せどりで仕入れた商品の販路は、
多ければ多いほど

売れる確率が上がります。

 

だから、Amazonだけでなく、
ほかのサイトでも

商品を販売したいと思ったことは
ありませんか?

 

と言っても…

アマゾン以外で出品すると
FBAが利用できなくなるので
利用を迷っている方も多いでしょう。

 

そんな悩みを解決するのが
AmazonのFBAマルチチャネル。

 

このサービスはAmazon以外の販売先で
売れた商品もFBAから発送してくれる
便利なサービスです。

FBAマルチチャネルを利用することにより
Amazon以外で商品が売れても
FBA倉庫を利用することができます。

本記事ではそんな便利な
FBAマルチチャネルに
ついて解説します。

 

FBAマルチチャネルサービスとは

FBAマルチチャネルはアマゾン以外の
販売先に対してもFBAを
利用することができるサービスです。

ヤフーショッピングや楽天、
ヤフオクやメルカリに自社サイトなど

こういった他サイトで売れた商品も
FBA倉庫から
商品を配送してくれます。

 

なのでAmazon以外の
ほかのサイト用の商品であっても
自宅のスペースを圧迫することがありません。

またAmazonと他のサイトを並行して
複数の販路で同時販売することができるので
販売チャンスも増えます。

 

販売チャンスが増えればその分
早く商品を売リ切ることもできます。

FBAマルチチャンネルは
ヤフオクやメルカリで禁止されている
無在庫転売と勘違いされやすいですが、

無在庫転売には当たりません。

 

保管スペースが自宅からFBAの倉庫に
変わっただけで、自分の所有であることには
変わらないからです。

 

FBAマルチチャネルサービスを利用するメリット

FBAマルチチャネルのメリットは様々です。

・スペースの解消
・在庫管理を丸投げできる
・発送作業時間の短縮
・発送の手間がかからない
・Amazonクオリティの梱包
・Amazonクオリティの配送
・梱包代などがかからない
・FBA倉庫によっては無地の段ボールを選べる

一つずつ解説していきます。

 

スペースの解消

一番大きなメリットは
このスペース問題です。

 

AmazonのFBAは自宅あるいは事務所に
在庫を置かずに
販売することができます。

そのため、どれだけ大規模で
せどりをやっても自宅や事務所のスペースを
圧迫しないというメリットがあります。

 

これがあるからFBAを利用している、
なんて人も多いですよね。

通常であれば、
ほかのサイトで販売する商品は
手元に置かないといけません。

 

しかしFBAマルチチャネルを使えば
ほかのサイトで売るものでもすべて
FBAに送ることができます。

どこのサイトで売る商品も
すべてFBAに送ってしまえるので、
在庫管理や保管に伴うスペースを圧迫しません。

 

在庫管理を丸投げできる

自宅(あるいは、事務所)に
在庫を置かなくて良いので、
在庫管理の手間がかかりません。

FBAにすべて送ってしまいますので
細かく在庫チェックする必要もなく、
保管状態にも気を使いません。

パソコン一つで
すべての在庫管理ができるため
棚卸なども簡単です。

 

発送作業時間の短縮

通常であればヤフオクやメルカリで
売れたものは自宅で梱包して
お客様へ発送します。

しかしこの手間が非常に面倒。

1つ2つならともかく、
100、200もの商品を
自宅で梱包するのは大変です。

 

FBAマルチチャネルなら
通常のFBA同じようにアマゾンで
梱包、出荷してくれます。

そのため発送作業に時間を
取られることもありません。

FBAに送るときだけ
梱包すればいいのです。

あとはいくつ商品が売れても
すべてお任せです。

発送の手間がかからない

ほかのサイトで売れた場合、
梱包に発送準備なども行う必要があり
時間に労力がかかります。

しかも複数の商品を大量に発送しようとなると
誤出荷してしまうこともありえます。

FBAに丸投げできる
FBAマルチチャネルなら
その心配はありません。

 

