私は、めんどくさいことが嫌いです。

効率の悪いことも嫌いです。

 

また生産的でないことは
したくないと
常々思っています。

 

サラリーマンを辞めて独立し
稼げるようになってからは

 

自分のリズムで仕事をしています。

仕事に関しては
極力しないで生活できるようにしています。

なので毎日が快適ですし幸せです。

 

社長であっても、

従業員に媚びたり、
お客さんに媚びたり
取引先に媚びたりなどが大抵ありますが、

私の場合は

ビジネスもそうだし、付き合いたい人もそうだし、
クライアントもそうだし、

そういうことはしないでおれる
人を
自ら選んでいます。

なので、ストレスフリーなのです。

 

仕事内容や作業に関しても同様で
とにかく、快適でいれるようにしています。

 

めんどくさい、疲れる
あるいは作業効率が悪いことは

その問題となる根を探して排除していきます。

 

前置きが長くなりましたが、

マウスに関しても
快適さと効率さの両面を
追求をしていまして

本体の持ちやすさ(疲れにくい)に
重さや軽さといった操作性に
マウス自体の機能など

すべてパファーマンスの高いものを
求めています。

その他にもマウスと相性が良い
マウスパッド、

さらにマウスパッドに合う
手首パッドなどもそうです。

自分に合うマウスとマウスに関連する付属品を
探し求め、いろんな種類を試しました。

また新しい商品が出たらすぐに買い
良いものを探し続けていました。

それがここにきて、やっと
革新的なものと出会い
納得できるところにきました。

 

それまで、さんざんに
いろんな商品を試しては

マウスを加工したりだとかしてきました。

 

そこから、マウス毎の操作性の違いを
知ることができ、

良いマウスとは
何かを知ることができました。

しかしながら、
マウスを常にその快適な状態でいさせるには
(マウスが希望通りに滑るのには)

維持(メンテンス)が必要でした。

その維持をするのが

手間で嫌で
めんどくさくなってきて

とうとう、怒りを覚え
どうにかできないと思って

調べて、、

 

試してみたら、、、

 

ビックリ!!

すんなり改善されることになりました。

グーグル先生は天才です。

 

では、最強マウスとそのマウスの
パフォーマンスをMAXに上げる方法を
これからお伝えしたいと思います。

 

まずマウスですが、
現時点で一番良いマウスは

ロジクールG602です。

 

 

ボタンが11個あります。

 


このマウスはボタンが複数あるにも関わらず
大きいマウスでないため

女性でも複数あるボタンを
問題なく押すことができます。

 

マウスの滑りを上げるには

マウスの裏に
パワーサポート マウスソール
丸形0.95mm厚 16個入り
AS-49と

パワーサポート マウスソール
楕円形0.65mm厚 12個入り AS-36

2つを使用します。

 

マウス裏面に当たるプラスチック部分を
外してパワーサポートを
直接に貼り付けても良いです。

このパワーサポート マウスソールですが、
貼り付けてもらったらわかりますが、

マウス操作が速攻で劇的に早くなります。

ただし、1ヶ月くらい経つと
滑りが悪くなりソールがへたってきます。

 

その度にマウスソールを新しいものに変えるか、

アルコールウェットティッシュを使って
マウス裏とパッドを拭いて

 

ホコリを取り、

滑りを回復(一時的に)させる必要がありました。

 

それが面倒で手間で、、、

 

突き詰めての結果が、
その道具とパファーマンスの
状態であったので

滑りが悪くなれば仕方なく…
イライラしながらメンテナンスを続けていたのですが…
(1年4ヶ月)

(その作業をやらないと
余計にパファーマンスが悪くなるので

放って置くともっとイライラするから

やらざるを得ないという
悪の連鎖になっていました。)

 

そのイライラがもう限界に達して
解決できる手段はないかと探して

見つけ出したのが、
以下から紹介する商品と方法になります。

ちなみにマウスとの相性の良いパッドはこれです。
エレコムのMP-096BK。
似たようなのがあるので気をつけてください。
(間違えて購入して失敗したことがあります。)

これが最強です。

 

キーボードとマウスパッドの下に
リストパッドを敷くと手首や腕が超楽になります。

キーボードはG105のロジクールです。

リストパッドは
エレコムのリストレストのゲル素材を
購入してください。

ゲル素材が自分の手首や手に
フィットしてくれます。

熱もこもりにくいので良いです。

 

では、いよいよですね

マウスを常にパファーマンスMAXで
いさせてくれるグッズを紹介します。

それは、、
この商品になります!

