落ちる)

 

配送回数を落とす

ヤマト便を使い、まとめて送ると
送料金額を抑えることができます。

 

またこれまでダンボールいっぱいで
送っていなかった方は

ダンボールに
いっぱいにしてから送るなどして

一品あたりにかかるコストを抑えることで
配送コストをカバーすることができます。

 

ただし、ダンボールをいっぱいにするがために
配送するのが遅れ、
キャッシュ&フローが悪くなる

あるいは価格競争に巻き込まれると
いったことでは意味がないので

商品によって変えるなど
工夫をしましょう。

 

大型の商品をたくさん送る場合は
ヤマト便でまとめて送る方が安くなるでしょう。

 

ダンボールサイズを変更する

配送会社の料金をよく見て
ダンボールのサイズをあげて

個数をたくさん入れて納品した方がいいのか
前のキャッシュ&フローや値下がりリスクも
考えて工夫しましょう。

 

例えば、メディアなどであれば
ハコのサイズを上げるだけで
送れる量が全然変わってきます。

 

マケプレプライムや自己発送を使い分ける

レターパックやクリックポスト、ゆうパケット、
ゆうメールなど安く送れるサービスがあります。

自己発送だとFBAより早く販売することが
できそのために値下がりのリスクなども
避けられたりすることもできます。

 

商品によって配送方法を選ぶことも
一つの手段です。

 

〆まとめ

配送コストを抑える努力をしましょう。
それには配送会社の見積もりをして
一番安いところで契約をすることが大事です。

 

また利益の圧迫は仕入れで解消しましょう。
利益率の高いものを仕入れるまたは

サイズが小さいもので
大量に仕入れできるものを
商品として取扱うようにしましょう。