Amazonクオリティの梱包

自分で梱包するとなると
ダンボールの確保が必要になり
緩衝材なども用意しないといけません。

梱包に関しては
サイズに合わせてダンボールを用意したり
無地のものであったり

ある程度クオリティを保とうとすると
資材などの経費がかさみます。

しかしFBAマルチチャネルなら
Amazonクオリティで
梱包されます。

梱包の問題で
お客様からクレームが入る
リスクを抑えることができます。

Amazonスピード配送

たくさんの注文が来た場合、
梱包に時間をとられ

配送業者に集荷してもらったり
あるいは持ち込んだりと時間がかかります。

FBAマルチチャネルなら
FBAが配送も代行してくれますので、
365日24時間対応です。

Amazonおなじみの
お急ぎ便や
日時指定に追跡番号まで完備。

売れた数を確認して、
配送業者に持ち込んで一つ一つ送る
という作業をしなくてよいのです。

ただ、ここで心配になるのが
「段ボール」ですね。

Amazonのロゴが入った
段ボールで配送されると
困ってしまいます。

「無在庫転売して
Amazonで購入したのを送ってきた」

と購入者から思われると
評価に響いたり、
心証を悪くする可能性もあります。

FBAマルチチャネルでは
Amazonのロゴを消した
「無地段ボール」にも対応しています。

梱包代などがかからない

FBAマルチチャネルは
通常のFBA利用と
手順はほぼ一緒です。

そのため、最初のFBAに送るときだけ
梱包材を使いますが、そのあとは
梱包材代は一切かかりません。

たくさんの商品を出品していると
この梱包代も馬鹿にならないので、
これを節約できるのもメリットです。

このようにメリットを
挙げたらきりがありません。

販路は多ければ多いほど
売れるチャンスも増えます。

販路を拡大したい方は
FBマルチチャネルを利用しない
という選択肢はありません。

FBAマルチチャネルサービスを利用するデメリット

そんな便利な
FBAマルチチャネルですが、
デメリットもあります。

ここではFBAマルチチャネルの
デメリットをご紹介します。

・通常のFBA利用料より少し手数料が高い
・FBA保管手数料がかかる
・サイトやアプリによっては規約違反になる可能性がある
・送り元がAmazon
・伝票がアマゾン製

こちらも項目が多いので順番に見ていきましょう。

 

通常のFBA利用料より手数料が高い

詳しい料金は後述しますが、
FBAマルチチャネルを利用した場合、
通常のFBAよりも料金は高くなります。

保管手数料はFBAと変わりませんが、
出荷作業手数料、発送手数料共に
通常のFBAよりも若干割高です。

 

FBA保管手数料がかかる

FBAマルチチャネルは
FBA同様保管手数料がかかります。

あまり回転率の高くない
大きめの商品は自宅保管したほうが
いい場合もあります。

 

規約違反になる可能性がある

FBAマルチチャネルは
在庫をアマゾンの倉庫に置いてある、
というだけです。

そのため、【無在庫転売】ではありません。

しかし販売先の規約によっては
違反扱いになってしまう
場合があります。

一例でいうとメルカリでは
「手元にない商品の販売を禁止」
しています。

FBAマルチチャネルは
自分所有の在庫であっても、
手元にないので規約に抵触します。

回避策としては商品説明やプロフィールに
FBA倉庫利用を匂わせるような
キーワードを書かないことです。

購入された時点でお客様に
FBA倉庫を利用していることを
説明する方がいいでしょう。

送り元がAmazon

FBAの倉庫から発送されるので、
送り元が「アマゾンジャパン」になります。

 

ほかのサイトで購入されたお客様には
アマゾンの倉庫からの発送になることを

場合によっては
転記しておいた方がいいでしょう。
でないと身に覚えのない怪しい荷物と
判断されてお客様に受け取り拒否
されてしまう可能性があります。

 

★補足
納品書ですが、
Amazonとは書いていないですが、

このように
Amazonデザインの納品書です。

 

FBAマルチチャネルサービスの使い方

では実際にFBAマルチチャネルの
利用方法を解説します。

手順は以下の通りです。

・Amazonに出品登録する
・商品をFBA納品手続きする
・商品が売れるまで待つ
・FBAマルチチャネルを設定

たったの4ステップで送れます。
内容も難しくありません。
詳しく解説していきます。

 