 

 

 

 

自転車のギアに差したことがある
556のような潤滑油です。

556とこの商品の違いはわかりませんが
たぶん、一緒っぽいですね。

(ちなみに、このシリコンスプレーですが、
説明書きにマウスに利用して良いと
書かれていました。)

 

マウスに潤滑油?と思いますが、
恐る恐るマウスの裏面の
パワーサポート マウスソールへ吹きかけ


マウスソールに潤滑油を綿棒でこすりつけ
浸透させ
乾かして利用したら、、、

見違えるほどの最高の滑りを
取り戻してくれました。

持続力もあるし、スプレーも撒くだけなので
メンテナンスが楽です。

かなり満足しています。

 

マウスの滑りは
電脳やパソコンでの作業効率に関わってくるので
マウスの動作に気になる方は試してください。

 

そもそもですが、
今回紹介した機能マウス、いわゆる

ゲーミングマウスやゲーミングキーボードを
利用していない方は

今すぐに変えた方がいいです。

作業が圧倒的に早く楽になります。

 

ゲーミングマウスやキーボードは
そのボタンに

コピーやペーストや戻るやエンターキーなど
コマンドを記録させることができます。

 

ボタンを押せば指示を与えた通りに
機能してくれるので

かなり便利です。

使用したことがない人は
今すぐ試して体感してみてください。

 

〆終わりに

ある程度、試行錯誤をして
満足がそこそこいったら

人は止まるなと

マウスのこの一件を通じて考えさせられました。

 

慣れと諦めは危ないですね。
恐怖を感じました。

 

今回のマウスのバージョンアップは
調べたらすぐ改善できたはずなのに

自分はもうやることをすべてやった
これ以上は、、というのがあったんだと思います。
(実際にやってきたからこそ思いが強かった)

だから不満を感じながらも1年以上
誤魔化しやってきたのだと思います。

 

改善し続けることが無駄。
新しいことを試して失敗に終わるのが嫌。
新しいことをやるのがもうめんどくさい。

上手く行かなかった時に
またかと言う思いが

これだけやったのに…という思いが
邪魔をしていたいんだと思います。

これはあらゆるところで
あるんじゃないかと思いました。

慣れは思考を当たり前にさせ、
諦めは妥協を生み続ける。

 

今回、それまでの思考の習慣を破り
マウスのバージョンアップをすることに至った
行動のきっかけは、

マウス!また滑りが悪くなってる…

いい加減にしろ!!

何百回、アルコール拭かせたら気が済む!!

 

…このめんどくさいメンテンスを
 もう止めたい!!!
という

ストレス感情が、溜まりに溜まって
新しい行動に移させてくれました。

膠着(こうちゃく)した状態から
新しい動きに移るのには

 

やっぱり、感情だなーと感じました。

 

そのことを思うと同時に昔、
会社を突然に辞めた時のことを思い出しました。

会社を辞めるきっかけとなった当日、
それまで抑えていた強い感情を感じ

それを理性で抑え込まない選択をした結果

会社を辞め、独立してやっていくことを
初めて選択できました。

そうして今があります。

新しい変化は
今までの感情を許さないところから
始まると思います。

 

あなたに質問です。
あなたはどうありたいですか?

 

 

ありたい毎日を送れていますか?

 

人として、大人としての
理性は大事ですが、

あなたの人生は一度切りですから
あなたの欲求に素直に生きることを

少しばかりは
されたらいいんじゃないかなと思います。

 

家族や周りの人のことを考えるのは
もちろん大事ですが、

あなたの人生はあなただけのものです。

なのであなたには選択する権利があります。

 

 

鬱陶しい上司の顔は
生きていく中で

見る必要性は1ミリもないですし

うるさい先輩に、めんどうな後輩、
顔色をうかがって話をしないといけない
取引先にお客

自分にとってしょうもない煩わしい人間は

ビジネスを始めれば、

一切関わらないで
十分に生きていくことができます。

 

せどりで稼いで新しい日常を
手に入れるための行動を
私としていきませんか?

 

それをするには、
今の自分のほんとうに感情に気付き、

それを理性で制御せずに
感情を解き放つことです。

 

不満に思いながらマウスを
そのまま使い続けていたこと、

その根にある、諦めや
もうこれ以上は…という思考は

頭でそう思っていただけで

蓋を開けると、
実際はそうではなかったです。

 

つまり、すぐに解決できた問題なのに、

私の思考が邪魔をしていたために
解決をしてこなかった
事態がよくならなかっただけです。

 

そして、それを引き起こしていたのは
自分でした。

 

気づかぬうちに人は
自分で自分を悪く
制御しているのです。

マウスの件で思いましたが、
私自身もまだそうでした。

 

自分の感情に気付き、
それに対して素直にアクションできるか

これができるかで
人生はまったく別物に変わっていきます。

人生を変える扉は常に開いているのです。

 

全ては自分次第で
選ぶだけで結果が変わっていきます。

 

もう一度聞きます。
あなたはどうありたいですか?