2018年4月24日から実施される
FBA手数料改定・変更の内容を解説します。

 

以下の
FBA手数料と料金体系が変更になります。

 

・配送代行手数料
・在庫保管手数料
・FBA商品ラベル貼付サービス手数料
・購入者返品手数料
・納品不備受領作業手数料の料金を改定

 

各変更内容をこまかく見ていきます。

 

配送代行手数料

出荷作業手数料(個数あたり)と
発送重量手数料(出荷あたり)に
分かれていた配送代行手数料が

配送代行手数料(個数あたり)に一つにまとめられます。

 

またメディアの配送代行手数料がなくなり
小型、標準、大型でまとめられました。

 

◯2018/4/23日までのFBA金額

◯2018/4/23日までのFBA金額

 

 

旧→新
メディア小型146円→小型226円 差80円
メディア標準174円→標準360円 差186円
メディア以外小型245円→小型226 差-19円
メディア以外標準329円→標準360円 差31円

 

大型商品 100センチ未満 530円→622円 差92円
大型商品100cm以上140cm未満572円→676円 差104円
大型商品140cm以上170cm未満609円→738円 差129円
大型商品170cm以上200cm未満かつ各辺が90cm未満 1258円→1398円 差140円

 

まとめると、

出荷作業手数料(個数あたり)と
発送重量手数料(出荷あたり)に分かれていた
配送代行手数料が配送代行手数料(個数あたり)に一つにまとめられたことによって

単品での複数買いの旨味がなくなりました。

 

発送重量手数料はその商品が複数購入された
場合、一点のみの手数料だったのが、
改定後は1商品毎にかかるようになるからです。

プロモーション割引されている方は
単純にマイナスになってしまいますね。

 

あとは、今回のFBA料金の改定で、
本、CD,DVD、ゲームなどのカテゴリーが
大幅な値上げになります。

 

特にゲームの本体などは
186円もアップすることになります。

 

 

在庫保管手数料

1月~9月と10月~12月で
異なる手数料が適用されます。
(在庫保管手数料は、
2018年5月1日より改定後の料金が適用されます)

 

10月から12月は年末に入るので
値段上がっていますが
回転早いので特別気にすることがないですが、

クリスマス商戦用の商品の早めの納品は
少し害があるなという感じです。

 

 

FBA商品ラベル貼付サービス手数料

 

 

 

納品不備受領作業手数料

 

薄利な商品をミスってしまうと危ないですね。
納品時は複数チェックしましょう。

 

 

〆まとめ

 

配送契約をされていない方は
早く配送会社と提携をしておきましょう。

FBA倉庫までに送る経費は
固定費として乗っかってくるので

できる限り安く抑えるべきです。

また店舗せどりでツールを使われている方や
電脳での利益計算の際にあたっては

計算式がFBA改定日に合っているか
必ず確認することを忘れないようにしましょう。