Amazonに出品登録する

マルチチャンネルは
FBAの倉庫に送るので

Amazonで出品登録を行い
FBA納品手続きを行います。

注意点としては
FBAは小口出品でも利用が可能ですが、

マルチチャネルを利用するには
大口登録が必要です。

 

商品をFBA納品手続きする

FBAマルチチャネルで
販売したい商品をFBAに送りましょう。

通常のFBAと
同じ送り方でかまいません。

ただし、1点だけ非常に重要な
注意点があります。

他のサイトで売れた場合、
Amazonの箱で
配送されては困りますよね。

 

お客さんによっては
Amazonで買っていないのに
Amazonの箱で届いたら不審に思うからです。

その対策としてAmazonでは
無地の段ボールで
配送してもらうことが可能です。

ただし、「無地の段ボール箱出荷」に
対応したFBA倉庫に
商品を送らないといけません。

現在この無地段ボールに
対応している倉庫は以下の9つです。

・小田原FC(神奈川 FSZ1)
・多治見FC(愛知 NGO2)
・川島FC(埼玉 HND3)
・大東FC(大阪 KIX2)
・川越FC(埼玉 NRT5)
・市川FC(千葉 NRT1)
・堺FC(大阪 KIX1)
・八千代FC(千葉 NRT2)
・鳥栖FC(佐賀 HSG1)

これ以外に送ると無地ダンボールで
配送することができません。

 

商品が売れるまで待つ

FBAに商品を送ったら
売れるまで待ちます。

Amazonサイト以外の販路で売れた場合は
FBAマルチチャネルの設定から

お客様の送り先を入力して
Amazonに配送をしてもらいます。

では続けて、
マルチチャンネルの設定を説明します。

FBAマルチチャネルを設定

Amazonサイト以外で商品が売れたら
まずはセラーセントラルにログインします。

在庫管理画面で送りたい商品に
チェックを入れて
「選択中の商品を一括変更」をクリック。

 

 

「FBAマルチチャネルサービス依頼内容を新規作成」
をクリック。

するとその商品の送り先を
入力する画面になりますので、
必要項目を入力していきます。

 

最後に代金引換、お急ぎ便、お届け日時などがあれば
設定して内容を確定ボタンを押せば終わりです。

 

★補足
Amazonとは別の店名を
納品書に記載することができます。
やり方を解説します。

Amazonセラーセントルにログインします。
設定からFBAの設定を押します。

 

マルチチャネルサービスの設定

 

上の出品者名は
納品書に店名を入力することができます。

下のテキストは
納品書の文章に
メッセージを入力することができます。

設定した内容は
以下のように記載されます。

 

 

これで終了です。

★参考動画
・マルチチャンネル動画

 

FBAマルチチャネルサービスの利用料金

FBAマルチチャネルの
手数料について詳しく解説します。

FBAマルチチャネルの
利用にかかる手数料は
以下の3つです。

 

1.Amazon大口出品アカウント料
2.在庫保管手数料
3.配送代行手数料(出荷作業手数料+発送手数料)
(*マルチチャネルを利用の場合は別途料金)

 

1.Amazon大口出品アカウント料

まず、FBAマルチチャネルの
利用には大口登録が必須です。

大口登録には
月額4900円かかります。

これは固定費として
毎月かかってきます。

 

2. 在庫保管手数料

次にFBA倉庫に送った
商品の保管手数料です。

これは通常のFBAと変わりません。

10cm×10cm×10cmの商品を
1カ月置くと約8円ほどかかります。

 

大きければ大きいほど
この手数料が多くなります。

そのため必ずしもすべての商品を
FBA倉庫に送ったほうが
いいとも限りません。

商品のサイズや回転率と
相談しましょう。

 

3. 配送代行手数料(出荷作業手数料+発送手数料)

通常のFBAとの一番の違いはここです。

 

 

