FBAを利用していて
「ある条件」を満たしてしまう場合、

1年2回、

Amazonから通常に掛かる保管料とは別に
在庫保管料を余分に多く徴収されます。

 

その・こ・と・あなたは知っていましたか?

 

本記事はFBA長期在庫保管手数料の
確認の仕方と

長期在庫保管料がかからない
店舗運営や仕入れについての
対象方法をお伝えします。

 

FBA長期在庫保管手数料のチェック日

毎年2月15日と8月15日に
長期に保有している在庫のチェックが実施されます。

そこで、6ヶ月以上売れていない在庫が
FBA長期在庫保管手数料の対象になります。
*在庫の保管日数のカウント開始日在庫期間は、
フルフィルメントセンター(FC)が商品を受領した
日付からカウントされます。

 

FBA長期在庫保管手数料の金額

1000立方センチメートル(10cm x 10cm x 10cm)あたりで
6ヶ月で約87円、
12ヶ月以上だと174円になります。

 

在庫一掃チェック実施日

対象在庫

長期在庫保管手数料

(10cm x 10cm x 10cmあたり)

2月15

 

 

8月15

フルフィルメントセンターに

6~12か月保管されている商品

87.4285円(約87円)

フルフィルメントセンターに

12か月以上保管されている商品

174.857円(約174円)

 

長期在庫保管手数料の計算例

商品

寸法

1

5

 

6か月超

12か月超

6か月超

12か月超

 

25 cm x 18 cm x 2 cm

79円

157円

393円

787円

 

19 cm x 12.5 cm x 2 cm

42円

83円

208円

415円

 

CD

15 cm x 13 cm x 1.4 cm

24円

48円

119円

230円

 

 

*長期在庫保管手数料は、
月額の在庫保管手数料に追加で請求されます。

 

 

長期在庫保管手数料の請求の仕組み

同じ商品(同じasin)であっても
納品日受領日をもって期間をカウントされます。

つまり、期間を超えた日付の商品のみ
長期在庫保管手数料の請求されます。

 

 

*同じskuに対してそれぞれ違う日に商品を送った場合も
別々にそれぞれ日数をカウントされることを確認したので
Skuの使い回しは気にしなくて大丈夫です。

 

長期在庫保管手数料の対象となる在庫を確認する方法

在庫一掃チェック実施日(2/15,8/15)に
長期在庫保管手数料の対象となり得る在庫は、

在庫ダッシュボードで確認できます。

 

◯在庫ダッシュボードで長期在庫を確認

 

余剰在庫の管理を押します

より詳細なページになります。

 

あとは在庫を知って中身を判別します。
返送すべき商品だと判断したら、返送処理を行います。
返送/所有権の放棄依頼を作成を押します。

依頼内容のところで、
返送するのか、廃棄するのかを選択できます。
その下に返送先住所を記入して(返送したい住所先が
入っておれば何も触らなくて良いです。)

 

右に商品の在庫数が書いているので
そこに返送したい個数を入力します。

最後に確定をすれば完了です。

 

 

◯返送推奨レポート

返送推奨レポートでも同様に
長期在庫商品があれば画面で確認ができます。
赤枠のところに数字が入っておれば
長期在庫と判断ができます。

対象となる在庫は、在庫一掃チェック実施日の
6週間前から返送推奨レポートに表示されます。
*返送処理推奨レポートの表示目安(確認できる日)
・2/15 42日前 1/3前後から
・8/15 42日前 7/3前後から

Amazonフルフィルメントセンターに
保管されている在庫の保管日数は、
ASIN別に表示されます。

• 0~90日
• 91~180日
• 181~270日
• 271~365日
• 366日以上

このレポートで、
次回の在庫一掃チェック実施日の前に、

フルフィルメントセンターでの保管期間が
6か月以上となる商品数を見積もることができます。

 

長期在庫保管手数料を支払わないようにするには

次回の在庫一掃チェック実施日より前に、

・売切るか
・長期在庫保管手数料の対象となる
在庫の返送か所有権の放棄をしてください。

 

長期在庫保管手数料の対象となる在庫の自動返送/所有権の放棄

長期在庫保管手数料の対象となる
在庫を自動的に返送、
または在庫の所有権を放棄するよう設定できます。

これをすることによって
年2回ある長期在庫保管手数料に

該当する商品のチェックをしなくて
済むようになるので設定しておきましょう。

設定メニューで、FBAの設定をクリック。

フルフィルメント by Amazonの設定ページで、
長期保管在庫の自動返送/所有権の放棄の設定の
編集をクリック。

 

