Amazonせどりを始めたけど
思うように商品が売れなくて
困っているという方は…

 

やり方が間違っていると考えられます。

 

商品が売れないパターンを知って
これからのせどりに活かしてください。

 

需要が0あるいは少ない 

 

いくら価格差があっても
モノレート上で販売実績がない商品は

初心者さんのうちは
仕入れないでおきましょう。

 

それでも仕入れたいという方は
ヤフオクやフリマ市場で
その商品の販売実績があるのかを調べてください。

 

他のプラットフォームで売れているのなら
Amazonでも売れる可能性はあります。

 

その価格帯とAmazonで販売されていた
価格帯とを見て売れるか判断しましょう。

違う販路で売れる予測がたつのなら
Amazonでもし売れなかったとしても

販売のリスクはないので
その場合は仕入れをおこなっても良いでしょう。

 

相場に対して適正価格ではない

過去売れていた商品であっても
現在の価格が過去の価格を上回っていれば

その相場で売れるとは限りません。

 

過去の相場に対して
現在の価格が上がっている時は

その価格帯で売れているか
販売実績を確認できてから
仕入れを行うようにしましょう。

 

初心者のうちは売れるだろうで
仕入れると失敗をしますので

データーをもって
すべて判断をするようにしましょう。

 

上記のような商品を仕入れる場合の
適切な考え方としては

過去に売れていた価格帯で
利益が取れるか、

あるいはその価格で利益がトントンで
マイナスになる被害額が少ない場合は
仕入れても良いです。

 

ただし、守って欲しいことは
売れ残りだけは絶対にやってはいけないと
いうことです。

 

なのでその際に確認してほしいことは
過去に高ランキングであったこと、

つまり、人気商品で需要があったどうかを
調べることです。

 

過去に需要が高かった商品は
価格を上げても売れ残るリスクは減ります。

同様に気を付けてほしいのが、
その商品の新商品が出ていないかを
調べてください。

 

旧型であれば売れない可能性もあります。

 

最後はネットショップなどを調べて
今現在の販売されている価格を調べましょう。

他のオンラインショップで
安く売られている場合は
Amazon上で高い値段で売れない可能性があります。

 

カート取得が出来ていない

新品商品を販売するには
Amazonではカートを取得することが
最も大切です。

 

このカートが取れていない状態ということは、
売れない可能性が高くなるということです。

 

カート取得に関しては

・他の出品者のカート価格近辺であること
(出品者全体に対して価格が安いほどカートは
取得しやすくなります。)
・ポイント等の割引
・Amazonアカウントの評価
(返品率、顧客満足度、評価数等)
・在庫保有数
・FBA
・配送設定

の影響があります。
これらの条件を良くすることをしましょう。

 

価格改定が自動でされていない

カート価格は一度合わせたらいいと
いうものではありません。

新品であれば常にカート価格に合わせて
おく必要があります。

 

なのでそれを手動で行うのは大変なので
ツールやAmazonの自動改定を利用して
価格改定を行いましょう。

 

中古に関しては
出品者の他の値付けを見ながら
改定を都度その場合は手動で行いましょう。

 

評価数と評価%が悪い

新品の場合はカート取得が
販売に影響しますが、

中古の場合は
出品者の評価数や評価%に
販売の影響があります。

 

評価がなく新規出品者であれば
買う方はリスクを感じますし

評価数が少ない、評価の%が悪い場合は
他の出品者から商品を購入することを
選択するので

なるべく良い状態を保ちつつ
全体の数字を上げていくようにしましょう。

 

写真(中古)がない

評価が少ない場合は、写真も活用しましょう。
写真については掲載すると
売れやすくなります。

なんでもかんでも写真を掲載すると
それはそれで時間がかかるし手間なので
臨機応変にしましょう。

 

出品者が多すぎる

モノレートで回転している商品を
仕入れたのに

売れない!というのは
このパターンが多いですね。

 

カート価格での出品者が多数いる場合や
在庫をもっているセラーが多い場合に
起きてしまいます。

 

これを防ぐには、
モノレートでの月間の売れ行きの個数を

知ることと、現出品者のカート価格での
出品者の数と在庫の保有数を計算して

売れ行きと比較したうえで
いつ売れるのかを予測しないといけないです。

 

どこにでもあるような商品でこのような
商品を仕入れた場合は、

売れない間に値崩れして
赤字になるということはあるので
気を付けましょう。

 

まとめ

今回お話した内容について
注意して仕入れをしてもらったら

売れない在庫を仕入れることは少なくなるので
実践されてください。