*1 上記の金額は消費税を含みます。一件の出荷指示が複数の出荷に分割されることがあります。
その場合は、それぞれの出荷に対し発送重量手数料がかかります。
*2 料金表内に記載されいている重量は出荷商品の重量と梱包資材の重量の合計となります。
梱包資材の重量は小型サイズの場合は50g、標準の場合は150gとなります。
小型サイズにおいて、出荷重量が250gを超える場合、
標準サイズの料金が適用されます。
標準サイズにおいて、2kgを超える端数は繰上げとなります (例: 出荷に含まれる商品の重量と梱包資材の重量 (150g) の合計が2.1kgの場合は、3kgとして計算) 。
梱包資材の重量は、小型・標準に該当する商品
を発送する際に使用される多様な梱包資材から、
使用頻度なども加味して定めております。
*3 高額商品: ¥45,000、またはそれ以上の小型、
標準商品に適用されます。
*4 「メディア標準商品」および「メディア以外標準商品」は梱包資材を含む重量が2kgを上回る場合、1kgごとに発送手数料が追加されます。また2kgを超える端数は繰り上げとなります。
*5 一回の発送に複数の商品種類 (メディア、メディア以外、大型) が混在する場合、もっとも高い発送手数料が適用されます。
*6 一件の出荷指示が複数の出荷に分割されることが
あります。その場合は、それぞれの出荷に対し発送重量手数料がかかります。
*7 FBAマルチチャネルサービスの場合は梱包資材の
重量を出荷商品の総重量の10%とします。
小型サイズにおいて、出荷重量が250gを超える場合、標準サイズの料金が適用されます。
*8 FBAマルチチャネルサービスの配送代行手数料は、商品サイズに基づいて計算されます。

注意:ファッションカテゴリー商材(服・ファッション小物、シューズ、バッグ類)を購入者が「30日間返品送料無料」を利用して返品される場合に発生する、
「購入者返品作業手数料」および「購入者返品配送手数料」についても、FBA配送
代行手数料と同様に新料金が適用されます。
「購入者返品作業手数料」についてはFBA出荷作業手数料の新料金に、「購入者返品配送手数料」についてはFBA配送重量手数料の新料金に準じます。

FBAマルチチャネルの料金は
通常のFBAと違い、
「マルチチャネル料金」が適用されます。

出荷作業手数料はFBAよりやや高めになります。

メディア以外商品になると
かなり高めになります。

とはいえ、スペースの問題や
売れる確率が上がるというメリットを
考えたらけっして高くはないでしょう。

 

*FBAマルチチャネルサービス代金引換手数料
注文を代金引換の支払いを指定して
依頼することができます。

その場合の代金引換の手数料は、
注文1件につき324円です。

★参考資料
FBA配送代行手数料

 

Amazon以外の販路先

◯ヤフーショッピング

初期費用 無料
月額システム利用料 無料
売上ロイヤルティ 無料
Tポイント原資負担 2.5~16.5%
(2.5%は必須 : 1%はストアポイント、
1.5%はボーナスポイント充当分※)

 

◯ラクマ

販売手数料無料
(その他かかる経費は無)

◯メルカリ

販売手数料10%
(その他かかる経費は無)

 

 

フリマアプリへの
マルチチャネルでの販売は

無地のダンボールで
必ず納品することと

マルチチャネルは無在庫ではないのですが、
フリマアプリの規約で手元に商品がないと
いけないというのがあるので

それに触れる部分があるので
商品説明は気をつけて記載しましょう。

 

ヤフーショッピングについては
Amazonと並行して販売することは
オススメです。

ポイントの原資については、
2.5%は必須ですが、

それ以上は自店で設定できるので
コントロールできるので安心してください。

〆まとめ

いかがだったでしょうか。

FBAマルチチャネルはアマゾン以外で
売れた商品もAmazonのFBAから
商品を配送してくれる代行サービスです。

利用にはFBAより
若干高い手数料がかかります。

 

しかしそれによって販路が拡大でき、
Amazonのみに頼っていた時の
何倍もの売り上げアップが見込めます。

商品が自宅のスペースを圧迫したり、
梱包や配送作業に追われたりといった
無駄もなくなります。

 

売上を伸ばしたい方。

たくさんの販路を持っている方。

そんな方はFBAマルチチャネルを
利用してみてはいかがでしょうか。