 

長期保管在庫の自動返送/所有権の放棄の設定ページで、
4つのいづれかを選択できます。

長期保管在庫の自動返送/所有権の放棄:

・無効
・ 長期在庫保管手数料の対象となる在庫をすべて廃棄。
・ 長期在庫保管手数料の対象となる在庫をすべて返送。
・ 返送、または廃棄する在庫のしきい値となる価格を設定。

ここでは

・ 長期在庫保管手数料の対象となる在庫をすべて返送。

にチェックを入れておきましょう。

 

*長期在庫の自動返送/所有権の放棄を有効化した場合、
返送/所有権の放棄依頼は
在庫一掃実施日の1~2週間後に作成されます。

 

 

販売不可在庫の自動返送/所有権の放棄

フルフィルメントセンターの在庫を
自動的に返送/廃棄するよう設定できます。

Amazonセラーセントラルログインしてから
右に設定のFBAの設定を押します。

 

販売不可在庫の返送/所有権の放棄の編集を押します。

 

下記の画面で設定ができます。

有効にすると表示が変わります。

所有権の放棄、または返送をするかを選択しましょう。
返送:販売不可の在庫を返送。
所有権の放棄:販売不可の在庫を廃棄。

希望するスケジュールを選択してください。
月に2回(5日と20日)、月に1回(1日)

Eメールアドレステキストボックスに、
希望するEメールアドレスを入力してください。

 

返送を選択した場合は、
返送先の住所と電話番号を入力し
更新をクリックしたら完了です。

 

*販売不可在庫の注意
販売不可の在庫を30日間何も処理をしなかった場合
(返送/所有権の放棄依頼がない場合)は
自動的に廃棄されますので返送したい場合は
必ず処理をするようにしましょう。

 

FBA在庫の返送/所有権の放棄の手数料

◯返送/所有権の放棄に関する手数料

・返送
標準サイズ(商品あたり)51円
大型サイズ(商品あたり)103円

・廃棄
標準サイズ(商品あたり)10円
大型サイズ(商品あたり)21円

 

◯返送/所有権の放棄依頼に関するトランザクション

在庫商品が発送または廃棄された後に
課金が行われます。

返送のトランザクションはペイメントレポートに
表示されます。

確認方法
セラーセントラルのレポートのペイメントを押します。

 

ペイメントのトランザクションを押します。

 

ペイメントレポートのトランザクションタブで、
ドロップダウンメニューからサービス料金を選択し、

 

 

対象期間のドロップダウンメニューから日付範囲を選択。

更新をクリックします。
月末を超えた後の最初の期間だと
月間の保管料も合わせて知ることができます。

月額登録料は、大口出品者で毎月かかってくる費用です。

 

◯返送にかかる日数

通常日数は10~14営業日になるようです。
(繁忙期でなければもっと早いです。)
クリスマス、年末年始、その他2月、3月、8月、9月は
依頼が集中するので通常、
それ以上の日数がかかることがあるようです。

 

 

〆まとめ

在庫は寝かせなど理由がない商品ついては
基本1ヶ月で売り切り、
どんなに長くても3ヶ月で捌くようにしましょう。

ロングスパンで持つ在庫に関しては、
寝かしたら利益が上がる在庫やあまり売れないけど
利益が大きい商品が該当しますが、

商品の大きさ、つまり月間保管料が
いくらかかるのかは
必ず考慮するようにしましょう。

 

FBAで寝かすと在庫保管料がサイズによっては
大きくかかることがあります。

寝かして利益を増やしても在庫保管料で
利益を削られているなど普通にありえることなので
その点を考えて

寝かす、寝かさない、FBA在庫を寝かせる、
自宅や事務所、倉庫などで寝かすなどを考えてください。

長い期間にわたって販売になりそうな商品は
原則、月間保管料がほとんどかからない商品にしましょう。

 

事務所や倉庫、あるいは自宅におけるスペースがある、
また資本に余剰がある場合は、

在庫を長く持つ選択肢は戦略上ありですが、
それ以外についてはよろしくないので
在庫はとにかく回転させるようにしましょう。